タイトル画像

猿橋

2011.10.30(20:22) 1361

 私は何度か見たことのある猿橋。でも、それはかなり遠い昔のこと。久々に見るのも悪くない。駐車スペースにSLKを止めて猿橋へ。もう記憶は遙か彼方になっているけど、何だか新しくなったような気がする。単なる気のせいかも?

 今でこそ観光資源であるが、「橋」としての機能は当然あるし、求められているので、定期的なメンテナンスは欠かせないはず。その一環として橋が新しくなるのも仕方ない。


 日本三奇橋の一つに数えられているけれど、その規模では錦帯橋に遠く及ばないし、限りなく日常的な場所の近くにあるため、かずら橋ほどの迫力はない。しかし、吊り橋でないのに橋脚がないこの工法は一見の価値はあると思う。なるほど、こんな方法があるのかと思う。

 猿橋全体を仰視できる場所があるのだけど、先月の台風による大雨により一部が崩落したらしく、立ち入り禁止になっていた。この橋は桂川に架かっていて、橋の架かっている部分とそのすぐ上流では川の様子が全く違うという点が興味深い。僅か数十メートルしか違わないのに。

 

 遊歩道を下っていくと、河岸の切り立った様子がわかる。ここの崖など幾度が崩落をしているのだろう。木の根っこが露出していて、懸命にしがみついているようだ。写真で見るとたいした高さには見えないけど、実際はそこそこの高さで迫力はある。

 猿橋を久々に見て、再びR20を甲府方面へ走り、笹子峠を目指す。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2011年10月まとめ | ホームへ | 紅葉再び?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1361-00c98ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)