09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

カーナビ取り付け

2011年 10月18日 21:57 (火)

 前回報告した、購入してみたエアナビT99であるが、取り付けをどうするか少々悩んだ。標準で付いてくる吸盤では峠道に耐えられないのでは?という不安があるのに加え、もろにダッシュボード上に置くと、視界が悪すぎるのでNG。パークロトニックのインジケータも隠れてしまう。

 そうなるとエアコンの吹き出し口に取り付けるしかないか・・・と、いろいろネット上を捜していたら、なかなか優れものと思われる取り付けアームを発見。これなら何とかなるだろうと、すぐさま購入した。

 アームにナビの取り付けは、底面のカメラネジか背面の取り付け溝を利用する。T99の場合、両方可能かと思いきや、背面の取り付け溝は取り付け金具の厚みのせいで利用不可。底面のカメラネジにて固定した。アームはダッシュボードへ両面テープかネジ止めする。SLKはダッシュボードが複雑に波打っていて、固定するスペースがなかなか確保できない。

 仕方ないので、一等地にある金属のネット上に貼り付けることにした。この下って、スピーカー?それともエアコンの吹き出し口?よくわからないけど、まあ大丈夫でしょう。このネットはおそらくここだけで交換可能のような気がするので、ネジ止めしてしまっても良いと思ったが、とりあえず接着だけにしておいた。まあ、車の寿命まで外すことはないだろう。

 アームだけ取り付けるとこんな感じ。この状態だとドリンクホルダーは使用できるけど、ナビを装着すると使用不可になる。私はドリンクホルダーは滅多に使用しないので、あまり問題はない。両立しようとすると、根本的に考え直す必要があると思う。ガチャガチャ位置決めをしていたら、ドリンクホルダーの一部に傷がついてしまった。まあ、気にするほどのことでもない。

 あとは、エアコンの吹き出し口を塞ぐ形になっているので、暑いときに冷風が来ない可能性もある。来夏に大きな支障が現れたら、その時改めて考えることにしよう。

 ナビを取り付けて運転席から見るとこうなる。右下の隅がステアリングに隠れている。支障はないけど、もう少しアームを助手席側にずらした方が良かったかも。晴れている日にオープンで走って視認性を確認したところ、合格ライン。ただし、音声案内は聞こえずらい。音楽など聴いていると、何か言っているのがわかる程度で、内容は不明だ。無論、クローズ状態で音楽もかけなければ、全く問題はない。

 アームの剛性はそこそこあるけど、さすがに7インチは大きくて重たいので、きちんとインストールされているナビと比較すると、ナビ本体の揺れ(振動)は避けられない。路面が悪いと、小刻みに振動して、画面を注視するとかなり気になる。しかし、そもそも運転中に画面を注視するのはまずいので、実際には問題ないレベルと思われる。

 総合的に判断して、取り付けは何とか合格ラインをクリアしただろう。ただ、私の使い方はGTをはじめとするツーリングに出かけるときが主だから、普段は取り外している。いつもナビを頻繁に使用する人は、ポータブルであっても、プロにきちんと付けてもらう方が良いと思う。T99それ自体の善し悪しについては、何度かツーリングで使用してから報告したい。  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント