07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

4年目の点検

2010年 12月15日 20:59 (水)

 早いもので、SLKも納車から丸4年が経過しようとしている。走行距離は98000kmで、ほぼ10万kmに到達しようとしている。日本一とは言わないけれど、R171としてはかなり走行距離が多い方だと思う。法定点検であるし、定期メンテくらいはきちんとやらないと、機嫌を損ねられても困る。

 そんなわけで、点検のためヤナセに入庫した。今回の代車は見ての通りオペルヴィータ。そう、自社の取り扱い車種を代車によこしてくれればそれでいい。

 何の変哲もないコンパクトカー、それも8年前の車である。それにしては至る所にエアバッグが装備されていて、流石ドイツ車という感じである。ペラペラな感じの国産コンパクトカー(当時の)よりは明らかにしっかりとした造作である。でも、ボディは相当ヤレているのか、ギシギシという音がひっきりなしに聞こえ、自分の車だったら、気になってしょうがないだろう。

 肝心のSLKはエンジンオイルとエレメント、そしてATフルードも交換した。ATフルードについては、交換するか迷った。メカニックもそれほど強く交換を勧めたわけではなく、距離を乗るならどちらかと言えば交換した方が・・・という言い方であった。現時点ではSLKに乗り続ける予定なので、この際交換することにした。

 

 その他は特に問題となるようなこともなく、消耗品類も無交換(伝票上は)であった。基本的なところは12ヶ月点検の項目に含まれているのだろう。その点検費用は23940円。国産と比較すると少々高いか。ただ、オイル代がかなりかさんで、トータルではちょうど10万円になった。エンジンオイルがフィルター込みで約2万、ATフルードが36000円もした。10万kmだと、車自体を買い換える人もかなりいる。それを考えれば、そのくらいの出費はやむを得ないか。

 その他、ショックが若干オイル漏れしているのと、フロントのブレーキ(ローターも)が残り少ないという点を指摘された。これらはまとめてJ-Factoryの社長に後日相談することにしよう。 

スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント