タイトル画像

2014年8月まとめ

2014.08.31(21:27) 1978

IMG_5382  前半は猛暑、後半は天候不順というオープンカーには嫌がらせとしか思えない気候だった。走りに行ったのは僅か1日のみ。SLKは順調でまだまだ乗れそうな気がする。さすがに暑さは峠を越えただろうから、またオープンに快適な季節がやってくる。ただ、今年はあちこちで大雨が降っているのでそれがいろいろな意味で心配である。


⇒2014年8月まとめの続きを読む
スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

2014年8月まとめ(CX-5)

2014.08.30(21:06) 1977

IMG_5365

 いつも通りの走行である。トリップメーターは先月リセットし忘れたので2ヶ月分になっている。定期点検せよとのインジケーターが点灯したので、来月行う予定である。何も問題なく順調である。


⇒2014年8月まとめ(CX-5)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(29)

2014.08.27(20:30) 1976

IMG_5327

 酒田みなとICから今度は有料の日本海東北道へ。鶴岡JCTで山形自動車道を分岐し、そこからは無料区間となった。この区間はR7と並行して内陸部を走るR345が素晴らしいので、高速を走る必要はないのだが、今回は無料開放区間を最大限利用しようという考えに従うことにした。


⇒千載一遇GT北海道2014(29)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(28)

2014.08.26(17:43) 1975

IMG_5324

 いよいよ最終日。このGT記も終りが見えてきた。基本的に自宅へ帰るだけであるため、テンションは否応なく下がり気味。ろくな写真も撮らなかった。高速道路の割引が渋くなって、行きは高速代が10000円近くになってしまった。これでも3割引きだから昔より安いのは確かだが、1000円高速時代からするとかなり高い。これを何とか節約しつつ快適に帰ることを一つの目標とした。


⇒千載一遇GT北海道2014(28)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(27)

2014.08.24(20:10) 1974

IMG_5321

 鹿部駅を過ぎ、別荘地内にあったパン屋が健在であったことを確認し、R278の一本内陸側を貫いている農道を走った。ついでに駒ケ岳の周りもぐるりと廻ることにしたのだ。駒ケ岳のケーキ工房で何か食べようと思ったが、それほど食欲がわかなかったため、通過。


⇒千載一遇GT北海道2014(27)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(26)

2014.08.23(20:29) 1973

IMG_5313

 大成で国道に合流し、さらに南下を続けた。次なる目的は今年5月に廃線となった江差線を見ることである。この二つの目的のためのルート選択である。江差駅前は店も全てシャッターが下りていて侘しさに輪がかかっていた。駅舎は封鎖されており、「ありがとう江差駅」という看板が建っていた。


⇒千載一遇GT北海道2014(26)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(25)

2014.08.22(19:47) 1972

IMG_5302

 明けて19日。いよいよ北海道を離れる日になってしまった。ふと気づくとGT記も25回と無駄に長くなった。この日は余裕があったのだが、例によって早朝出発。まずは朝ごはんと。小樽での早朝ご飯といえば、鱗友市場。とりあえず行ってみると、お店より人集りが目に入った。こりゃダメだ。早々に退散し、セイコーマートのすじこおにぎりを頬張ることになった。


⇒千載一遇GT北海道2014(25)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(24)

2014.08.21(21:25) 1971

IMG_5301

 さすが観光地だけあり、大勢の観光客がいた。中国語が飛び交っていたから、中国からのツアー客が多かったようだ。寿司屋は彼に任せておいたところ、伊勢鮨というお店を予約しておいてくれた。結構有名店らしい。何でもミシュランの星を獲得したこともあるらしい。まあ、その辺はさておき、鮨を楽しむことにする。


⇒千載一遇GT北海道2014(24)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(23)

2014.08.20(21:21) 1970

IMG_5287

 おびらしべ湖まで下り、D126経由でD867へ。湖に架かる滝見大橋は湖上橋としては道内最長らしい。橋はちょうどお召換えの塗装工事中であった。留萌本線を越えて少し行くと、萌の丘という看板があった。時間的にも余裕があったので、立ち寄ってみた。


⇒千載一遇GT北海道2014(23)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(22)

2014.08.19(21:01) 1969

IMG_5282

 道の駅香りの里たきのうえでトイレ休憩し、オホーツク海側から日本海側への横断道であるD61へ。これもコーナーが続くタフな道である。直線部分も長いので、うっかりするとオーバースピードでコーナーに入ってしまう。何でこんなに曲がりにくいのかと思うが、メーターを見て納得するのだ。


⇒千載一遇GT北海道2014(22)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(21)

