FC2ブログ

タイトル画像

関東クルーズオフ~2011/1房総(3)

2011.01.27(19:57) 1191

 九十九谷で景色を堪能した後に、君津ICすぐそばのレストランへ。レストランの名前はうっかり失念してしまった。イメージ的には高級な道の駅のような感じ。物産館はもちろん、足湯まで完備されている。

 レストランは和食処と回転寿司の2種類がある。我々は和食処へ。迷った末に鯵のたたき丼にしたけれど、金目鯛を使ったメニューも美味しそうだった。


君津PAにて

10台ギリギリ入りきった


 次は鋸山へ向かう。君津ICから高速に入り、すぐのPAで再度トイレ休憩をし、隊列を整えて再スタート。関東の人間だから鋸山の名前はよく知っているが、登ったのはおそらく今回が初めてだろう。何となく、有名な観光地には足が遠のいている。ここの有料道路は往復1000円。ロープウエイが往復900円(駐車場無料)という微妙な設定になっている。

 山全体がお寺の持ち物で、道路も私道であるらしい。そうした豆知識を仕入れられるのもこのオフ会の楽しみである。幹事のいさぁさん、細かいところまで実に気配りが為されている。到底、私には真似できない。

オーバーハング

切り立つ崖

海と道路のコントラスト

急勾配

海へ落ちそう


 別料金600円也を支払い、お寺の拝観(名目はそうなっているが、大半の人は地獄覗きを見て引き返し、参拝はしていないようだ。もちろん、我々とて例外ではない。)をする。息が切れる程度の階段を上り、目的の地獄覗きに。たしかに、断崖から突き出ている展望台は、眺望がよいのはもちろん、同時に恐怖も感じる。確かに地獄覗きという名前も納得できる。

 ここで、3台が離脱して残りは最終目的地の養老渓谷へと向かう。鋸山有料道路は下りが面白い。面白いのは運転ではなく、景色である。海へダイブしそうなくらいの急勾配&カーブである。登りは山ばかり見えていたのに、対照的である。その後はかなりの距離をごりやくの湯まで移動した。早朝出発の余波が出たのか、かなり眠くなってしまい、温泉には入らずに退散することにした。

 今回は、帰りがつらいと見込んで、茂原に宿を取って正解だった。ちょっと家までは持ちこたえられなかっただろう。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<関東クルーズオフ~2011/1房総(4) | ホームへ | 関東クルーズオフ~2011/1房総(2)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1191-c797d01d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)