タイトル画像

2009年11月まとめ

2009.11.30(21:30) 916

 ぎりぎりオープンカーシーズンでツーリングは2回。両方とも信州・松本付近である。距離だけ見ればGTとはいえないが、両方とも充実していた。いよいよ来月は車検となる。そう言えばヤナセが連絡をよこすはずなのだが、まだ来ないな。消耗品はケアで交換になるはずだから、今回は素直にヤナセに依頼するつもり。

 ヤレタ足回りはブッシュ類を含めて交換したいのだが、切れなどがなければ対象にはならないようだ。そのうち適当なパーツを見繕って交換するか。


⇒2009年11月まとめの続きを読む
スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

信州サプライズツアー(5)

2009.11.29(16:07) 913

 それは、前回の猪苗代であえなく断念した「戸川飯店」←なぜか中華風。

 今回はイタリア風にすべく食材を買い込んできてくれた。夏に好評だったISUZUのパン(今回はパン粉付き!)のお土産も下さった。戸川流さんがこのパン屋に行くきっかけは、店名かな?と思ったが、それにしても美味しいパンだ。とにかく食感が良い。

 ありがとうございました。でも、あまり気を遣わないでくださいね。


⇒信州サプライズツアー(5)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

信州サプライズツアー(4)

2009.11.28(20:01) 912

 向かう先は「ヒカリヤ」。隣り合わせで西と東があり、文字通り西がフレンチ、東が和食となっている。ホテルからは歩いて行ける距離なので、帰りの心配をせずにワインを飲める。もっとも、私はほとんど飲めないが。

 建物自体が倉になっているので、東も西も和風の造りである。入るといきなり、泉をイメージしたのだろうか、水が流れており、演出も申し分ない。


⇒信州サプライズツアー(4)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

信州サプライズツアー(3)

2009.11.27(19:52) 911

 次なる目的地は、「観光地」である大王わさび園だ。ここは遙か昔に来た記憶がある程度である。曇って肌寒かったが、観光客はそこそこ出ていた。さすがに連休で閑古鳥じゃ、やっていられないだろう。もっとも、わさび園自体は観光目的ではなく、あくまで山葵の栽培が目的だから、別に良いのかもしれない。


⇒信州サプライズツアー(3)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

信州サプライズツアー(2)

2009.11.26(19:50) 910

 

 今回のテーマはとにかく「食」。移動はあくまで手段となる。道路は渋滞こそしないものの、車は多めである。塩尻市の高出交差点はR20R19そしてR153が交差している。東京を出発したR20の終点でもあり、なかなか感慨深い。おそらく、そう感じたのはメンバーの中で私だけだろう。

 塩尻市街地を抜け、松本市の郊外から安曇野市へ。車も減り、田舎道となる。細い脇道へ左折すると、いきなりレストランが。


⇒信州サプライズツアー(2)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

信州サプライズツアー(1)

2009.11.25(19:34) 909

 今度の3連休、ちょっとGTしませんか?そんな感じでメディチさんからお誘いを頂き、信州の旅へ出かけた。岐阜やら紀伊やら、いろいろ地名は出たのだが、最終的には松本付近になった。

 ただ、今回はわかっているのはそれと洋食三昧ということだけだ。どんなお店がセレクトされているのかは主催者のメディチさんのみぞ知るという、ミステリー仕立ての旅である。


⇒信州サプライズツアー(1)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ナビ画面(訂正)

2009.11.24(20:06) 907

 この前、ナビ画面の明るさ調整ができない、などと書いたがこれは間違い


⇒ナビ画面(訂正)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

晩秋の野麦峠越え(5)

2009.11.21(20:26) 906

 高山の町の散策も終わり、再びSLKへ戻った。雨脚が強かったのは朝だけで、それ以降は小康状態。散策を終えた頃には薄日が差していた。お、これなら屋根でも開けるかなと、ふと周りを見ると、皆さんもうオープン状態。うわ、出遅れたか・・・。

 ここぞとばかりに、屋根を開けて走る6台のSLK。やはりオープン好きが集まっている。実質はほぼこれでツーリングも終わり、あとは帰途へ着くばかりである。帰りはR158を素直に走る。


⇒晩秋の野麦峠越え(5)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

晩秋の野麦峠越え(4)

2009.11.20(20:04) 905

 高山の町は小京都の雰囲気があり、「飛騨の小京都」などと呼ばれているのかもしれない。そのせいか、レトロイメージを全面に押し出しており、ともすればやり過ぎ?の感もあるが、まあ、それも演出と思えばいいのか。

 歩き回るお客が多いせいだろう、喫茶店(Cafeじゃない)がやたらと目に付いた。ゆっくり散策するには、重宝するだろう。


⇒晩秋の野麦峠越え(4)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

晩秋の野麦峠越え(3)

2009.11.19(19:50) 904

 連れて行ってもらったのは、高山市中心部に近い京やという郷土料理のお店だった。あいにくの天候だったが、市内は観光客がいっぱいいて、それなりに賑わっていた。6台のSLKを駐車でき、しかも待たずに席に案内されたのは、それでも、天候が悪いせいなのかも知れない。

