FC2ブログ

タイトル画像

函館・下北GT2011年7月(11)

2011.08.01(22:27) 1306

 さて、きょうは帰るだけ。台風が接近しており、南下すればするほど雨の影響がありそうだ。震災で路面が悪く、トラックの走行が極めて多い東北道を大雨の中走るのはどう考えても避けたいところ。ならば新潟回りで帰るしかない。

 走れるだけ走り、力尽きたらどこかに泊まろうという極めていい加減な計画にした(無計画とも言う)。フェリーの出航まで余裕があったので、昼ご飯の調達のため函館駅に寄ってみた。美味しそうな駅弁を期待したのだけど、北海道初日に食べた道の駅の弁当の方が数倍良さそうだったので、購入意欲ゼロ。

 しばらく港で釣りをしている人たちをぼーっと見て過ごす。風がとても心地よい。


 函館港は大間港と違って都会だ(笑。チェックインもドライブスルー形式になっている。これによってフェリーターミナルのビルには行く必要がない。味気ないと言えばそのとおりだけど、いろいろ書類を書くことなく簡単にフェリーに乗れるのは良いことだ。もっとも大間でも書類を書かされることはないのだが。

 

 出港の時刻になると急に濃霧に覆われ、視界が非常に悪くなった。またしても、カモメの餌キャッチを見るしかない(笑。ただ、晴れていて行きほど寒くはないのでそれが幸いだった。それでも風は強く、長袖の上着がないとデッキにはいられない程だった。

 大間港に上陸し、ほとんどの車がR279に向かっているのを尻目にR338へSLKのノーズを向けた。未踏の地である下北半島西部を走破するためだ。見所としては仏ヶ浦がある。国道沿いに展望台なるものがあった。しかしここからではよくわからず、海岸まで降りて船に乗らないと、仏ヶ浦を堪能することはできないと思われる。あまり時間もなかったこともあって、下まで降りることはしなかった。

 

 それにしてもR338は半島の東部、南部、西部で表情が違う。特に西部は豪快とも言える山岳ワインディングであり、直線基調の東部とは全く異なる。共通しているのは全て人があまりいないところを走る。むつ市内はさすがに信号が多くなるけど、たかが知れている。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<函館・下北GT2011年7月(12) | ホームへ | 2011年7月まとめ>>
コメント
以前の九州GTも驚きましたが、今回も随分近くまで来られていたんですね。
あと2時間走って札幌まで来られれば良いのに。。。
少し前に道南旅行に行った時のコースと微妙にかぶっていて、懐かしかったです。

でも・・・当方の記事はB級系ばかりで申し訳なかったです。もう少し参考にでもなれば
良かったのですが・・・
【2011/08/03 22:59】 | フクちゃん #- | [edit]
コメントお待ちしておりました(笑。
今回は日程にタイトで函館付近だけでしたが、是非とも次回は足を伸ばしたいです。
行く前に、フクちゃんさんのブログをチェックしたのは言うまでもありません。
面白そうな場所があれば、是非に紹介してくださいね(B級も大歓迎です)。
【2011/08/04 18:24】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1306-90df19f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)