FC2ブログ

タイトル画像

風評被害

2011.04.15(22:26) 1239

 最近盛んに使われている言葉。それまでにも幾度となく使われてきたが、所沢市のダイオキシン騒ぎでメジャーデビュー(私の中では)した。風評それ自体の意味は辞書を引いてもらうことにして、「風評被害」とは根も葉もない噂により、そのとばっちりを受け(主として物が売れなくなる)ることと理解している。

 最近ではもちろん放射性物質による(主に食品)汚染によって、ある特定の産地の品物が売れなくなっていることを言っている。しかし少し考えてみると、これって本当に風評被害?という疑問が出てくる。


 産地XのYという食品中の放射性物質が規制値を超えた、そして出荷停止。これは風評被害ではないことは明白。その後、Y中の放射性物質が規制値以下になった(仮に半分としよう)。ならば、これらは大手を振って出荷できる。ただし、これが売れない←風評被害。こんな構図だろう。

 しかしよくよく考えてみると、規制値以下とは言え、通常は含まれていない放射性物質が入っていることには変わりはない。放射性物質は避けられればそれに越したことはないわけだから、残念ながらこれらの商品は「法的」には問題なくとも、市場価値は極めて低い。これを、これまでの値段で売るのは、市場原理からしても無理ではないだろうか?

 別の言い方をしよう。AとBの皿に見た目は全く同じケーキが並んでいるとしよう。Aの皿は全て見た目通りのケーキだが、Bには一部ハバネロがしこたま混入している。それを明記して、同じ値段で売っていたとしたらどちらが売れるだろうか?ハバネロ入りケーキが食べたいという、珍しい人はそうそういないだろうから、Aが売れるはずだ。でも、もしBが半額だったら、Bを買って勝負に出る人も出てくるかも知れない。

 だから、今の状態は風評被害ではなく、商品価値が落ちてしまったと考えるのが正しいと思うし、その差額は補償されてしかるべきだと思う。もちろん、被害にあった生産者を助けるという意味で、あえてそれらの商品を買うというのは、ありだと思うけれど、これは風評に惑わされないというのとは別だろう。

 全てが元通りになるのは、私が生きているうちには無理だろうが、あの地域の第一次産業が活力を取り戻せるよう、1日も早く事態の終息を望む。 

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<KURAN PAIN | ホームへ | リアパッド交換>>
コメント
まったく同意見でございます 某総理に言いたい きゅうりやいちごを食べてる場合じゃないと
【2011/04/16 10:55】 | スカル #mQop/nM. | [edit]
お久しぶりです。
カイワレの時とは意味も状況も全く異なっていると思います。
パフォーマンスではなく、確かな情報が必要ですね。
【2011/04/16 14:25】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1239-0f18dea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)