07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

エアフィルター交換(3)

2010年 07月13日 19:57 (火)

図7

図8

図9


 分離させたカバーいや、エアフィルターケースと呼んだ方が適切か、は図7である。オレンジ色で囲んだ部分がフィルターケースになる。それをひっくり返したのが図8。単なるプラスチックの塊と思いきや、部分的にフェルト状のものが張ってある。これは、前部のカバーにもあった。おそらく遮音性の向上に資するものなのだろう。確かにオーナーのブログにあるように、ここまでは工具なしでOK。

 ちなみに、カバーを全て取り去った状態が図9である。Aはおそらくイグニッションでその下にプラグがあると思う。プラグ交換の際にもここまで外す必要があるということだ。Bの部分を覗くと
エアマスらしきモノが見える。これも自分で交換可能かしら?

図10

図11

図12

図13

図14


 図8の状態でエアフィルターケースを見ると、片方につき4本、合計8本のネジでフタが組み付けられている。これを外すためにT25のトルクスドライバーが必要になる。ラチェットタイプだと高さ方向が不足して回しにくい(図10)。強いトルクも必要ないので、通常のドライバータイプが良いと思う(前回も書いた)。

 このネジは木ねじタイプ(先はとがっていない)で、相手であるケースのプラスチック部にねじ込むという感覚である。もちろん穴は空いているけれど、
ギチギチであるので、全部外そうとすると大変だし、その必要もない。ネジの力でケースの上下が密着するようになっている。
 
 ネジを外すとようやくフィルターが見える(図11)。第一印象は不覚にも、「
え、綺麗じゃん。」。しかしながら、これは当然であり、こちら側の面が汚れているようでは、ゴミをエンジン内に入れることになる。ケースからフィルターを出して、外気側を見る。これは流石に汚れており、ケース内や、フィルター表面には雑多なゴミが(図12、13)。大物では枯れ葉や蛾だ。
 
 フィルター本体も、ヒダの細部まで
これでもかというほど汚れていて、これでは吸入効率が悪くなろうもんだ。当然それに伴い、燃費も悪くなりそうだ。海外のモデルでは「大物」が入らないように、入り口部分に金網を設けている場合があるみたいである(海外のHPに写真があった)。こまめに掃除しないと、「大物」で空気の流れが妨げられ、燃費悪化、加速不良などが起こるようだ。

 純正とK&Nを比較するとその厚みがかなり違う(図14)。カラカラに乾燥している純正と比較して、オイルが塗布されているK&Nはしっとりだ。当たり前だがケースにはぴったりとフィットし、取り付けには何の問題もなかった。あとは、ネジを締めてケースの上下がぴったり密着しているか確認し、エンジンルームへ取り付ける。

 取り付けは図9のBの部分とケースの穴をしっかり合わせ、ストッパーの金具がきちんとはまれば、正しい位置であり、上から押すと爪がエンジン側の穴にちゃんと入るようになっている。上から押さえつければ、きちんとセットできる。あとは、ダクト2本とホースを接続するだけ。最後にカバー全部をはめ込めば終了である。

 交換したあとエンジンをかけると、フォン!と小気味よい音が復活したような気がした。走ってみると、フィーリングは良い。が、これらはおそらく気のせいだと思っておこう。高速を走った時の、燃費の伸びがどのくらいになるかが、交換の効果を計る上で重要だろう。

 一時はどうなることかと思ったが、楽しみながら交換作業は終了した。もちろん組み付け不良による故障は自己責任だし、万一の場合には、それ相応の授業料を払わねばならない。でも、いじるのが面白いと思う人には、適当な作業だと思う。

スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

エアフィルター交換

2010年12月08日 16:38

私も06MY SLK350のエアフィルターの交換をしようとしましたが奥のカバーの外し方が分らず断念しました!。エアフィルター交換(2)(3)の画像が全て見られれば幸いです。

GT1300さん

2010年12月08日 18:45

コメントありがとうございます。
私も同じところで引っ掛かりました。
画像をご所望のようですが、拙ブログでは不十分でしょうか。
一応、画像をクリックしていただくと、大きな写真になります。

何かあれば、またコメントなりメールなり頂ければと思います。
できるだけご希望に沿えるようにいたします。

ていしあ様へ

2010年12月08日 19:57

コメント有難うございました。私のPCでは図1、3,7、10しか閲覧出来なかったもので・・・・。私のPCがオカシイのかも?です。

GT1300さん

2010年12月08日 22:35

ああ、そうでしたか。自分のPCで確認したら、全部見ることができたので。失礼しました。
ちなみに、私の環境はWindous XPでブラウザにはFire Foxを使用しています。
ダメならまたコメント下さい。最終手段は画像をメールでお送りします。

ていしあ様へ

2010年12月09日 22:09

ご面倒を掛け恐縮です。当方普段使用しているウインドウズ7&エクスプローラー8では見られませんでしたがもう1台あるPC(XP)のプラウザをFire Fox に置き換えてみましたら閲覧が可能と成りました。有難うございました。頑張ってみます!。

GT1300さん

2010年12月10日 21:34

それはよかったです。
しかし、Windows7とIE8の組み合わせで見られないとなると、ちょっと問題ですなぁ。
確かにIEで見ると調子が悪いという声を良く聞きます。しかし、何が悪いのかよくわかりません(汗。

ていしあ様へ

2010年12月12日 16:44

お世話になります。本日無事に交換が出来ました。有難うございます。まだ20,000kmですが結構汚れていましたね。社外品の安物ですが満足感有りです。が、走り出してみると体感的には良く分りません(笑)。

GT1300さん

2010年12月12日 20:37

交換できた良かったですね。少しは拙ブログも役に立ったようでほっとしております。
私は無精して8万kmくらいまで引っ張りました(汗。

エアフィルター

2011年02月28日 02:21

はじめまして!
ていしあさんのこの記事を参考に、どうにかエアフィルターの交換が出来ました。
ありがとうございます。

交換の過程で気になったのですが、もしご存知でしたらよろしくお願いいたします。

トルクスドライバーでネジを戻す時に気づいたのですが、カバー自体が反れてるというか、完全に密封するのではなく、若干ですが、浮いています。
カバー自体の端が若干反れているので、これが通常の状態なんだろうなと思いました。
カバーは固いプラスチックだし、しかも両端とも全く同様に反れていました。
ねじ止めもしっかりと綺麗に出来ましたし。

フィルターを入れないでねじ止めして確認してみれば良かったと思いますが、カバーの反れ具合からしてこれが通常だろうと判断したわけですが、ていしあさんは、交換の時にいかがでしたか?
もし覚えていらっしゃったら教えていただければと思い、コメントしました。

よろしくお願いいたします!

投稿にエラー表示が出ましたので再投稿致します。

ディオールさん

2011年03月01日 23:08

たいへん励みになるコメント、ありがとうございます。

さて、カバーの件ですが、私は特に何も感じませんでした。ネジで締め付けて密閉させるような感覚でしたので、特に「そり」があると認識しませんでした。次回、忘れなかったら(苦笑、注意しておきます。
折角コメントいただいたのに、ろくなご返事ができず、申し訳ありません。

了解です!

2011年03月02日 01:20

ありがとうございます。
今度バッテリー交換しますので、その時にでももう一度見てみます。
また何かあればよろしくお願いいたします!

ディーオルさん

2011年03月02日 23:25

距離だけは伸びましたので、人柱としてご利用下さい(笑。

はじめまして  参考にさせて頂きました

2013年03月31日 21:46

今回、エアーフィルターとプラグ交換を行うに際して本記事を参考にさせて頂き、作業前に30および25番トルクスレンチも事前に用意することができスムーズに作業を終えることができました。
当方は、BOSCHのフィルターとNGKのプレミアムRXをネットで購入し交換対応しました。
エアコンフィルター(ZAFFO)もネット発注済みで、入荷しましたら、また貴ブログを参考に作業させて頂きます。
色々と参考になる記事が多くとても助かります。 ありがとうございます。

アムムエイムさん

2013年04月01日 19:08

コメントありがとうございます。
拙ブログが少しでもお役に立てたようで、何よりです。
エアコンフィルターは、フィルターのBOXをきちんと閉めなかったため、ヒーターが利かない憂き目にあいました。
当初、フィルターのせいにしていた自分が恥ずかしいです(汗。