07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

西四国GT(1)~高知へ

2010年 11月04日 22:37 (木)

 10月30日のブログでお解りになっただろうか(いや、わかるはずがない)。今回は高知と愛媛を中心にしたGTである。もっとも、愛媛は仕事の会場であり、走りのメインは高知かな。

 四万十川四国カルスト石鎚山。これらがキーワードになるかな。高知県は遙か昔にフェリー+自転車で足を踏み入れて以来である。奇しくも高校の時の友人が今年、高知に転勤になったばかりであるので、初日は彼を表敬訪問しよう。

対岸の煙突が気になる

電車も走る

走りながら1

走りながら2

走りながら3

 10月も末になると、朝5時は真っ暗である。気温はそれほど低くはないが、台風の余波で、雨模様のスタートとなった。台風の進路から、東海地方は危ないと判断し、今回は北陸道まわりにした。渋滞は考えにくい代わりに、距離は長い。

 米原の直前、賤ヶ岳SAで給油。151円/Lって、今時メチャメチャ高い。でも、多分高速のSAってそれほど儲からないように思う。24時間やるのが原則だし。それが証拠に、最近ではSAのスタンドが軒並み閉鎖されているし、夜中は閉めるスタンドもある。おそらく、やり手がいないのだろう。儲かれば、そんなことはないはずだ。

 それにしても北陸道は長いなぁ。関西のあのお二人は、ここを毎回走るのか。すごい・・・。名神にはいると車が増え、気がつくと山陽自動車道を走っていた(笑。京都、大阪はあっという間に通過してしまう。山陽道では白のゴルフGTIのドライバーに遊んでもらったりして、楽しく走れた。左側を走っていた、クラウンに対するゴルフのドライバーの反応がただ者ではない、と感じた。そりゃ、クラウンはチェックするわな(よい子のドライバーには関係ありません)。

 四国へ渡るのに、今回は瀬戸大橋にした。橋の規模から考えると、この橋が一番立派だろう。天気が悪いので、今ひとつだったけれど、橋を渡っているときはオープンで走ることができた。

 天気も悪いし、もっとも時間的にも足らなかったので、祖谷渓酷道マニアの聖地である京柱峠はキャンセルし、高知のホテルへ直行することにした。高知まではちゃんと片側2車線の高速道路が完成していて、楽々である。

本日の走行:約900km? 燃費:未確認

Yahoo!ドライブ ブログパーツをお楽しみいただくには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります。
設定の方法はヘルプの「JavaScriptの設定方法」をご覧ください。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント