タイトル画像

2011年11月まとめ

2011.11.30(23:07) 1384

 まだGT記が終わっていないけれど、九州南部GTで走行距離は多くなった。月間で5000kmになるかなと思ったが、さすがにそこまでは伸びなかった。週末に好天に恵まれた日は何度かあった。しかし、ちょっと自重モードになり、GT後はおとなしくしていたからだろう。

 雪さえ降らなければ、まだまだオープンで走れる。それでも、走行距離は少なめになるだろう。


⇒2011年11月まとめの続きを読む
スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(15)

2011.11.29(21:36) 1382

 R212を戻り、K28へ。ダムを超えてしばらく走ると、駐車場とお店が見えてきた。お、一番観光地っぽいぞ。駐車場にSLKを入れ、ちょっと歩いてみるも、川はチョロチョロしか流れていないし、何を見るんだ?耶馬溪って名前だけ有名なのか?とがっかりして帰るのも悔しい。たぶん、見所がわかっていないから。


⇒九州南部GT(15)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

新たな仲間

2011.11.28(21:56) 1381

 愚息が何とか就職でき、通勤に使用するので、1台増車する必要が生じた。今年は震災やタイでの洪水により、思わぬ部品が足らずに車の生産ができない恐れがあり、通常なら半月ほどで納車になる車種でも、2ヶ月ほどかかるケースもあるという。

 そんなわけで、必要となるのは来春になるけど、発注だけはしておいた方が無難ということで、スピード商談をした。納車が早い分には別に問題はないわけだし。


⇒新たな仲間の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(14)

2011.11.27(10:51) 1379

 早いもので実質的なGT最終日とあいなった。いつものように温泉につかり、朝ご飯をいただく。きょうは耶馬溪観光くらいしか予定していない。耶馬溪は本耶馬渓、奥耶馬溪、裏耶馬渓、深耶馬渓とたくさんある。どういうことか皆目見当がつかないので、とりあえず全部回ってみるかという、かなりいい加減なプランで出発。


⇒九州南部GT(14)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

う~ん残念

2011.11.26(15:01) 1380

 GT記を延々と続けてしまっているので、ちょっと閑話休題。

 そろそろSLKに乗って5年になる。買い換えるつもりは・・・・ない。となると、2回目の車検を通すことになる。初回の車検はメルケアの関係もあって、何も迷うことなくヤナセにお願いした。当時、延長保証を付けるか否かで少々迷ったけど、サービスの方々から「まあ、なくても大丈夫ですよ。」という、意見に従って保証は付けなかった。結果はオーライであった。


⇒う~ん残念の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(13)

2011.11.25(20:17) 1378

 ラピュタの道までどう行くか少々思案したけど、ここはあえて王道のK45~K12~K339にした。流石に阿蘇。観光客がどっと増えた。それに混じってのんびりと阿蘇の雄大な風景を眺めながら走る。そしてラピュタの道へ。とりあえず下ってみたけど、走っている限りはその凄さがよくわからない(わかるようじゃ、逆に怖い)。途中というか、ほとんど下りきったところにあった公園で引き返して、今度は上る。見上げると遥か上にガードレールがある。確かに断崖絶壁の道だな。


⇒九州南部GT(13)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(12)

2011.11.24(21:43) 1377

 R218を延岡方面へ戻り、高千穂峡を見学することにした。紅葉の時期には早いのか、はたまた、紅葉自体が不調なのかよく分からないけど、いずれにしろ紅葉狩りという雰囲気ではなかった。それでも、名うての観光地だけあり、平日にもかかわらず賑わいを見せていた。遊歩道を団体さんが占領していたのには少々閉口した。


⇒九州南部GT(12)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(11)

2011.11.23(21:59) 1376

 相変わらず、目覚ましいらずで5時半起床。SLKのトランクに荷物を放り込み、朝食をいただく。このホテルの朝食は6時半からスタート。できるだけ早く出発したいGT中では有難い(食事を抜いてまで早く出る気はない)。天候も予報通り良さそう。きょうはまず、フォレストピア六峰街道を走破するつもり。K49を快適に走り、K20とぶつかった所が延岡側の入り口である。看板も出ていてわかりやすい。


⇒九州南部GT(11)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(10)

2011.11.22(21:10) 1375

 林道を降りて突き当たったK39を左折、程なくして右折して宇目須木大規模林道へ。茶屋越トンネルで一気にR388だ。ここを右折。2キロほど先を左折して再び大規模林道へ。この区間は大規模林道だけど、1.8車線ほどの道。それでも極めて走りやすい。シフトをマニュアルモードに切り替え、心を無にして走る。

 地図やナビでトレースできず、どこをどう走ったかよく分からないうちに、R327に突き当たった。左折して、ほんの少しR327を走り、K50へと右折。さらにすぐに右折して、三度、大規模林道へ。ここは諸塚山スカイラインと名がついているだけあり、時折眺望が開ける快適な道。大規模林道の名に偽りなく、完全二車線だ。タイヤが消しゴム状態なのを若干気にしながらも、ひたすら運転に没頭したのであった。


⇒九州南部GT(10)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(9)

2011.11.21(21:52) 1374

 5時半に目が覚めた。準備をして温泉へ。昨夜は貸切風呂を堪能したので、朝は大浴場へ。日帰り温泉も同じ時間から営業していて、地元のお年寄りが数人入っていた。ここに限らず、今回泊まった宿で日帰り営業をしているところは、日帰り、宿泊の区別なく同じ時間だけ風呂を提供している。逆に考えると、朝から営業している日帰り温泉もかなりの数あるということか。

 素朴ながらも美味しい朝食をいただき出発。何と、宿で小さなおにぎりをサービスで持たせてくれた。特に今日は誰もいない山の中を走りまわる予定なので、大変有難い。予定では大規模林道を走り、延岡へ至る。温泉はちょっと小休止でホテルに泊まる。グズついてきた天候もようやく回復して、青空が覗いている。この青空はつかの間・・ということはなく、1日を通して拝むことができた。まだ雲が多い霧島連山を見ながら進む。朝の空気が心地よい。


⇒九州南部GT(9)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(8)

2011.11.20(21:23) 1373

 お世話になった極楽温泉匠の宿。今回のGTでは最も温泉宿らしいと期待していた宿である。霧島温泉郷とは違って、一軒宿だ。そう言った意味では初日の平山温泉とロケーションは似ている。道路沿いに施設はここしかないので、十分に目立つけど、大きな水車が目印になる。


⇒九州南部GT(8)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(7)

2011.11.19(20:54) 1372

 快適な道路のおかげで、いいペースで佐多岬へ行けそうだ。特に最南端に拘りがあったわけではなく、当初は予定していなかった。でも欲が出て、せっかく鹿児島まで行くのだからと、コースを組み直した経緯がある。ハイビスカスやブーゲンビレアが咲く中を、佐多岬へ。西大山駅では端っこは集客力が・・・という話をしたけど、取り消さねばならないかも。一言で言えば寂れまくり。絶対的な人数は西大山駅程度だったけど、広いので閑散とした感じが強い。

 入場券売の人件費も出ないのでは?という状況である。西大山駅とは違って、アクセスが極めて悪いからしょうがないのかな。それにしても、展望台の状況や、営業をとっくにやめたレストランなど、どちらかと言えば廃墟マニアに喜ばれそうといえば、その状況は想像できるだろう。


⇒九州南部GT(7)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(6)

2011.11.18(21:47) 1371

 朝5:30に目覚めた。一風呂浴びようと温泉へ。この時間なのに結構お客がいた。みんな朝早い。7時の朝食開始時刻にはロビーにかなりの人だかりが。最初、みんな何をしているんだろうと思ったら、全員が朝食待ちだった。開始と同時に行列が。こんなことなら、少しずらせばよかった。

 ほどほどに腹に詰め込み、出発。青空が見えている。出発早々オープンができるとは儲けもの。でも、その後は雨が降ったりやんだりで、オープン⇔クローズと忙しかった。目的地は東霧島、極楽温泉である。が、反対方向にある佐多岬も攻略しようという、欲張ったルートである。


⇒九州南部GT(6)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(5)

2011.11.17(20:17) 1370

 道の駅を出ると、雨の降りが激しくなった。このまま降れば災害が起きそうな勢いである。しかし、5分もすると空が明るくなり、路面は乾いているところさえある。よく分からない天気だ。でも運のいいことに、今回のGTでは歩き回る時には一度も降られなかった。この天気も悪いし、野間半島はパスすることにして、K29で南下する。しばらく走ると南薩広域農道が現れる。三度、広域農道の旅である。

 この道は直線基調の快走路。アップダウンを繰り返して遙か彼方まで続く直線路は、北海道的ですらある(ただ、国道のバイパス的抜け道になっているので、交通量はそれなり)。そして、開聞岳が見てくる。開聞岳は今回のGTでは外せないポイントだったので、本来なら感動的なご対面のはずなのだが、この天候ではどうしようもない。雲に隠れる開聞岳をチラチラみながらの走行になった。


⇒九州南部GT(5)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(4)

2011.11.16(20:23) 1369

 朝から鉛色の空。今日の天候は諦めたほうが良さそうだ。通行止めにならない程度の降りなら御の字としておこう。露天風呂につかり、朝食を食べて7時20分に出発。目的地は指宿温泉だ。朝のR219は車がいなくて快適。通り道にある球泉洞は時間が早いので、否応なしにパス。K27で芦北方面へ向かう。前に車がいるけど、快適な道だ。


⇒九州南部GT(4)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(3)

2011.11.15(21:03) 1368

 通潤橋を出て、R218を西へ。快走するFUGAの後ろを気持ちよく走っていたけど、じきにペースメーカーに追いついてしまった。しばらくチンタラ走り、R443へ左折。この入り口は非常にわかりにくく、曲がった先は狭い。お、酷道キタカと思ったら、さにあらん。狭いのは一瞬で、その後は見事な快走路が開けていた。遮るものはなく、一気にK25との分岐まで走った。これこそGTの醍醐味だ。K25も一部狭いものの、快走路。トンネルでの峠越えをせずに、旧道に回ってみた。

 峠からの眺望は悪くはなかったけど、先を急ぐならトンネルを通ってもというレベル。でも、南側からアプローチするならそれこそ一瞬だから、楽に立ち寄れる。その代わり、北側は廃道寸前。南側を往復することをお勧めする。


⇒九州南部GT(3)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(2)

2011.11.14(21:10) 1367

 実質的なGT初日。朝6時に目が覚めた。しかし、活動するには薄暗く、結局7時近くまで寝床にいた。温泉につかり、昼ごはんを食べ損なってもいいように朝ごはんをしっかり食べて出発。通るべき(通りたい)道の基本はナビに入れてあるので、運転に集中できていい。地元民が通るような道で、山鹿と菊池の市街地を北側に避けて、R387~K45で菊池渓谷へ。このK45は舗装が新しい部分がかなりあり、非常に面白い道だ。幸いにして前を塞ぐ車はなく、実に楽しく走ることができた。


⇒九州南部GT(2)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

九州南部GT(1)

2011.11.13(10:11) 1366

 今年は九州に縁があるようで、大分に行くことになった。前回の長崎GTは日程を大幅に縮小して、もはやGTとは呼べない状況であった。そこで今回は万難を排して、準備を整えた。飛び込みの仕事が入るのはお約束であるが、今回は即処置&先送りのコンボ攻撃で、半ば強引に休みを確保した。

 沖縄を除くとSLKで踏み入れていないのは宮崎県鹿児島県のみ(ひょっとしたら鳥取県もかも)。なので、熊本から入って、鹿児島、宮崎と回り、大分をゴールとするコースを組んだ。テーマは温泉(走りは当然)にして、なるべく温泉宿に宿泊(それも一泊二食付で1万円前後の安価な宿)するようにした。さて、どんなGTになるのだろうか。


⇒九州南部GT(1)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT半ば

2011.11.07(17:39) 1365

 現在九州南部GTの最中です。予定していた道はほとんど走れたかな。まあ、かなりマニアックな道であることは確か。
今、延岡市のホテルで、温泉は中休み中。久々のネット環境なので、実況中継してみました(携帯では面倒で、投稿する気になれません)。
 帰ったら写真付きで飽きるほど、レポートする予定。走行距離は思ったほどではなく、まだ2500km程度。4000kmがやっとかも。

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

農カフェhakari

2011.11.02(19:42) 1363

 今回は紅葉が目当てではあるけど、もう一つ笛吹市にある自然食カフェへ行くことも大きな目的いなっている。私自身、自然食は「お、いいね。」とは思うけれど、その信者というわけではなく、大きな拘りもない。ここのオーナーのブログを読んでみると、私と大きく異なる思想の持ち主ではないように感じた(文面から私の判断)。

 ある一点について、それしか見ないという行動パターン(自分の価値観を他人に強要するような)はどうも私は苦手。なので、オーナー自身が自然食に凝り固まっているようなお店だと、ちょっと重たくて居心地が悪くなってしまいそう。そうした意味でここはちょうど良さそうだ。


⇒農カフェhakariの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

矢立の杉

2011.11.01(21:07) 1362

 笹子峠はR20の旧道にある。トンネルで一気に勝沼入りできるので、わざわざ旧道を通る車などほとんどいない。私も目的地に急ぐのであれば迷わずトンネルを通る。しかし、得てしてこういうシチュエーションの道は面白いのだ。交通量がほとんど無いという点がそれに大きく寄与しているのは間違いない。

 トンネルの少し手前で左に折れる。が、工事の作業員に呼び止められ、杉までは行けるけど、その先は崖崩れで通行止めだという。先月の台風は山梨県内でも猛威をふるったようだ。ピストンコースになるので、一瞬よそうかと思ったけど、有名な杉の木だけでも見ておくかと、予定通り左折した。


⇒矢立の杉の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


2011年11月
  1. 2011年11月まとめ(11/30)
  2. 九州南部GT(15)(11/29)
  3. 新たな仲間(11/28)
  4. 九州南部GT(14)(11/27)
  5. う~ん残念(11/26)
  6. 九州南部GT(13)(11/25)
  7. 九州南部GT(12)(11/24)
  8. 九州南部GT(11)(11/23)
  9. 九州南部GT(10)(11/22)
  10. 九州南部GT(9)(11/21)
  11. 九州南部GT(8)(11/20)
  12. 九州南部GT(7)(11/19)
  13. 九州南部GT(6)(11/18)
  14. 九州南部GT(5)(11/17)
  15. 九州南部GT(4)(11/16)
  16. 九州南部GT(3)(11/15)
  17. 九州南部GT(2)(11/14)
  18. 九州南部GT(1)(11/13)
  19. GT半ば(11/07)
  20. 農カフェhakari(11/02)
  21. 矢立の杉(11/01)