09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

関東クルーズ箱根オフ(2)

2011年 06月06日 20:10 (月)

 丹沢湖から下り、R246を走る頃には日射しが強く、かなり暑くなってきた。それでも風は比較的爽やかであり、窓を全開にするとかなり気持ちが良い(それでも暑いことは確か)。

 片側2車線のR246は交通量も信号も多い。そんな悪条件の中、10台は隊列を乱すことなく予定ルートをトレースする。幹事で先導のいさぁさんの技量はもちろんのこと、皆さん隊列で走り慣れていらっしゃる。

 裾野市でR246とお別れし、三島方面へ向かう。この道は交通量も少なく、適度なワインディングになっており、楽しめる。ただ、決して攻めるような走りをする道ではない。

 12時少し前にお店に到着。予約していなかった(たぶん)けど、12名まとまって入ることができた。10分後には並んでいる人もいたくらいだから、非常にタイミングがよかったようだ。お店の名前は姫沙羅。なるほど、店名の由来と思われる立派な姫沙羅の木があった。拙宅の庭にも植わっているけど、さすがにこちらのお店の方が大きい。

 鰻を食べようと考えていたけど、メニューに鯵のたたきを発見し、予定変更。この時期なら鯵は旬だろう。店主自ら沼津から仕入れると書いてあっただけのことはあり、美味い鯵のたたきを食べさせてくれた。

 食事のあとは熱函道路経由で十国峠へ。折角のワインディングだったけど、T社のデカイミニバンに進路を塞がれ、泣く泣くの走行。十国峠レストハウスの駐車場もまだかなり余裕があり、ご覧の通りの集合写真が余裕で撮影できた。意外に観光客が少ないな。

 ここからは芦ノ湖スカイライン長尾峠と種類の違う箱根らしさを味わえる道を走る。奇跡的に前がオールクリアになることがあり、待ってましたとばかりに、前を行くいさぁさんのBMW135が快音を響かせ加速する。遅れてはならずと必死に食らいついて走る。いやぁ実に楽しい。芦ノ湖スカイラインの高速コーナーと長尾峠のトリッキーなコーナー。ここをマイペースで走れて、それまでのフラストレーションは雲散霧消した。

 楽しいドライビングを堪能したあとは、〆のスイーツ処へ。

スポンサーサイト

テーマ : オフ会
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント