FC2ブログ

タイトル画像

紀州GT(8)~シーサイドドライブ

2010.09.18(14:56) 1096

 シーサイドといえば、実質R42しかない。メイン街道であるため、交通量は多く、ドライビングプレジャーとしては、それほど高ランクではない。しかしながら、綺麗な海を見ながらのんびり、というのもそれなりに良いものである。

 潮岬へは行ったこともあるのでパスすることにし、今回は当時はなかった(はず)、くしもと大橋を見に行くことにした。手前には橋杭岩という、天然記念物もあり、南国らしくハイビスカスも植わっている。

 同じ半島ということもあるが、房総半島と雰囲気が似ているなぁと感じた。もっともひとたび内陸に入ると、圧倒的な大自然に紀伊半島は囲まれるのだが。


 くしもと大橋はループで高さを稼ぎ、一気に海峡を渡っている。この橋によって紀伊大島と串本が陸続きになっている。島の突端には金柑を使ったソフトクリームなどがあるようだが、とりたてて食べたくもなかったので、橋だけ見て、退散。

 串本の街中でお昼になったので、新鮮な魚が食べられるかな?と街中へSLKを繰り出した。偶然目に入ったお店がツーリングマップルにも出ていた(地魚が美味しいとあった)ので、そこへ入る。メインは魚屋で、ついでに食事も出しているという感じである。

 ここへ来て知ったのだが、串本は飛び魚の水揚げ量が多いらしい。普段あまりお目にかかれない飛び魚の刺身があるというので、丼にしてもらった。淡泊であるが、身がしっかりしていて実に美味しい。ただし、かかっていたタレがやや甘めであり、私の好みではなかった。普通の醤油で食べた方が好みなので、定食の方が良かったかな?と思ったりもした。

南国気分

でも暑い

海へダイブしそう

 串本からは内陸を走る道も数本あった。しかし、R42は思ったより快適であり、もう少し海を見るのもいいかなと思った。そこで、すさみ町の先までR42を走り、そこからK37で東進することにした。K211~R311~K198と快走区間を気分よく走り、酷道の誉れ高いR425へ。

 しかし、私が走った区間はR371との共用区間がほとんどであったし、ほんの少ししか走っていないので、酷道とは無縁であった。龍神温泉でR371から右折していくR425、ここを十津川温泉まで走れば酷道を堪能できただろう。

 今回は走行も短め、温泉につかってリフレッシュしよう。

本日の走行:286km、燃費:9.1km/L

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<紀州GT(9)~龍神温泉 | ホームへ | 紀州GT(7)~那智の滝>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1096-4ed89df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)