タイトル画像

2011年3月まとめ

2011.03.31(11:42) 1230

今月はイレギュラー(来月もそうなるのか・・・)だ。北関東道開通記念走行も当分は無理だし、なにせ先が見えない状況である。

 冬ごもりならぬ春ごもり状態を覚悟しなければならない。ああ、ベストシーズンを一つ逃してしまうのか。

 とにかくあらゆる意味で復興を望むし、微かながら尽力したい。


⇒2011年3月まとめの続きを読む
スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

直ちに健康影響なし

2011.03.30(20:55) 1225

 タイトルの表現は「冷静に対処」とともに、繰り返しメディア等で耳にたこができるほど聞かされてきたと思う。そして日が経つにつれ、その胡散臭さ(わかりにくさ)があちこちから指摘されてきている。ではこれをどのように解釈すれば良いのだろうか。

 結論から言えば言葉通りだと思う。裏を返せば「将来についてはよく分からない」ということだ。実例はチェルノブイリ事故しかないわけだから、信頼性の高いデータがあまり存在しないのだろう。


⇒直ちに健康影響なしの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

コーヒーブレイク

2011.03.29(22:37) 1224

 堅い話が続いたので、文字通りコーヒーブレイク。お店が空いている時間に仕事場から出ることができずにいたので、しばらく豆が買えなかった。買いだめすると風味が著しく落ちるので、一度に200g程度しか買わないから、お店に行けないとすぐになくなってしまう。

 そんなわけでかなりの期間コーヒーを飲まなかった。ようやくその時間がとれて、待望の豆購入。


⇒コーヒーブレイクの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

この国の原子力行政

2011.03.28(20:27) 1223

 さて、このような事故が起こると、この国の原子力行政がどの程度のものか見えてくる。責任逃れのように聞こえるので、あまり言いたくはないが、まず、原子力行政関連の法律は国が所管している。つまりは、国が原子力行政をほぼ一元的に管理(支配?)している。

 そして、各都道府県には放射線を監視するための装置が文部科学省(旧科学技術庁の流れ)によって導入され、すべてその指示の元に各種測定が行われている。都道府県は3つにランク分けされている。原子力発電所の立地県(道)とそれに隣接する府県およびその他の都府県である。その他の都府県は私の認識が間違っていなければ、東京、大阪、大分そして沖縄である。


⇒この国の原子力行政の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

やつらの到来

2011.03.27(22:55) 1222

 15日のお昼頃から、放射線量が急上昇しはじめた。現地により近い地点では既に、かなりの線量になっているようだ。いよいよ、放射性物質がやってきた。先兵となるのはヨウ素131だ。こいつは半減期が約8日だから、まだいい(体内に多量に取り込まれるとまずいが)。もっとも、「もと」が止まらないと、半減期そのものにあまり意味はなさそうだ。

 そして、その後にやってくるセシウム137が半減期30年とかなりやっかいである。少なくとも私の生きている間は、延々と環境中から検出されることは間違いない。


⇒やつらの到来の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

初動

2011.03.26(22:47) 1221

 あのM9.0という信じられない揺れから半日、今度は長野で強い揺れが。このため、土曜日の早朝から出勤になった。そして、まさかの福島第一原子力発電所の事故を知ることになる。これはどう考えても、放射性物質が漏れているっぽい。大惨事になるぞと、頭の中を警笛が鳴り響く。

 その後も、事故現場は悪化の一途を辿っているようだ。この影響は間違いなく地元にも現れるに違いない。例え人体に影響のないレベルであったとしても、大騒ぎになるのは間違いない。


⇒初動の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

震災から2週間

2011.03.25(22:30) 1220

 あの地震で、すっかり更新が止まってしまった。地震+原発事故という未曾有の出来事に、2週間経っても復興がいっこうに進んでいる気配が見えない。TVでよく名前が出る被災地に住んでいた友人から、無事(とはいっても避難生活)との連絡があったときには心底ほっとした。

 私のところは、たいしたことはなかったけれど、停電やら放射線の問題やらで、非日常的な生活である。もちろん、SLKで出歩くなんてことはあらゆる面から不可能。ブログネタなど、当然ない。


⇒震災から2週間の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

通勤での風景

2011.03.10(22:57) 1219

 3月になって春かと思いきや、寒い日が多い。数日前に東京に雪が降ったようだが、私のところは雨だった。しかし、山は白くなっており、まだその名残が見える。川の流れと山のコントラストが綺麗なんだけど、写真に撮ると陳腐だなぁ。もちろん、腕のある人がきちんと撮ればそんなことはないんだけど。

 いつも良い眺めと思っていたので、きょうは自転車をこぐ足を止めて写真を撮ってみた。この先、仕事場までは車だとずっと渋滞である。自転車なら時間の予測がバッチリできるから、多少の寄り道も許されるのだ。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

たまには和風

2011.03.07(20:15) 1218

 休日の昼下がりをカフェでまったりするのは、私にとって至福の時間である。が、「洋風」なものばかりだと飽きてしまうことも事実。コーヒーは水出しのものを自分で仕込むから、外で飲む必要性も余り感じないし・・・。

 カフェは失礼ながら、雨後の筍状態。しかし、和風となると、そうそうない。そんな時思い出したのが、私も時々訪問するこの方のブログ。ここで紹介されていた京風甘味処祇園はそんな欲求を満たしてくれそうである(遅ればせながら、リンク張らせていただきました)。


⇒たまには和風の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

早春山梨ツーリング(3)

2011.03.04(20:04) 1216

 

 R140から少し奥に入った造り酒屋のカフェ、櫂だ。独特な雰囲気と靴を脱いで上がるというまったり感が気に入って、hayashiさんと山梨へ出かける時には、ここに立ち寄り、そこで〆というパターンが多い。

 本日は・・・営業していそうだったけど、雰囲気がちょっと違う。残念なことに、夜のコンサートのため、既に貸し切り状態になっていた。残念だが仕方ない。別の店に行くことにしよう。


⇒早春山梨ツーリング(3)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

早春山梨ツーリング(2)

2011.03.03(20:25) 1215

 道の駅から先になると、勾配が急になり、標高がグンと上がるのが実感できる。路肩にある雪も多くなってきた。しかし、路面はドライであり、凍結の心配はまずなさそうである。先行する二輪車も快調なペースで飛ばしており、ライダーの挙動を見ても凍結していないことがわかる。

 やはり、春はもうそこまで来ている。


⇒早春山梨ツーリング(2)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

早春山梨ツーリング(1)

2011.03.02(20:24) 1214

 いつの間にか春がそこまでやってきたようで、2月最後の週末もそんな陽気であった。どちらかは走りに行こうかなと考えていたら、良い具合にhayashiさんからお誘いのメールが着信した。二つ返事で、土曜日のツーリングと相成った。

 まあ、定番の山梨であるが、この際、ほうとうを食べに行くのも年中行事として悪くはない選択である。八王子のカフェ・ド・ハルンに集合するのも定番である。今回は少々遅めで9時集合にしたところ、開店時刻が9時に遅められていた。8時なら入れなかったところだ。9時開店となると、ちょっと遅い。折角、ツーリングの前の朝食場所として、おあつらえ向きだったのに残念だ。


⇒早春山梨ツーリング(1)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


2011年03月
  1. 2011年3月まとめ(03/31)
  2. 直ちに健康影響なし(03/30)
  3. コーヒーブレイク(03/29)
  4. この国の原子力行政(03/28)
  5. やつらの到来(03/27)
  6. 初動(03/26)
  7. 震災から2週間(03/25)
  8. 通勤での風景(03/10)
  9. たまには和風(03/07)
  10. 早春山梨ツーリング(3)(03/04)
  11. 早春山梨ツーリング(2)(03/03)
  12. 早春山梨ツーリング(1)(03/02)