タイトル画像

サクランボ狩り

2010.07.03(18:20) 1049

 サクランボと言えば山形が有名だ。移動距離もちょうど良い?し、おしゃれで美味しいお店もあるので、山形までサクランボ狩りに行けばそれなりに楽しめる。

 今年も何となく予定していたけれど、妻の知り合いがサクランボ園を持っていて、そこの木々が実を付ける樹齢になったらしい。この前、サンプル?をもらって来たら、なかなか美味しいではないか。というわけで、自宅からほど近い某地でサクランボ狩りを楽しめる事になった。



 規模も小さいし、観光農園ではない。今頃が旬かな?と思っていたら、半月ほど遅いらしい。つまり、6月中旬くらいが良いという。だから、ほとんどが収穫されていてあまり実がないよ、と釘を刺されていた。
 
 しかしながら、他の客はいない(自家収穫用だから、もともと客は知り合い限定)し、好きな木からもいで食べて~と、脚立まで渡されると、非常に気分がよい。日光を十分に浴びる、木のてっぺんの実は美味しいのだ。

 生産農家ならではの興味深い話も聞け、腹具合が悪くなるほど(←ほどほどにしろよ)食べられたので、大満足であった。木の個性によって味がだいぶ異なることも身をもってわかった。

 サクランボは高いけれど、労働に見合うか?というと、疑問符が付く。例えば、葉っぱを輪ゴムで止めて、実に日光を当てる工夫など、細かな作業が必要になるという。どんな食べ物にもその裏側で、生産者の苦労があることを忘れないようにしよう。来年はその作業の手伝いに行くことになるかも?

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<OCJ朝オフ201007 | ホームへ | 2010年6月まとめ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1049-9a635686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)