タイトル画像

2008年9月まとめ

2008.09.30(19:30) 594

 今月はよく走った。まだ紀行記が終わっていないが、GTでの走行がほとんどである。

 それに加えて月末のSLKのオフ会(後日アップしますが)での走行で今月の走行のほとんどを占めた。

 この乗り方だとすぐ壊れるよ?と言われたが、まあ走ってナンボだからね。この前一緒だった170の人は10万km越えもあるから、まだまだ。


⇒2008年9月まとめの続きを読む
スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

能登・東北の旅(幕間1)~金沢の宿

2008.09.29(18:25) 589

 金沢には3日間滞在する。車であることと、仕事の場所に若干近いこともあり、犀川河畔のこの宿にする。市街地からはちょっと外れており、自然環境はよい。だが、立地条件からして、普通のお客はここを選ばないだろう。観光都市だけあって、小綺麗な宿が駅周辺にたくさんあるからだ。

 この宿はさらら館といい、外観は喫茶店そのもので、ホテルと思うと肩すかしを食う。 


⇒能登・東北の旅(幕間1)~金沢の宿の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

能登・東北の旅6~なぎさドライブウェイ

2008.09.28(18:46) 588

 R249が再び海岸線に出て、暫く走ると道の駅赤神がある。その手前にあるカフェが目に付いたので、コーヒーブレイクしたばかりなのだが(タイミング悪い)、立ち寄ることにした。海辺に建っており、ロケーションは抜群である。天気の悪い日はダメだろうが、今日のような爽やかな日は最高である。窓から入ってくる海風が優しく、何時までもいたい気分になる。


⇒能登・東北の旅6~なぎさドライブウェイの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

能登・東北の旅5~能登半島西部

2008.09.27(18:22) 587

 灯台を後にして、いよいよ外海に面した能登半島西側のドライブである。これまでは富山湾に面しているせいもあるのか、総じて穏やかという印象だった。道路と海が近いのもその証拠であろう。それが、外海に面すると、様相が変わる。断崖絶壁は現れるし、道も変化に富んでいる。

 K28~R249~K38と走ったのだが、メディチさんの表現を借りると、コルシカ島のイメージか。ツール・ド・コルスとまでは言わないが(笑。


⇒能登・東北の旅5~能登半島西部の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

能登・東北の旅4~禄剛埼灯台

2008.09.26(18:18) 586

 

 2日目。朝日がまぶしく目覚める。良い天気である。

 田崎荘は、前評判通りの宿であった(分類では旅館だが、民宿と思った方が間違いない。でも、布団は敷いてくれた。)。太刀魚をメインに据えたメニューは、やはり地魚を重要視した結果であろう。豪華さよりもこういう場所では地物がいい。満足のいく食事だった。

 部屋自体はかなり古く、お世辞にも立派とは言えなかったが、水回りやTVなど、できるところは新しくしてあった。男の一人旅ということもあり、古さは全く気にならなかった。


⇒能登・東北の旅4~禄剛埼灯台の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

能登・東北の旅3~見附島

2008.09.25(18:46) 585

 氷見で、満足行く昼食を摂った後は、珠洲まで海岸線を走る。海なし県民としては、今回の旅行で海岸線を満喫するというもの一つのテーマである。R160で七尾へ向かい、そこからちょこっとだけ能登島へ渡る。単に海にかかる2つの橋を走りたかっただけである。R249で海岸線を走り、穴水の先からはK34で、さらに海岸線を走る。


⇒能登・東北の旅3~見附島の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

能登・東北の旅2~氷見漁港

2008.09.24(18:12) 584

 林道を走った後は、完全に移動モードとなり、K43~K68~広域農道~K220を経由して、R359へ。ちょっとだけR359を走り、K377へ右折。その後もあまり面白くもないR472~R8~R160で氷見へと向かう。ここは言わずと知れたブリの町だ。まだシーズンにはちょっと早い。


⇒能登・東北の旅2~氷見漁港の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

能登・東北の旅1~有峰林道

2008.09.23(09:43) 583

 何とか無事にGTから戻れました。かなり長期にわたって紀行文をアップする予定でいますので、飽きたら読み飛ばしてください(笑。

 9月15日、連休の最終日の早朝(夜中か)3:30に出発。高速道路の深夜割引を利用し、松本まで一気に移動する。例によって、松本市内のファミレスで朝食休憩。連休最終日とは言え、超大型観光地の上高地を控えているだけに混雑が予想される。早々に出発することにした。

 安房峠は昔苦労して走った(大型車がすれ違い困難で、足止めを食らう)が、今はトンネルで一瞬のうちに平湯まで行くことができる。ここの料金所は外見と違ってETCが使えなかった。750円を慌てて現金で支払う。


⇒能登・東北の旅1~有峰林道の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ティアナ試乗~その5

2008.09.16(19:02) 580

 

 試乗記が中途半端になるので、予約機能により完結編を。

 インパネは流行の自発光式である。綺麗だが、精緻さに欠ける。燃料計と水温計の間にはシフトポジションとオド、トリップメーターがあるが、これは何の工夫もないデジタル数字である。折角スピードメーター下のディスプレイは綺麗なのに、こういうところで手を抜いて欲しくない。


⇒ティアナ試乗~その5の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ティアナ試乗~その4

2008.09.15(19:36) 579

 キーはもうすっかりお馴染みのスマートキーで、身につけていればOK。よく見ると、スマートキーを差し込むスペースがあるのだが、これは電池切れに対応しているという。その辺の心配りは、さすがに国産車らしい。

 ドライビングポジションを合わせようとすると、シートは電動だがステアリングは、むむっ、これは手動か。それも上下のみで、前後の調整は不可。このペダルも大衆車っぽい。

 こういう目立たない部分で「お里が知れ」てしまう。ボディの大きな大衆車と思えば良いのか


⇒ティアナ試乗~その4の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GTへ出発

2008.09.14(15:30) 582

 
 
 このコースでGTに出かけます。前半は仕事、後半は純粋にツーリングですね。PCのない環境になりますので、しばしお別れです。戻ってきたら、例によってだらだらとアップしますので、よろしければまたご覧下さい。


TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ティアナ試乗~その3

2008.09.13(19:17) 578

 さて、「おもてなし」の室内だが、これは一連の日産上級クラス、つまり外観と同様に、スカイラインフーガとさして変わらない。もちろん、配置やデザインは異なる。日産だなぁというのが、よくわかるという意味だ。まあ、それはそれで構わないだろう。

 ウッドパネルはフェイクウッドだが、それなりに良くできている。センターコンソール部はプラスチックというのが、ちょっとだけバレやすい。


⇒ティアナ試乗~その3の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ティアナ試乗~その2

2008.09.12(18:49) 577

 広いトランクが売りのようであるが、リアの写真(前回の)からわかるように開口部が若干狭いので、実際の使い勝手はどうだろうか。

 それよりも、トランクにはきちんとダンパーが使われており、内側に出っ張るヒンジがないのがいい。一昔前まではこれは輸入車の特権?であったのだが、最近は逆転現象のようだ。日産、なかなかやるな!


⇒ティアナ試乗~その2の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

無事1年経過

2008.09.11(00:14) 581

 気が付いたら、9月10日を過ぎていた。つまり、例の封印事件から1年間無事に過ごすことができたわけだ。気を抜くわけにはいかないのだが、これで精神的にかなり楽になった。週末からは"GT"を控えているだけに、よけいありがたい。

 次は目指せゴールドである。ブログ仲間の某氏(複数)が持っているのだから、私にできないはずはないのだが・・・。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ティアナ試乗~その1

2008.09.10(18:34) 576

 家にあるとはいえ、基本的に私はミニバンが嫌いである。その便利さは認めるが、どうしても好きにはなれない(乗っている人を非難する意図は全くないので、念のため)。

 だからセダン復権を望むというこじつけで、ティアナを見に行ってみた。日産の言う「おもてなし」がどんなもんだか感じたかったのが、正直なところだ。


⇒ティアナ試乗~その1の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

余裕と無駄

2008.09.08(18:15) 575

 昨日の朝日新聞の記事である。漫画が「文化」の域まで来たかどうかは議論のあるところだが、日本人の生活の中に深く入り込んでいることは間違いない。

 ところが、その屋台骨の出版業界は相当な苦境らしい。そうなると、アンダーラインのような現象が起こるのは、ある意味自然な流れである。


⇒余裕と無駄の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

4Matic試乗会

2008.09.07(18:11) 574

 メルセデスマガジンが先日送られてきた。これもメルケアと同時に打ちきりとなるため、おそらくあと4回くらいか。もっとも、ちゃんと「購入」すれば続くが、そこまではねぇ。面白いことは面白いんだけど。


⇒4Matic試乗会の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

たくみの里

2008.09.06(18:31) 573

 久々にたくみの里を訪れた。群馬県の奧に十数軒、いろいろな工芸などをやるお店が軒を連ねている。できた当時はかなりの評判だったが、それからもう15年以上経つ。夏も終わった平日だけあって閑散としていた。


⇒たくみの里の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

アンテナ交換

2008.09.05(18:47) 572

 先だって紹介したマイナー後のSLK純正アンテナ。実は発注済みで、先週末入手した。担当セールスに電話して注文したのだが、「ていしあさん、本当に良いんですね?」なんて念を押されてしまった。「万が一、交換不可でも買い取りますよ。」と安心させての発注である。本当にセールスさん知らなかったみたいだ。


⇒アンテナ交換の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

BMW135i試乗~その4

2008.09.03(18:39) 571

 ハンドリングは両車ともワインディング路をドライビングしていないので、これは何とも評価しがたい。が、135iは非常に素直であった。対抗ピストンになったブレーキだが、この真価を発揮できるような運転はちょっとできなかった。飛び込みで試乗を頼んだし、少なくともすぐには買う予定はないから、どうしても遠慮がちなドライビングになってしまう。

 そういえば、つい最近C63AMG(たぶん)で無茶な試乗をして、事故を起こした若者のニュースを思い出した。もちろん、この車の試乗時はそれよりずっと前だが。

 それでも、かなり乱暴にアクセルを全開にしてみたのだが、姿勢は全く乱れない。もちろんFRということも相まって、ステアリングがとられることもない。これはDSCやDTCといった電子制御がさり気なく介入していることもある。が、その介入のプログラミングが絶妙で、ドライバー(少なくとも私)にわからりにくいのだ。たいした技術だと感心せざるを得ない。


⇒BMW135i試乗~その4の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

能登・東北の旅(幕間3)~東北へ移動

2008.09.03(13:02) 591

 

 さて、金沢を後にして一路東北を目指す。メディチさんとの待ち合わせは夜中に仙台駅であるので、時間的余裕はある。本来なら高速道路で一気に仙台まで走り、そこで少し休憩するところだ。実際、体力を考えるとその方が良かったかも知れない。

 が、一般道を選択して、ちんたら走る。富山~新潟のR8は何度も走っているので新鮮さは感じない。そこで、入善の町に入ったところで、思い切り海岸線を走ってみた。ここは管理用道路であり、通行は自由だが、事故等は全て自己責任でという看板があった。穴があいてたり、波にのまれても知らないよということらしい。


⇒能登・東北の旅(幕間3)~東北へ移動の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

BMW135i試乗~その3

2008.09.02(18:32) 570

 久々のマニュアル車(情けない)、しかもウインカーレバーとシフトレバーの両方を左手でやらねばならなず、ちゃんと運転できるのかちょっと不安があった。が、それは杞憂であった。

 クラッチを繋ぐと、呆気ないほどに135iは素直に前に出る。1000回転強から約40kg・mの強力なトルクが発生するので、低速でのギクシャク感は全くない。3速1200回転などという、普通は余りやらないようなギアを選択してみたが、ATのように普通に走れるのには恐れ入った。スポーツ性が非常に強調される車であるが、このフレキシビリティは特筆ものである。AT車も当然ながら用意されているし、(使いたくはないが)買い物車としても十分活躍できる。


⇒BMW135i試乗~その3の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


2008年09月
  1. 2008年9月まとめ(09/30)
  2. 能登・東北の旅(幕間1)~金沢の宿(09/29)
  3. 能登・東北の旅6~なぎさドライブウェイ(09/28)
  4. 能登・東北の旅5~能登半島西部(09/27)
  5. 能登・東北の旅4~禄剛埼灯台(09/26)
  6. 能登・東北の旅3~見附島(09/25)
  7. 能登・東北の旅2~氷見漁港(09/24)
  8. 能登・東北の旅1~有峰林道(09/23)
  9. ティアナ試乗~その5(09/16)
  10. ティアナ試乗~その4(09/15)
  11. GTへ出発(09/14)
  12. ティアナ試乗~その3(09/13)
  13. ティアナ試乗~その2(09/12)
  14. 無事1年経過(09/11)
  15. ティアナ試乗~その1(09/10)
  16. 余裕と無駄(09/08)
  17. 4Matic試乗会(09/07)
  18. たくみの里(09/06)
  19. アンテナ交換(09/05)
  20. BMW135i試乗~その4(09/03)
  21. 能登・東北の旅(幕間3)~東北へ移動(09/03)
  22. BMW135i試乗~その3(09/02)