FC2ブログ

タイトル画像

ユニクロのタイヤ?

2010.12.27(19:00) 1179

 昨日の続き。

 別にユニクロがタイヤを作っているわけではない。激安タイヤとして注目されている?アジアンタイヤを履かせることにしたのだ。正直、イメージはあまり良くない。アジア諸国で作られた洋服は平気で着るくせに、タイヤとなると何故か躊躇する。しかしその一方で、それほど悪い評価も聞かない。実際、どんなものだろう?という興味もある。でも、やはり一番の理由はその価格である。

 スタッドレスタイヤでは最高の評価を得ているBSのブリザックだと、7万近い出費になるのに対し、その半額である。500円の品物が250円になるのとはわけが違う。


 

 銘柄はいろいろ調べた結果、日本での販売実績も長いナンカンのSN-1にした。台湾のタイヤメーカーで、確か一部の低価格日本車に純正指定されていたような気もするが、定かではない。さて、銘柄は決まった。しかし、このタイヤって一体どこで売っているのだろう。もちろん、ネット通販では入手できる。が、すぐに取り付けたいとなると、タイヤショップか大手カーショップへ行くしかない。

 タイヤショップってメーカーの系列になっていることが多く、日本メーカーには脅威であるアジアンタイヤを扱うところは、そのせいか、あまり無さそうだ。それでも、取扱店を見つけ、電話してみると在庫はあるらしい。即取り付け可であるという。前橋の南東部に最近オープンした、巨大ショッピングモール内にあるタイヤ市場というお店へGO。

 古タイヤの処分費やら組み換え工賃やら込みで、32800円。195/65/15サイズで、この値段だと激安だろう。本当なら日本メーカーを応援するために、国産タイヤを買うべきだろう。だが、この値段には負けてしまった(汗。とりあえず、交換後走ってみると、当然のことながらちゃんと走る。今まで、ゴムがカチカチに硬化したスタッドレスから新品にしたせいか、路面にベトっとくっつくような感覚だった。すぐに慣れたけど、燃費は若干落ちるかも知れない。

 タイヤショップで働いている人は、全員20代に見えた。新しい店だから若いのか、あるいはもっと別の理由があるのか。彼らは10年後どうなっているのだろう?などと、余計なことまで考えてしまった。そんなことを思いはするのだけれども、激安タイヤを買ってしまった私は、結局、自分の懐具合が重要なんだよなぁ(滝汗。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2010年12月まとめ | ホームへ | タイヤ破損>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1179-2cfe826c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)