09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

関クル群馬オフ(2)

2011年 05月24日 20:20 (火)

 昼食会場は川場村にある誉国光という造り酒屋。観光バスも数台乗り入れており、お客が絶えない状態だった。ワイナリーで食事というパターンは何度も経験しているけど、造り酒屋で食事というのも「和」のテイストとしてはありか。ただ、「和」を追求すると、かなり料理は凝らなければならない(決して洋をなめているわけではないのだが)。そうするとお手軽というわけにはいかないだろう。

 そこでは大吟醸入りのソフトクリームを販売していた。ものは試しとばかり食してみたところ、さっぱりしていてなかなかいける。お酒の香りがほのかにしていたけれど、気になるほどじゃない。

 空からは相変わらず雨が落ちていて、テンションも上がらないし、写真も思うように撮ることができない。しかし、川場から月夜野へ抜ける望郷ラインは珍しくPカーがいなくてそれなりに楽しむことができた。望郷ラインについては以前のブログで紹介したので省略。今回はその時とは逆方向に走っている。

 赤根峠を越え、高山村経由で中之条へ。そこからはR145を長野原へ向かって延々と走る。ここは完全に消化区間なのだが、R145は単調かつペースが遅いので嫌いである。今回も例に漏れず、拷問状態であった。BPが一部完成しているので、これを走れば多少はましかもしれない。たぶん、大所帯のツーリングでなければ、中之条から吾妻川の反対側に渡り、R406の須賀尾峠経由のコースになっていたと思われる。

 浅間酒造(またお酒かい!)(笑)のドライブインでトイレ休憩をして、いよいよ最終目的地である鬼押し出しへと向かう。私はちょっとズルをして国道をきちんを走った皆さんよりショートカットして、待ち合わせポイントに先回り。たかQさんの「キャノンボール」という言葉がチラッと頭をかすめたんで(汗。

 この頃になると天候は回復に向かい、浅間山がその姿を現した。鬼押し出しの駐車場はその浅間の真下。最後は記念写真をバッチリ撮影でき、終わりよければ全て良しという典型だった。ここも雨だったらと思うと・・・。

 解散後はほとんど先行車のない二度上峠経由で帰途についたのであった。

スポンサーサイト

テーマ : オフ会
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント