タイトル画像

2014年7月まとめ

2014.07.31(23:20) 1955

IMG_5337  御存知の通り、北海道GTに出かけたため、月刊走行距離は5000kmを越えた。久々に走ったな~という感じであった。逆に、GT以外ではほとんど走っていない。暑さ本番となり、エアコンが弱く、屋根を開けることもままならない季節で、SLKは一旦シーズンオフとなる。とは言え、早朝や夜は気持ちが良いし、高原のような涼しい場所なら何の問題もないので、雪の季節とは違ってその気になれば走れる。


⇒2014年7月まとめの続きを読む
スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

2014年7月まとめ(CX-5)

2014.07.30(23:04) 1954

IMG_5334  SLKでGTに出かけたため、CX-5にはほとんど乗っていない。北海道は未舗装路も多く、一度に乗る距離も長いなど、クリーンディーゼルのCX-5はうってつけではと思う。しかしながら、あまり地元ナンバーのCX-5は見かけなかった。やはりマツダというのが、北海道ではあまり受け入れられないのだろうか。


⇒2014年7月まとめ(CX-5)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(7)

2014.07.28(20:50) 1950

IMG_5076

 R233は高速道路の無料区間があるので、並行する旧道はすいていた。追い越し可能な分、むしろ旧道の方が早いかもしれない。幌糠からD550へ。これで留萌市街をパスして一気に小平町へ。このD550は素晴らしい道だったけど、小平でぶつかった海岸沿いのR232はやっぱりイケてない。トラックとファミリーカーに行く手を遮られた。


⇒千載一遇GT北海道2014(7)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(6)

2014.07.27(14:15) 1949

IMG_5068

 いつもながら、量、質共に十分すぎる朝食を頂いた。夕食もそうだったけど、朝食も重くてきつくなってきた。キッシュとポタージュスープは私には重いなぁ。味が良いから、全部食べちゃったけど苦しいや。さすがにパンは完食できずに、包んでもらった。こいつがお昼だな(笑。


⇒千載一遇GT北海道2014(6)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(5)

2014.07.26(21:46) 1948

IMG_5065

 午後の時間をたっぷり走り、宿泊地であるフェニックス洞爺クラブへ。SLKのフロントを見ると、虫の残骸で恐ろしい状況になっていたので、ホースを借りて虫落とし。昨年、このために買ったのに忘れてきた虫落としスプレーを今回は持ってきた。おお、これはよく効く。


⇒千載一遇GT北海道2014(5)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(4)

2014.07.25(21:54) 1947

IMG_5045

 SLKを受け取り、いよいよ北海道での運転となる。薄い雲が広がっていて、視程はそれほど良くない。クリアな景色を見るのには今ひとつだが、オープンの走行には都合良いコンディション。屋根を降ろし、窓を全開にすると半袖シャツ一枚では肌寒いくらいである。


⇒千載一遇GT北海道2014(4)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(3)

2014.07.24(21:07) 1946

IMG_5041

 前日に指定席の予約状況を見ると余裕っぽかったため、自由席にした。8~9割の乗車率で空席にありつくことができた。途中、停止信号やら上り列車の待ち合わせやらで、予定より15分程遅れた。立て続けの事故でJR北海道はすっかり評判を落としてしまったようで、この遅れに対しても「ちゃんと走るのか。」という同行者と話している客の声が聞こえてきた。


⇒千載一遇GT北海道2014(3)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

リアタイヤ交換

2014.07.23(20:48) 1945

IMG_5172

 GT記が終わってからでは相当の時間差になってしまうので、タイヤ交換について。


⇒リアタイヤ交換の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(2)

2014.07.22(20:19) 1944

IMG_5036

 明るくなるとともに起床。宿泊は青い森ラ・プラス。価格は部屋の質(広さ)と比較して安く当たりだった。一週間後にまたお世話になる。


 本日は北海道へ渡り、洞爺湖まで走る予定である。ゆっくりと荷物をまとめ、6時前にホテルを出た。日曜日の早朝なので青森市街はガラガラで、10分程度で青森港へ着いた。かなり穏やかだったので、SLKとともに乗船しようという考えが浮かんだが、大事を取って(?)予定通り無人航送をお願いした。


⇒千載一遇GT北海道2014(2)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(1)

2014.07.21(13:41) 1943

IMG_5034

 中継は最後までできなかったが、とりあえずは無事帰宅したのでGT記を始めることにする。例年のことからかなり長くなりそうなので、興味のある人だけ暇潰しにどうぞ。

 
 出発は台風一過には違いないが、雲多めの東北道を走る。例年は海の日を含む3連休に出発するのだが、今年は海の日が遅いので、逆にその3連休に帰るというスケジュールを組んだ。


⇒千載一遇GT北海道2014(1)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(6)

2014.07.18(17:37) 1942


より大きな地図で 2014北海道GT を表示

今日からは基本的に帰り道となる。網走から小樽まで、普通に走れば300 km程度である。見るべきものは見たように思うので、交通量の少ない道を選んで走ることにした。

小樽や札幌にはあまり近づかないことにしているが、偶然にも知り合いと小樽で食事をすることになったため、例外的に小樽宿泊である。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(5)

2014.07.17(19:15) 1941


より大きな地図で 2014北海道GT を表示

気がつけばもうGTも折り返し地点を過ぎてしまった。早いものだ。十勝の天気がとても良く、ナイタイ高原牧場に行くことにした。白くぼやけているのはやむを得ないが、十勝平野を一望できた。釧路付近までは暑くて屋根を閉めようかと思ったほど。厚岸で海が見えた瞬間に、気温が10℃違った。逆に寒いくらい。道東らしい風景の中を思い切り走り、網走着。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(4)

2014.07.16(17:42) 1940


より大きな地図で 2014北海道GT を表示

上富良野から襟裳方面へ南下し、再び糠平湖まで北上するというルート。走りの白眉はD71。サラブレッドの牧場の中を駆け抜けろ。でも、リヤタイヤが限界。帯広で交換することに。

H氏の情報通り、「あの橋」がすごいことに。明日、早朝のツアーに申し込んだら滑り込みセーフ。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(3)

2014.07.15(17:27) 1939


より大きな地図で 2014北海道GT を表示

今日はルートの選択が幅広い。地図上では一部省略しているけど、もう少し行ったり来たりした。やはり走りの白眉はD120。普通の人はおそらく走らない、GTならではの道だ。

美瑛の景色を見て、ホッとしながら宿に到着。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(2)

2014.07.14(17:56) 1938


より大きな地図で 2014北海道GT を表示

昨日はネット環境になかったので、2日分アップ。洞爺湖のオーベルジュで一夜を過ごし、最北の地までやってきた。オロロンラインは平日だったけど、やっぱり今ひとつだなぁ。この道は私には合わないようだ。曇のため利尻は見えず。まあ、しょうがないね。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

GT中継(1)

2014.07.12(19:15) 1937


より大きな地図で 2014北海道GT を表示

昨日のエントリーの通り、GTへ出発。ひたすら東北道を北上する単調な走行だった。早々に青森のホテルにチェックインし、明日に備えよう。

本日の走行:698 km,燃費:12.3 km/L



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

期待できるか!

2014.07.11(19:29) 1936

週間天気予報

 台風は予報より早めに抜け(これはよくあること)、その後1週間は良い感じの天気が続きそうだ。一時期は、台風とともに東北道を北上する覚悟を決めていたのだけど、これなら初日からいけそうだ。今度こそ松見大橋リベンジなるか。

 明日から北海道GTに出発します。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

ちょっとした散財

2014.07.10(19:56) 1935

IMG_5030

 猛者たちからすると、散財のうちに入らない。あくまで我が家レベルの話。伊香保で陶器市をやっているというチラシが入り(何故か、開始から1週間後に)、家人が興味を示して出かけた。とくに目当てはなかったのだけど、ちょうど目に入ったのが急須。現在使用しているのがあまり具合が良くないのもあり、迷った末に購入に至った(半額まで値引きしてくれたのも大きい)。


 日本茶インストラクター(だったか)の店主から色々レクチャーを受けたのも良かった。いい急須は安いお茶を美味しく飲むためのものという説明に納得したけど、ホントかな。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

原発事故と放射線のリスク学

2014.07.09(20:30) 1934

IMG_5028

 ネタがないのにかこつけて、第二弾(とりあえずこれでお終い予定)。著者は尊敬する中西先生だ。これを出版するのは著者の前書きにもあるが、かなり勇気がいるだろう。何せ放射線のリスクをある程度受け入れろという内容なのだから。

 とは言えもちろんただ単に受け入れろというわけではない。詳細は本書を読んでいただくとして、こういう議論は必要なのに全く出てこない。曖昧に何とかごまかそうというのが今の風潮で、これにより兆の桁の税金が無駄に使われてしまうかもしれない。議論を避けて空気を読んでばかりだと、将来は暗いなぁ。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

メディアを読み解く力

2014.07.06(20:02) 1933

IMG_5026

 最近出かけることもなく、ネタがない。ブログの更新も滞り気味である。後輩の某大学准教授から本の執筆を手伝ってくれと言われ、そのための資料を最近読み漁っていて、印象に残った本を紹介することでお茶を濁す。

 今更、そんな事わかっているよという人もいるだろうけど、著者が現役の新聞記者(編集委員)というところがポイントか。なかなか自己批判が厳しく、よく書いてくれたと思う。帯にある「バイアスを生み出すのは世論なのか?世論受けする情報がバイアスなのか?」というフレーズが気が利いている。

 世間は「空気を読む」ことを好むけど、空気を読んでばかりいるとこの国はダメになりそうだ。


⇒メディアを読み解く力の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

路線変更

2014.07.05(19:43) 1932

IMG_5027

 カーナビの無料地図更新期間が過ぎたので、しばらくはそのまま使おうと思っていた。更新料金の16000円は、新品との価格差を考えると割高に思えたからである。しかし先日、写真のようなお知らせが来た。MapFanの有料登録をすると、更新料が何でも5000円になるらしい。


⇒路線変更の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


2014年07月
  1. 2014年7月まとめ(07/31)
  2. 2014年7月まとめ(CX-5)(07/30)
  3. 千載一遇GT北海道2014(7)(07/28)
  4. 千載一遇GT北海道2014(6)(07/27)
  5. 千載一遇GT北海道2014(5)(07/26)
  6. 千載一遇GT北海道2014(4)(07/25)
  7. 千載一遇GT北海道2014(3)(07/24)
  8. リアタイヤ交換(07/23)
  9. 千載一遇GT北海道2014(2)(07/22)
  10. 千載一遇GT北海道2014(1)(07/21)
  11. GT中継(6)(07/18)
  12. GT中継(5)(07/17)
  13. GT中継(4)(07/16)
  14. GT中継(3)(07/15)
  15. GT中継(2)(07/14)
  16. GT中継(1)(07/12)
  17. 期待できるか!(07/11)
  18. ちょっとした散財(07/10)
  19. 原発事故と放射線のリスク学(07/09)
  20. メディアを読み解く力(07/06)
  21. 路線変更(07/05)