タイトル画像

2011年晩夏長崎GT(2)

2011.09.20(20:25) 1336

 昨夜の会議は、ちゃんぽん発祥の店と言われている四海樓で行われた。なので、ちゃんぽん皿うどんも長崎到着早々に食べることができた。このお店、かなりの人気店らしく、いつも満席だという。確かに、別の日に観光でグラバー園付近を散策したときに見てみると、満席の看板が出ていた。 


 

ただ、ちゃんぽんも皿うどんも1回の旅行で1食、食べればいいやと思った。決して嫌いではないし、美味しいと思っているのだけど、何というのだろうか、ありがたみをあまり感じないのだ。おそらくは、難しいことを言わなければ、家でも作って食べられそうと思ってしまうからだろう。賄い料理がルーツらしいというのも納得できる。

 長崎は地図を見てもわかるように、明らかな水産県である。だから、私にとっては新鮮な海の幸を堪能した方がいい。いわゆる練り製品は良質な物が安価で手に入る。スーパーで買って(あまだいのフライまでついていた。名物なのかな?)ホテルで食べたら美味しかった。しかも激安・・・。

 最近のスタイルとして、近くのスーパーで惣菜を買いあさってホテルの部屋で食べるということも多い。お酒が飲めないので、一人だと居酒屋には行きにくいし、なかなか食事だけをする適当なお店が見つからないこともある。ビジネスホテルの部屋では味気ないかもしれないけど、気楽でいいので意外に気に入っている。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2011年晩夏長崎GT(3) | ホームへ | 2011年晩夏長崎GT(1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1336-726a4a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)