 おかげで、待つことなしに食事にありつくことができた。


⇒晩秋の野麦峠越え(3)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

晩秋の野麦峠越え(2)

2009.11.18(19:54) 903

 集合場所にやってきたのは、私を含めR170R171がそれぞれ3台で、バランスが良い。R170の2台が230であったが、その他は全てばらばら。AMGもR170と171で各1台。

 特に自己紹介もなかったので、初対面の方の名前を伺うのを忘れてしまった。なので、ブログでは紹介できず失礼をお詫びする。そんなわけで、トイレなど済ませて早々に出発した。


⇒晩秋の野麦峠越え(2)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

晩秋の野麦峠越え(1)

2009.11.17(19:12) 902

 SLK CLASSのツーリングが11/14開催された。所帯の小さな?クラブであるが、各方面から6台が参加。このクラブはどちらかというと、人間つながりを基本としているので、SLK以外でもツーリングに参加できる。ただ、今回は結果的に全てSLKであった。

 行き先は野麦峠~高山と、コースとしてはポピュラーであるが、なかなか走り甲斐がある。雪こそ降らなかったものの、霧雨~小雨のあいにくの天候になってしまった。オープンカーの集まりだから余計に残念。


⇒晩秋の野麦峠越え(1)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

昭和の香り

2009.11.16(19:36) 901

 千駄ヶ谷へ仕事で先日行ってきた。仕事に入る前に、昼ご飯を食べるのだが、どこにしようか。ふらふら歩いていたら、既に会場の近く、こんなお店を見つけた。メニューを見た限り、洋食屋らしい。

 時間もないし、エビフライもあるからここにしよう。


⇒昭和の香りの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

iPhone用ケース

2009.11.15(10:41) 900

 通常、携帯電話をケースに入れることはない。が、iPhoneは例外のようで、様々な種類のケースを売っている。本体に傷が付くのを嫌う人が多いようだ。デザイン的には裸の方が綺麗であるし、傷が付くのもそれほど私は気にしない。だから、ケースなど本当は不要なのだ。

 しかし買ってしまった。


⇒iPhone用ケースの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

Z4試乗(4)

2009.11.13(19:12) 899

 ハンドリングは言うまでもないだろう。ランフラットタイヤが劇的に進化したため、乗り心地も堅すぎるとは感じなかった。短い試乗時間なので車に慣れきっていなかったから、楽しめるまでは行かなかったが、間違いなく走りを満喫できそうだ。

 ネットタイプのディフューザー(SLKではドラフトストップと呼んでいる)が標準でついていて、これが良く効くのか、風の巻き込みは感じなかった。ワンタッチで取り外しができるところもポイントが高い。


⇒Z4試乗(4)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

Z4試乗(3)

2009.11.12(19:10) 898

 いよいよ試乗となり、エンジンをかける。プッシュボタン式のスターターだが、キーを所定の位置に差し込む必要がある。スターターボタンはエアコンつまみの隣に見えている。国産車に良くある、キーを持っていればOKという状態にするには、オプションとして、決して安くない追加料金が必要となる。日本では軽自動車でもその程度は標準になりつつある。これは明らかにコストをかける場所の違いが、お国柄に出ていて面白い。

 700万もする車が、軽自動車より装備が悪いのか!と言いたくなるだろう。しかし、冷静に考えるとその機能が必要かは疑問である。キーでトップの開閉ができることがメリットの一つで、SLKにその機能は付いているが、現状でそれほど必要な機能だと思わない。センサーの調子が悪くて、ちゃんと使えていなかったということもあるが、正直それほど使ってはいない。しかし、そんな私でも買う前は、この機能はあればかなり便利だろうと思っていたからエラそうに講釈は垂れることはできない。


⇒Z4試乗(3)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

Z4試乗(2)

2009.11.11(19:56) 897

 内装の質感もグッとあがり、「見せる」内装になった。が、ドイツ車だけにイタリア車のような「魅せる」内装ではない。でもかなり良い感じ。乗用車的なSLKと違って、センターコンソールが高く、スポーツカーに乗っている気がする。ヒップポイントも低く良い感じだが、その分前の見切りは余り良くない。

 ヒップポイントが低いせいか、各種スイッチは非常に見やすく、操作しやすい。SLKではエアコン吹き出し口の調整ダイヤルが見にくいが、Z4ではそんなことはない。SLKはマイナーチェンジでHDDナビとなったが、画面の大きさや位置などZ4に軍配が上がる。少なくとも、私のSLKとは比較にならない。

 話はそれるが、SLKの純正ナビは明度が足りないせいか、非常に見にくい。昼間オープンにしていると役に立たないことがしばしばである。画面の明るさ調整ができないとのことなので、我慢するしかなさそうだ。


⇒Z4試乗(2)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

Z4試乗(1)

2009.11.09(19:41) 896

 

いやはや、すっかりこの試乗記をアップするのを忘れていた(汗。もはやニューモデルとは呼べない状況だが、とてもニューモデルをすぐに所有できる身分ではないから、まあいいか。

