09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

阿武隈高地を駆け抜けろ(3)

2010年 08月04日 20:00 (水)

 K358の道ばたにある看板に興味を惹かれ、脇道へそれた。「森の茶屋EMI」とある。どう考えてもカフェなどなさそうだ。広くはない田舎道を奥へ入っていく。本当にこれであってるのか?と心配になった頃、再び看板が。あってるのは間違いない。

 看板に従って右の道を選択すると、すぐに同じ看板が見えた。どうやらここらしい。しかし、どう考えても、これは単なる農家の庭先である。確かに、庭の一角にカフェっぽい建物があり、これは農家の離れとは全く違う雰囲気である。たぶん、ここだろうと思ったものの、母屋からはおばあさんがこっちを見ているし、よっぽどそのまま帰ろうかと・・。

 でも、怒られることはないだろう(当たり前だ)と、SLKから降り立つと、件のおばあさんが、「××~(聞き取れない)、お客さんだよ!」と叫んだ。呼ばれて出てきた人、私と同年代かな?典型的な農家の主婦(EMIという名前なのだろうか・・)である。

 お店の中は店と言うより、小屋(汚いという意味ではない)である。氷水が出てきたが、それだけである。何を注文すればいいんだろうか?と途方に暮れていると、「どうしましょう?お茶ですか?食事にしますか?」と聞かれた。食事は何ができるか聞いたら、カレーだという。この時点で食事をする気は失せ、とりあえずアイスコーヒーを注文する。

 アイスコーヒーは予想通りの味(ご想像にお任せ)。そそくさと退散しようと目論んだが、どうもなんか食べさせたいらしい。
「カレーがイヤならパスタにでもしましょうか?」
「(そういうつもりじゃないんだけど)パスタは何パスタです?」
「食べたいの何でもいいですよ。」
「(何でも良いと言われても、
ジェノベーゼなんて言えないな)じゃ、塩味系で。」
「なら、魚介がいいですね。」
「(お、なかなかやるな)それお願いします。」

 こんな会話があり、イタリア風に言えばマーレビアンコを食べることになった。出てきたパスタは3人前はあろうかという量。さすがに多いですよ、と言ったのだが、大丈夫よ(何が大丈夫なんだろう)と、躱されてしまった。味の方は、ごく一般的な家庭でつくるものと同等であり、恐れていた事態にはならなくて良かった。しかしながら、3人前と格闘するものの、2/3ほど食べたところでダウン。

 自家製のバジルの葉っぱも出てきたので、もしかしたらジェノベーゼもいけたかもしれない。

 一緒にでてきたキュウリとトマトのサラダは流石に自家製の野菜らしく、絶品であった。女将さん(この表現があう)が完全に趣味で始めたお店で、お客との会話を楽しむのが目的のようだ。それなら、納得できるし、極めて安価で親切であった。お土産にキュウリとインゲンを持たされたし(翌日食べたら、とても美味しかった)。商売をするつもりはないことはわかった。でも、この野菜を生かすタイプのお店にしたら、結構流行るかも知れない。

 奇妙な満足感のままにお店をあとにする。女将さんがずっと見送ってくれたので、写真を撮るタイミングを逃してしまった。

 さて、もう一つのメインルートR349を南下する。こちらも基本的にはR399と同じである。運転のみに集中し、他のことは一切頭の中から消し去られた状態になっていて、ふと我に返るという経験をした。そう書くとちょっと危なそうだけれど、運転に集中していたのであり、決して注意を怠ったわけではない(と、信じている)。ランナーズハイならぬドライバーズハイとでも言うのであろうか。

 快走路もR118との交差点で終了し、そこからは交通量も増え、移動オービスなどにも遭遇したこともあり、日常へ連れ戻された。その後は、R461で海沿いに出て、常磐道で帰途についた。

 ところが、常磐道から北関東道へ分岐したあたりから、どうもエアコンの効きがが悪いことに気づいた。夕方とは言え、外気温計は35℃を指している。窓を開けてみると、熱風が吹き込んでくる。室内は蒸し風呂状態に近づきつつあり、熱中症寸前に。這々の体で壬生PAに逃げ込み、ビタミンウオーターで体を潤し、しばし休憩。30分くらい休憩すると、体は楽になり、どういうわけか、SLKのエアコンも復帰した。

 このエアコンの現象については、実は初めてではない。そして、必ずしも外気温が高い(低いときは使わないけど)からなる訳ではない。どうも、相当な長時間、エアコンを付けて走行をするとなるみたいだ。一度見てもらおうかな。

 と、最後はボロボロになりつつ、全行程約600kmを無事走りきり、大いに満足したのであった。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2010年08月05日 00:22

EMIと言っても、ビートルズFANお馴染みの「イーエムアイ」ではないですよね? 個人的には石和温泉にありそうなお店「エミ」の方が馴染みなので(笑)
3人前ということは「森の・・・・」と「盛り・・・・」をかけたのでは?? ツマラナイことばかり言ってスミマセン。

さすらい野郎さん

2010年08月05日 23:03

流石にビートルズではないでしょう(笑。
件の女将さんか、その娘さんの名前だろうと想像しています。
大穴で、縁側にいたおばあさんの名前かも?

エアコン不調について

2010年08月06日 08:25

毎回楽しく拝見させていただいております。
小生のR171も時々エアコンが不調の時があります(湿度の高いときに長時間エアコン使用すると)
R171は外気導入が優先されるようです、湿度が高いときにはエアコンのエバポレーターに水滴が多く付き且つ高速(回転を上げている)運転が続くとエバポレーターの水滴が凍りついて不調になるようです、風量は少なくなるとかは感じられませんか?
小生は湿度が高い時の高速走行(回転を上げている時)は時々内気循環にしております、内気循環モードはある程度時間経過後に自動的に外気導入になってしまいますが。ご参考になればと思いコメントいたします。
明日からは暦の上では”秋”ですがまだまだオープンには辛い季節です、ご自愛のいただきますように。

SATOSHIさん

2010年08月06日 22:04

貴重な情報ありがとうございます。
湿度が高い時の高速運転で、風量が減る、まさにその通りです。
エバポレーターが凍り付くのは何となく想像できましたが、なるほど納得です。
しばらく放置すれば元に戻るのも、凍り付いたエバポレーターが解凍されるからですね。
内気循環は原則使用していなかった(おっしゃるとおり、外気優先ですね)ですが、時々使うことにします。
大変助かりました。今後ともよろしくお願いします。