タイトル画像

2012年7月まとめ

2012.07.31(20:34) 1516

 北海道まで足を伸ばしたので、それ相応の距離になっている。ただその割には少ないかも知れない。

 さて、今現在、SLKは手元にない。一時は買い換えも視野に入れたけど、何とか目処が付いたため、修理に出しているのだ。戻ってくる日は未定である。真夏のシーズンオフだから、むしろ代車の方が良かったりして??


⇒2012年7月まとめの続きを読む
スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

宗谷GT(9)

2012.07.30(20:50) 1515

第4日 続

 納沙布岬灯台は、観光客はまばらだった。おそらく灯台が日本最東端と思われるが、何故か日本最東端の看板は、手前の土産物店などが集まっている場所にあった。


⇒宗谷GT(9)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

宗谷GT(8)

2012.07.29(11:32) 1514

第4日
能取湖~屈斜路湖~別海~納沙布岬~阿寒湖~糠平湖(泊)

 明るくなって、またしても目が覚めた。この時期の北国の朝は早い。やはり緯度が高いせいだろう。おかげで能取湖と朝日という、素晴らしい景色に出くわせた。早起きは三文の得とはこのことか。


⇒宗谷GT(8)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

宗谷GT(7)

2012.07.28(20:09) 1513

第3日その3

 ツーリングマップル上はD137は遠軽まで開通していない。私のは2007年版だから、そろそろ開通しているかと、カーナビを見るとちゃんと道案内した。しかし、中立牛まで来ると無情にも通行止めの看板が。青看板はちゃんとできていて、遠軽と書いてある。だから、通行止めの看板はしつこいくらいたくさんあった。青看があるのに何でだろうと、あとで調べてみると、どうも災害による通行止めのようであった。


⇒宗谷GT(7)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

宗谷GT(6)

2012.07.27(20:55) 1512

第3日続

 一旦R238に下り、宗谷岬へ。目的の一つだった最北端制覇達成。これでSLKを東以外の端点(西は定義が難しいが)とJRの駅に立たせたことになる。再び宗谷丘陵に上り、D889を南下する。海沿いの道もいいのだけれど、やはりこうした道のほうが好きだなぁ。誰もいない道路を十分に堪能して、再びR238へ。自衛隊の車がやけに目立つし、「自衛隊ご苦労様」なんて書かれた看板もあった。ああ、確か猿払村は自衛隊の町だったような。そして、猿払村の中心部を過ぎ、ポロ沼の先で左にステアリングを切った。その先に感動が待っていた。


⇒宗谷GT(6)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

宗谷GT(5)

2012.07.26(22:42) 1511

第3日
遠別~稚内~猿払~西興部~網走~能取湖(泊)

 部屋が明るくなって目が覚めた。時計を見ると4時半。明るいということは晴れている可能性大。外を見ると、好天!今日はこのGTのハイライトとも言えるコースである。何という幸運だろう。既に朝食はパスして早出する旨を伝え、精算も済ませてあるから、グズグズしている理由は何もない。身支度を整え、5時にはSLK車中の人となった。


⇒宗谷GT(5)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

宗谷GT(4)

2012.07.25(21:46) 1510

第2日続

 北海道でも海開きをしたようで、そのお客が多かったのかも。いずれにしろ、夏の休日の昼間はこの道は通るべからずという事が学習できた。次回は別のルートを考えよう。それでも当初の予定よりかなり早いペースであった。早朝出発がとても効果的だったようだ。このペースなら昼にウニ丼が食べられそうだ。どうしようか思案しているとオーベルジュ増毛が目に入った。オーベルジュという言葉に反応して、駐車場にSLKを滑りこませた。


⇒宗谷GT(4)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

宗谷GT(3)

2012.07.24(20:29) 1509

第2日
函館~寿都~小樽~留萌~遠別(泊)

 目が覚めたのは4時半。空は活動できるほどに明るくなっている。この時期、北海道の夜明けは明らかに関東より早い。遠くには青空が見えているが、ホテル付近はどんよりとして、時折雨も混じっていて、安定していない。とりあえず屋根は開けられずに函館の街をあとにする。早朝だけあって、道路はガラガラ。R227を快調に日本海へ向けて走る。市街地以外は全くといっていいほど信号がなく、その上マイペースで走れるとなると、思ったよりずっと距離を稼げる。


⇒宗谷GT(3)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

宗谷GT(2)

2012.07.23(20:01) 1508

1日目続き

 フェリーターミナルから青森駅までは徒歩30分だった。事務所のお兄さんにはタクシーが無難ですと言われたけど、荷物が少なく、雨が降っていなければ問題なく歩けた(でも暑かった)。青森駅西口に到着。これが、県庁所在地のターミナル駅か!と思うほどのしょぼさである。でもこれは仮の姿?で、正面に回ると、ごく標準的な地方の駅の佇まいであった。少なくとも、前橋駅より大きい。正面に回るには、西口からは自由通路がないので、かなり遠回りをする必要がある。乗客くらい通り抜けの便宜を図っても良いと思う。


⇒宗谷GT(2)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

宗谷GT(1)

2012.07.22(11:01) 1507

 何とか無事にGTから戻ることができた。ツーリングレポートは順次アップしていく予定だ。かなりの回数になる予定なので、適当に読み飛ばしてもらえればと思う。

第1日
自宅~青森港~函館港~函館(泊)

 今回のGT 、今までにない試み。写真で分かるように、列車に乗っている。勿体つけても何のことはない、単に船に乗るのが嫌なだけである。

 昨年、関東クルーズ北海道オフという、考えようによってはかなり無茶な?オフ会に参加した。SLKでは2回目の北海道。すっかりその魅力にはまってしまった。今年はそんなオフ会こそないけれど、時間をかけてじっくり走ろうという計画を立てて実行に移した。

 タイトルは必ずしもこのGTを表しているわけではない。たまたま行き先としてまず頭の中にひらめいたのが、そこだっただけのことである。最北端の地にSLKを立たせたい、ただそれだけの企画であった。が、色々計画を立てているうちに、タウシュベツ橋梁と能取灯台、エヌサカ線という、3つのキーワードが見えてきたので、これらを組み合わせてGTの計画を立てた。ざっと回るコースと宿泊地だけを決定して、残りは行き当たりばったりである。


⇒宗谷GT(1)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(7)

2012.07.20(22:00) 1506

宗谷GT7
GT7日目、本州へ戻る日だ。船の時刻もあるので、何の工夫もなく国道を函館まで走りました。
洞爺湖~長万部~八雲~函館~青森~弘前(泊):白ライン

行きと同じく、車だけ船に預けて電車で先回り。風が強くて、船は揺れたんじゃないかなぁ。




TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(6)

2012.07.19(21:05) 1505



宗谷GT6

GT6日目。既に帰り道モードになっています。
上富良野~夕張~千歳~支笏湖~洞爺湖(泊):黄緑ライン

松見大橋リベンジやら帯広散策やら、チラリと考えましたが、諸般の事情により断念。明日 は本州に渡ります。




TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(5)

2012.07.18(19:56) 1504

宗谷GT5
GT5日目、走りはちょっと休憩で、タウシュベツ橋梁の見学に費やしました。
糠平湖~三国峠~上川~美瑛~上富良野(泊):オレンジ色のライン

松見大橋を見逃す失態!!美瑛で一般観光客になりました(笑。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(4)

2012.07.17(18:15) 1503

宗谷GT4
GT4日目、日本の東端を踏めということで、納沙布岬まで足を伸ばしました。
能取湖~屈斜路湖~風蓮湖~納沙布岬~阿寒湖~糠平湖(泊):ピンクのライン

なるべく国道を避けてコースを組んでみましたが、なかなか難しい。それでもよく走れました。明日からはちょっとペースダウンかな。





TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(3)

2012.07.16(19:06) 1501

宗谷GT3
GT3日目、今回のハイライトとも言えるコース。
遠別~稚内~宗谷岬~猿払~西興部~能取湖(泊):黄色ライン
コース取りがほぼ満点だった。どのポイントも感動的。いやあ、充実した日だった。天候も良かったのが大きい。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(2)

2012.07.15(18:46) 1500

宗谷GT2

厳密には中継じゃないけど、まあ気にしない(笑。
2日目:青線(見にくいかも)
函館~岩内~小樽~石狩~留萌~遠別旭温泉(泊)
早朝出発しただけあって、小樽までは快走。その後の海岸線北上は車が多すぎた。連休中で海水浴客とぶつかったのが原因かも。


TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(1)

2012.07.14(20:37) 1499

宗谷GT1
自宅~青森港~函館
GTの初日は函館まで。距離的には西へ行くより短いが、どうしてもフェリーに乗らなければならないから、これ以上は厳しい。
東北道は車多めだけど、渋滞するほどじゃなかった。


TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

レーダー探知機新調&GTへ

2012.07.13(21:55) 1498

 SLKに付いているレーダー探知機(この呼び方はもはや不適切かも)はセルスターのGPS付きのもの。データ更新もまだ対応しており、不満は1点を除いてない。知らぬ間にフリーズして停止しているという、恐ろしいことは起こるけど・・・。なので、新調したのはステップワゴンの方。こちらはまさに「レーダー探知機」の名にふさわしい10年を軽々越えた骨董品である。


⇒レーダー探知機新調&GTへの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

981Boxter内覧会

2012.07.11(22:14) 1497

 もうあちこちに出回っていて、今更の感じが強い981ボクスター。でも一応、私の地元ディーラーでの正式な発表会は7/7~8だから、まあまあ新鮮なネタなのだ(それでも先週の話だけどね)。発表の案内をもらったので覗きに行ってきた。DMには7/6の金曜日は内覧会扱いで、併設するカフェでドリンクとドルチェのサービスがあるという。ならばと、土日を避けてちょっとだけ時間を作って金曜日にPCへ。


⇒981Boxter内覧会の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ヘッドユニットの画面が消えた

2012.07.05(20:29) 1496

 梅雨の晴れ間のツーリング中、何気なくオーディオの画面を見たら、スーっと画面がブラックアウトしていく瞬間を見てしまった(汗。その時にはCDを再生していて、音は正常に出続けていたため、たまたま見なかったら気がつかなかっただろう。

 単に画面が消えただけかな?と思ったらそうでもなく、ほぼ全てのコントロールが効かなくなっていた。つまりCDをスキップすることもできなければ、ラジオに切り替えることもできない状況である。まあ、走行には支障はないのでそのまま走っていたら、いつの間にか画面が現れていて、コントロールも正常にできるようになっていた。


⇒ヘッドユニットの画面が消えたの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

梅雨の晴れ間に(3)

2012.07.04(20:41) 1494

 R144まで下れば、もうネタも無くなる状況で、レポートはここで終了にしても構わない程である。しかし今回はもう1本、気になる道がある。それは八ツ場ダムに伴って整備されたK375、K376である。ダムの建設に伴って既存のR145が水没するので、代替道路としてR145バイパス(便宜上そう呼ぶ)ができた。この道を走っていると、さらに高い場所に立派な道らしきものが見えていて、これは何だろうと気になっていた。


⇒梅雨の晴れ間に(3)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

梅雨の晴れ間に(2)

2012.07.03(20:17) 1493

 ツーリングが主目的なのにゆっくりしてしまい、8時頃お店を出た。信濃追分の駅前を通過し、K137をそのまま西進する。生活道路の一部になっていると思えるけど、車が少なくて快適である。高速をくぐった先でK137とは別れて、千曲ビューラインに入った。これを全線走り、別所温泉からさらに山の中へ分け入る算段である。

 前回、千曲ビューラインを走ったときは平日だったのか、あまり快適とは言えなかった。今回はその時よりもはるかに快適であった。愛称がついていたので、てっきり観光道路的な使い方をされていると思っていたけど、むしろ生活道路的色合いが濃かったのか。別所温泉からさらにK177で山奥へ。前回は少し行った野倉公民館近くのカフェが目的地だったけど、今回はK12まで行く。公民館から先は1.2車線程度の道が続く。舗装も荒れていて、日影は苔むしているし、舗装のひび割れ部からは雑草がかなり育ってきている。


⇒梅雨の晴れ間に(2)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

梅雨の晴れ間に(1)

2012.07.02(20:02) 1492

 少し前、6月22日の話。

 台風が過ぎた週末は土日とも好天に恵まれるとの予報だった。土曜日は家の雑用に使われそうだったので、日曜日は走る気満々で床についた。目覚ましはかけずに、起きたら出発という極めていい加減な予定(予定にもなっていない)だったが、信州方面に足を伸ばすことだけは決めていた。

 果たして5時半に起床。20分後にはSLKのドライバーズシートに収まっていた。この時間だと、軽井沢でモーニングをいただけそうだ。そんなこともあろうかと、いくつか目星を付けておいた中の一軒である、SHERIDAN(シェリダン)に行ってみることにした。軽井沢までは市街地走行が大半になってしまうので、高速でワープ。早朝にもかかわらず、上信越道は車が多かった。後ろからぶっ飛んできたポルシェ911ターボとBMW5シリーズ(M5じゃなかったはず)に道を譲り、引っ張ってもらったのでかなり時間短縮された。彼らも私と同じく軽井沢ICで降りて、出口の信号を左折していった。私は直進したのだが、その先で彼らが脇道から出てきて、再び合流することになった。


⇒梅雨の晴れ間に(1)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


2012年07月
  1. 2012年7月まとめ(07/31)
  2. 宗谷GT(9)(07/30)
  3. 宗谷GT(8)(07/29)
  4. 宗谷GT(7)(07/28)
  5. 宗谷GT(6)(07/27)
  6. 宗谷GT(5)(07/26)
  7. 宗谷GT(4)(07/25)
  8. 宗谷GT(3)(07/24)
  9. 宗谷GT(2)(07/23)
  10. 宗谷GT(1)(07/22)
  11. GT中継(7)(07/20)
  12. GT中継(6)(07/19)
  13. GT中継(5)(07/18)
  14. GT中継(4)(07/17)
  15. GT中継(3)(07/16)
  16. GT中継(2)(07/15)
  17. GT中継(1)(07/14)
  18. レーダー探知機新調&GTへ(07/13)
  19. 981Boxter内覧会(07/11)
  20. ヘッドユニットの画面が消えた(07/05)
  21. 梅雨の晴れ間に(3)(07/04)
  22. 梅雨の晴れ間に(2)(07/03)
  23. 梅雨の晴れ間に(1)(07/02)