 新型になり、Z4は値段も質感もかなり上昇して登場した。SLKと真っ向からぶつかる車だけに、BMWがどのくらいやってくるのだろうか?という興味もあり、ディーラーに出かけた。

 日本仕様は2グレードで構成されているが、やはり3Lターボエンジンを積んだ35iが興味深いし、仮に買うとしたら間違いなくこっちだ。なので、それが置いてあるお店を事前に調べておいた。ちゃんと35iの試乗車と展示車が目指すディーラーに置いてあった。田舎のディーラーだと、ないことが多々ある。訪問したのは発表フェアの日であったはずだが(古い)、この経済状況を反映してか、奧で1組商談しているだけで、だれもいない(受付のお姉さんすら席を外していた)。 

 


⇒Z4試乗(1)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

あれ、給油口が

2009.11.07(18:16) 895

 自動車に乗れば燃料の補給は避けて通れない。スタンドへ行き、いざ給油しようとしたら給油口の蓋が開かないではないか。これ、地味に焦る。状況によっては切実な問題に発展するが、今回は残量1/4で、場所も街中であったので、それほど切羽詰まらなかった。

 何もせずにスタンドを去るのがきまり悪かったくらいか。ヤナセへ直行。


⇒あれ、給油口がの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

HARBs

2009.11.06(19:51) 894

 仕事場の上司に教えてもらったお店。食べ物屋さんだが、さて、何を食べさせるのでしょう?


⇒HARBsの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ミニ・クラブマン

2009.11.05(19:11) 893

 車に無頓着な妻が珍しく反応した1台(前にも書いたかな)。ミニクラブマン。一度妻を連れてディーラーに行ったことがあるが、ほとんど相手にされなかったので、放置していた(笑。

 今回、たまたま別の店舗の近くへ行ったので、覗いてみることにした。最近は自動車が売れないせいか、出てきた営業氏はやたらと愛想がよい。個人の差が大きいにしろ、前回とは雲泥の差である。

 ひとしきり話をして、試乗してみようということになった。


⇒ミニ・クラブマンの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

富士山ツーリング(2)

2009.11.04(19:57) 892

 新五合目へ登る道は有料道路だった。登り口には料金所の痕跡が残っている。もともとが有料だっただけに、路面などの整備状況は良好である。日差しが出ていて、風もなく、ベストコンディションに近い。ただ、靄がかかっているのは相当空気が澄まないとダメなのでやむを得ないか。

 幾らかは麓の大気汚染が影響していると思う。


⇒富士山ツーリング(2)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

富士山ツーリング(1)

2009.11.03(19:26) 891

 hayasiさんから富士山へツーリングへ行きませんか?とのお誘いを受けた。天気の都合で1週間延期され、10/31に行ってきた。集合はいつものカフェ・ド・ハルンである。紅葉シーズン最中で、行楽地はかなりの人出が予想される。中央高速は既に渋滞していた。


⇒富士山ツーリング(1)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

レーダー探知機その後

2009.11.02(19:47) 890

 9月GTの必需品として購入したレーダー探知機、セルスターAR-720FTだが、購入後1ヶ月以上経過し、いろいろなシーンを走った。だいたいのところがわかったので、レビューしてみる。

 私の結論は、「買って損はない」である。では、私なりの良い点と悪い点を以下に述べてみよう。


⇒レーダー探知機その後の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ドライビンググローブ

2009.11.01(12:52) 888

 冬を前にドライビンググローブを注文した。山口GTの帰りに立ち寄った、CACA-ZANの製品だ。手形をとってきたので、その通りにオーダーして作ってもらったのだ。注文から2週間ほどで届いた。

 革巻きのステアリングだから、普通は必要ないかも知れない。しかし、冬でオープンにするとさすがに手が冷たい。これまでは、別のグローブで代用していたのだが、指先が太くて細かいスイッチを押しにくかった。


⇒ドライビンググローブの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


2009年11月
  1. 2009年11月まとめ(11/30)
  2. 信州サプライズツアー(5)(11/29)
  3. 信州サプライズツアー(4)(11/28)
  4. 信州サプライズツアー(3)(11/27)
  5. 信州サプライズツアー(2)(11/26)
  6. 信州サプライズツアー(1)(11/25)
  7. ナビ画面(訂正)(11/24)
  8. 晩秋の野麦峠越え(5)(11/21)
  9. 晩秋の野麦峠越え(4)(11/20)
  10. 晩秋の野麦峠越え(3)(11/19)
  11. 晩秋の野麦峠越え(2)(11/18)
  12. 晩秋の野麦峠越え(1)(11/17)
  13. 昭和の香り(11/16)
  14. iPhone用ケース(11/15)
  15. Z4試乗(4)(11/13)
  16. Z4試乗(3)(11/12)
  17. Z4試乗(2)(11/11)
  18. Z4試乗(1)(11/09)
  19. あれ、給油口が(11/07)
  20. HARBs(11/06)
  21. ミニ・クラブマン(11/05)
  22. 富士山ツーリング(2)(11/04)
  23. 富士山ツーリング(1)(11/03)
  24. レーダー探知機その後(11/02)
  25. ドライビンググローブ(11/01)