09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

栗と食器を求めて

2011年 10月16日 09:14 (日)

 先日、妻が笠間方面へ行き、栗のパンフレットをもらってきた。笠間(岩間)は言わずと知れた栗の名産地。加えて笠間焼のなかなか良い茶碗があったとのこと。そう言えば、この近辺は以前にストマックの会場にもなっていたはず。しばらくぶりに笠間へ出かけ、食器を見て(陶芸品の鑑賞という高尚なものではない)栗を食してくるのもいいか。

 予定していた日は雨の予報。予報はしっかりと当たり、朝から雨が降っていた。そんな天候では出かけるテンションも下がり気味。しかし、逆にこんな天気だから混雑が少ないかなと予定通り出発。ただし、オープンにはできないことは明らかだったので、ステップワゴンを出動させた。運転を楽しむ状況でもないし。

 北関東道が全線開通したので、笠間までは高速でひとっ走りの感覚だ。伊勢崎ICからIN。東北へ向かうのだろう、トラックがかなり多い。北関東道はやはり東北道と接続したのがかなり大きい。利便性が大幅に上がったようだ。

 友部ICで高速を降りれば、笠間はすぐである。とりあえずは芸術の森へ。以前訪れたときに公園の目立つところにあった登り窯は相変わらず健在・・・ではなかった。よく見ると、窯の半分が無くなっている。あの大震災によって被害を受けたようだ。

 急須と魚料理を載せる皿を探していたのだけど、皿はこれだという物がない。急須には良いものがあった。でも、残念ながら完全に予算オーバー。日用品として酷使されることになるので、あまり高価なものはちょっと手に負えない。皿に関しても、洗い物という立場で見ると、あまり芸術性が高いとこれまた使い切れなそうだ。だったら百均で買えとの声も聞こえてきそうだ。でも、それもちょっと悲しいではないか。残念ながら陶芸品に関しては収穫なし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2011年10月17日 15:57

今回の震災では、笠間や益子では相当の被害が
出たようですね。それにしても笠間は栗だったのですね。
いつも益子ですが、今度は笠間に行ってみようかと!!

ラフマニノフさん

2011年10月17日 21:02

小布施のようなブランドイメージはありませんけど、
それが逆にいい方向へ作用していると感じます。
静かに栗を楽しむなら、笠間はオススメです。