2014.08.18(20:39) 1968

IMG_5277

 長いと思っていたGTも、基本的にははもう帰るだけになってしまった。この日は5時半に出発。小樽へ行くだけだからもう少しゆっくりする気になれば可能だが、目が覚めてしまったし、もうひと眠りするのも何だしね。空は曇りで霧が立ち込めている。この時期、海沿いの早朝はたいていこんなだろう。これでは能取岬へ行ってもしょうがない。ここはスッパリ諦めることにした。


⇒千載一遇GT北海道2014(21)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(20)

2014.08.17(20:22) 1967

IMG_5262

 このR244がこれまた交通量ほぼ皆無。R335知床横断道という一級の観光道路が海側にあるため、ここを通る観光客は少ないと予想されるが、仕事や地元の生活で使わないのだろうか。標津でこの国道に合流して、マイペースで走り続けたのに、斜里まで僅か2台しか追いつかなかった。もちろん、追いつかれてもいない。


⇒千載一遇GT北海道2014(20)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(19)

2014.08.16(20:25) 1966

IMG_5246

 すっかりそこで食べる気がなくなり、昼食は昨日の夕食の山菜おこわをおにぎりにしてくれたのでいいや、ということにした。釧路からD123~D142が北太平洋シーサイドラインの白眉で、交通量僅少の素晴らしい道だ。存分にマイペースで初田牛駅まで走ることができた。


⇒千載一遇GT北海道2014(19)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

暑さでPCも限界か

2014.08.15(20:16) 1965

IMG_5346

 2009年に導入したデスクトップPCをパーツ交換等で何とか生き延びさせてきたが、いよいよ限界になったようだ。直接的に悪くなったのは交換したSDDと思われるが、OSも古いままだし、他のパーツとの相性もあるのか?ということもあり、一新することとした。


 いろいろとパーツの組み合わせなどを考えてはみたが、それほどこだわらなくても十分だろうということにして、つるしのまま近くの店で買ってしまった。標準スペックであれば、パーツの相性などはきっちり確認済みだろうから、あとで問題となることもないだろう。今回は安定性を重視した。


 冷却系もとくにこだわらなかったが、今回のほうが水冷を採用した前回よりも静かだった。しかも、OSを含めてソフトの立ち上がりが劇的に速くなった。全体的なパーツの進歩なのか、5年の歳月は伊達じゃなかった。



TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

嬬恋も暑かった

2014.08.14(20:28) 1964

IMG_5339

 GT記を書くのにも飽きてきたので、別の話題を。台風の襲来で暑さは和らいだものの、8月の頭から暑い日が続いていた。その暑さもピークとなった先週のある日、避暑とキャベツを求めて嬬恋まで行ってみた。


⇒嬬恋も暑かったの続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(18)

2014.08.13(20:47) 1963

IMG_5240

 十勝から釧路方面へ行く道はあまり選択肢もないこともあり、今ひとつという印象がある。その中でも比較的好きなのがR241である。阿寒湖までは良いペースで走れることが多い。今回も例に漏れず、元気良く走る車の後ろについて、順調に走ることができた。ただし、そこから先は阿寒湖-屈斜路湖、摩周湖という道東の観光メッカを結ぶため、観光バスが多い。しかも道内屈指といってもいいワインディングを擁しているから、流れが非常に悪いのだ。


⇒千載一遇GT北海道2014(18)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(17)

2014.08.12(20:54) 1962

IMG_5228

 宿に戻り、朝食を食べて出発。この宿(ペンション森のふくろう)の朝食も相変わらずいい。天気は青空が見え、すこぶる快適である。これなら、昨日諦めたナイタイ高原牧場へ行くのがいいかもしれない。北太平洋シーサイドラインは時間がなければキャンセルすればいい、という成り行き任せにした。


⇒千載一遇GT北海道2014(17)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(16)

2014.08.11(20:56) 1961

IMG_5184

 5時起床。5時20分に歩いてすぐのネイチャーセンター(だったか)に集合して出発した。前回は私一人だったが、今回は4人。早朝ツアーは橋のみの見学である。前回に一通り見学しているので、私にはむしろその方がありがたかった。


⇒千載一遇GT北海道2014(16)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(15)

2014.08.10(20:24) 1960

IMG_5174

 気分も一新され、次は家人から厳命された六花亭へ。ついでにサクサクパイも食べるつもり。実は本店だけだと思っていたサクサクパイは西三条店でも入手できることを最近知った。車で行くには圧倒的に西三条店が便利なので、これは貴重な情報だった。言われていた物の配送手配をして、サクサクパイにありついた。喫茶も利用できたのだが、その気になれず車中にてパイにかぶりついた。


⇒千載一遇GT北海道2014(15)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(14)

2014.08.09(21:07) 1959

IMG_5168

 R236は予想に反して快適そのものだった。よくよく考えると、仕事の車はR274や高速を通るだろうし、観光客は襟裳岬やその先の黄金道路へ向かう確率が高そう。だとすれば、ここを通るのはその周辺に用事のある人に限られるだろう。日高山脈が間近に迫り、かなり山深い雰囲気だ。東北とか信州の山の中という感じがする。大樹町まで来るとすっかり十勝だ。昨年の十勝GTにてさんざ走り回ったので記憶に新しい。


⇒千載一遇GT北海道2014(14)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(13)

2014.08.08(21:33) 1958

IMG_5164

 1時間ほどで宿に戻り、朝食を食べて出発。昨年と変わらず美味しい。年1回しか行かないから、毎年同じで問題ないというか、むしろその方がホッとする。


⇒千載一遇GT北海道2014(13)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(12)

2014.08.07(20:32) 1957

IMG_5162

 この宿に泊まった時には早朝にファーム富田へ行く事にしている。ベタではあるが、やはり綺麗である。大混雑であればパスするところだが、混雑さえしなければ行かない理由はない。


⇒千載一遇GT北海道2014(12)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(11)

2014.08.05(20:33) 1956

IMG_5129

 R275を少し走り、本日の走りのメインイベントD120へ。ここから愛別までの道道コンボは走るには最強である。何せ、マイペースで楽に100km以上走れるし、ほぼ信号もなしである。たまにある交差点の一時停止がむしろ有難いくらい。走りに夢中で写真を撮るのをすっかり忘れていた。


⇒千載一遇GT北海道2014(11)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(10)

2014.08.04(21:31) 1953

IMG_5108

 R238に下り、同じ道を引き返そうとしたが気が変わった。潮の匂いが何故か心地よく、海沿いの国道を走る気になったのだ。昨日のR232より、オホーツク海に面したR238の方が海に近いせいもあって良い感じだ。交通量も少なく、流れが良かったのも大きな理由である。


⇒千載一遇GT北海道2014(10)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(9)

2014.08.03(20:57) 1952

IMG_5096

 宿に戻って一風呂浴びてから、朝食をいただき出発。ここでスペアズボンを宿に忘れて来たという失敗をした。気がついた時にはもう戻るのは無理な場所だったので、自宅へ送ってもらうことに。女将さん、ご迷惑をお掛けしました。


⇒千載一遇GT北海道2014(9)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(8)

2014.08.01(21:07) 1951

IMG_5083

 夕食は噂に違わず、海の幸満載。私の胃袋ではすべてを収めることは不可能だった。刺身、天ぷら、焼き魚、カニ、タコしゃぶ、ホタテ焼き・・・。茶碗蒸しだけはどうしても入らなかったので残してしまった。周りを見ても完食している人は少なかった。


⇒千載一遇GT北海道2014(8)の続きを読む

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


2014年08月
  1. 2014年8月まとめ(08/31)
  2. 2014年8月まとめ(CX-5)(08/30)
  3. 千載一遇GT北海道2014(29)(08/27)
  4. 千載一遇GT北海道2014(28)(08/26)
  5. 千載一遇GT北海道2014(27)(08/24)
  6. 千載一遇GT北海道2014(26)(08/23)
  7. 千載一遇GT北海道2014(25)(08/22)
  8. 千載一遇GT北海道2014(24)(08/21)
  9. 千載一遇GT北海道2014(23)(08/20)
  10. 千載一遇GT北海道2014(22)(08/19)
  11. 千載一遇GT北海道2014(21)(08/18)
  12. 千載一遇GT北海道2014(20)(08/17)
  13. 千載一遇GT北海道2014(19)(08/16)
  14. 暑さでPCも限界か(08/15)
  15. 嬬恋も暑かった(08/14)
  16. 千載一遇GT北海道2014(18)(08/13)
  17. 千載一遇GT北海道2014(17)(08/12)
  18. 千載一遇GT北海道2014(16)(08/11)
  19. 千載一遇GT北海道2014(15)(08/10)
  20. 千載一遇GT北海道2014(14)(08/09)
  21. 千載一遇GT北海道2014(13)(08/08)
  22. 千載一遇GT北海道2014(12)(08/07)
  23. 千載一遇GT北海道2014(11)(08/05)
  24. 千載一遇GT北海道2014(10)(08/04)
  25. 千載一遇GT北海道2014(9)(08/03)
  26. 千載一遇GT北海道2014(8)(08/01)