07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

2011年晩夏長崎GT(9)

2011年 09月28日 20:46 (水)

 鎮西町(現唐津市)、玄海町を通過し、鷹島を目指す。この辺りは全て唐津市に合併したようだが、玄海町だけはそのまま。理由は言わずもがなである。

 鷹島は去年だか一昨年だかに鷹島肥前大橋が完成して、車で簡単にアクセスできるようになったようだ。この橋は日比水道に架かっていて、これが佐賀-長崎県境になっている。だから、鷹島は長崎県松浦市である。

 橋で便利になった一方、逆にフェリーは大打撃だろう。フェリー乗り場に行ってみたけど、営業しているのかどうか定かではなかった。島の北端にはモンゴル村なる施設があった。単なるレジャー施設ではなさそうで、まじめにモンゴルとの国際交流を図っているような印象を受けたが、あまり興味は湧かずに中に入ることはしなかった。鷹島から戻り、R204には入らず、右折してK218へ。いろは島を見ようという目論見だ。

 

 ここはある旅系ブログで絶賛されている場所なので、どんなものか見たかったのだ。いろいろ細い道に入ったりして、良い景色の場所を探す。展望台は定番ではあるけど、確かに絶景である。ただ、朝は快晴だったのに、雲が増えてきて海の色が今ひとつなのが残念だった。福島にも渡って景色の続きをと思ったけど、雷は鳴るし、海の色も冴えなかったので、適当に島内を走るだけで終わってしまった。

いろは島

展望所途中

福島土谷棚田

棚田とSLK

 ちょうど良い時刻に宿泊先の伊万里グランドホテルに到着。私は基本的に湯船につかるのが好きで、いわゆるビジネスホテルはシャワー主体になるので、今ひとつというのが正直なところだ。他に優先すべき事項があればやむを得ないが、できればビジネスホテルでも大浴場が欲しい。このホテルはそうした基準から雲仙から予約したホテル。総合的に見て、かなり満足できるホテルだった。

 昼ご飯で少々贅沢をしたこともあり、例によってスーパーの晩ご飯(笑。地元のスーパーでお総菜のおつとめ品を買うなど、生活感丸出しである。お風呂にゆっくり入り、さて明日はどうしようかと思案する。とりあえず、今回の旅で想定した場所にはほぼ全て行くことができた。天気が良ければ明日もいろは島周辺を巡っても良いかと、あまり考えずに寝ることにした。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント