09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

富山まで馴らし?(2)

2010年 04月29日 15:16 (木)

桜と合掌造り

その2

その3

湧き水

お土産屋

 翌日は、立山へ登ろう(もちろん登山じゃなく、観光ルート)としていたのだが、飲み過ぎた輩もおり、とても早朝出発は無理であった(私じゃないよ)。加えて、この寒さである。平野と気温が15℃違うと言うから、下手すると氷点下である。もう、すっかり行く気が失せ、もっと楽に行ける観光地に変更。

 地元の人は地元の観光地へはあまり行かないようで、いろいろ考えた末、五箇山へ繰り出すことにした。高速もできたので、富山市内からは楽々ドライブである。この週末は奇跡的に快晴が続き、多少霞んではいるものの、雪をかぶった山々がよく見えた。

千里山荘

合掌造りを移設

庭園からの山々

 せっかくSLKで行ったのだから、オープンドライブを楽しみたいのはやまやまだ。しかし、今回は旧友との親交が目的だから、SLKはパーキングにお留守番で、Sのオデッセイで出発(4人だから)。

 五箇山は合掌造りの村で、世界遺産になっている。同じ白川郷が有名で、こちらはかなり観光地化が進行しているのに比べ、五箇山はこぢんまりして静かである。むしろこちらの方がいい、と言う人もかなりいるだろう。

 合掌造りは雪景色が似合う。我々が行ったときには山肌に僅かに雪がへばりついている状態で、とても雪景色ではなかった(時期的に当たり前だ)。その代わり、がちょうど満開であり、これはこれで、素晴らしい取り合わせであった。

 時間がゆっくり流れ、皆さん十分に癒されたようだった。

 昼ご飯は地元の要人も利用するという、千里山荘へ。料理の味は普通だったかな。庭園からの眺めが素晴らしい。しつこいようだが、これだけの天候はそうそうないらしい。日頃の行い(私じゃないだろうな)のせい?

 と、1泊2日の富山ツーリングは幕を閉じた。友人たちと再会を約束し、SLK車中の人になった。休憩なしに家まで走りきり、往復700kmの旅は終わった。足回りもいい馴らしになっただろう。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント