タイトル画像

紅茶の森

2010.08.23(19:58) 1079

 紅茶の専門店。これだけ聞くと、おしゃれな場所を想像するけれど、これがあるのは昭和の香りがプンプンする商店街(以前にもちょっと触れたと思う)。仕事の関係でちょっと生家に戻ったときに寄ってみた。


 商店街自体は、私が物心ついた時からかなり古びた感じで存在していたから、相当歴史があるし、かなり汚い古いお店も目立つ。でも、畳む店あれば新規の店もあるわけで、ここはもちろん後者。

 店内に入ると、塵一つないのはマスターの性格によるものだろう。昭和から一気に平成に飛ぶ感覚だ。ポットでゆっくり楽しむのが本来だろうけど、さすがに暑い中歩いてきたので、アイスのアールグレーを頂いた。

 いい加減なお店だと、ペットボトルに作り置きしたものが一瞬で出てくるが、ここは紅茶専門店、それも日本紅茶協会の認定店なので、そんなことはありえない。お湯の沸く音がして、その後、かなりの時間待たされたから、きちんと淹れたのに違いない。

 飲んでみるのが一番早い。マスターは良い意味で「オタク」っぽい人であり、紅茶にかける情熱が並大抵ではないことがわかる。10人も入れば満席となる小さなお店ではあるが、間違いなく固定ファンがいそうであった。そうそう、それだけ本格的なのに、決して高くない価格もいい。

 マスターとの話も面白そうだし、地元にいたならば間違いなく通うことになっただろう。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<山王林道(1) | ホームへ | バス通勤>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1079-eb95d656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)