09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

九州南部GT(1)

2011年 11月13日 10:11 (日)

 今年は九州に縁があるようで、大分に行くことになった。前回の長崎GTは日程を大幅に縮小して、もはやGTとは呼べない状況であった。そこで今回は万難を排して、準備を整えた。飛び込みの仕事が入るのはお約束であるが、今回は即処置&先送りのコンボ攻撃で、半ば強引に休みを確保した。

 沖縄を除くとSLKで踏み入れていないのは宮崎県鹿児島県のみ(ひょっとしたら鳥取県もかも)。なので、熊本から入って、鹿児島、宮崎と回り、大分をゴールとするコースを組んだ。テーマは温泉(走りは当然)にして、なるべく温泉宿に宿泊(それも一泊二食付で1万円前後の安価な宿)するようにした。さて、どんなGTになるのだろうか。

 目的地に夕方にはチェックインしたいので、前回の経験からその日の2時に出発するのが良さそうだ。文化の日の丑三つ時、SLKに乗り込み出発。何も考えずに高速に乗ったのは過去の話。あの手この手で、多少なりとも節約すべく、高崎ICで乗って、佐久南ICで一旦降り、和田峠を超えて岡谷ICから再び高速というルートにした。ナビによると、高速でそのまま走るのと時間的には変わらないみたいだ。推奨ルートも佐久南ICで降りろとの指示である。

 貸切状態の中部横断道を走り、これまたがらがらのR142をマイペースで行く。トラックのルートになっているのでは?という危惧は、しばらく走ると的中したけど、何台かパスすることもできて、それほど苦にならずに走れた。和田峠は有料のトンネルを通らずに旧道を走ってみた。それほど骨が折れる峠ではなく、そのせいか、交通量は皆無ということはなかった。皆さん考えることは同じだ。ここを夜間走ると、鹿に遭遇するという情報がネット上に何件かあり、果たして私も数頭の鹿に遭遇した。こいつにぶつけると、無論鹿も大変だが、車のダメージも相当なものなので、慎重にならざるを得ない。幸い、こちらに向かってくるような無鉄砲な鹿はおらず、無事に峠を通過した。

 峠の諏訪側はバイパスが整備されていて、岡谷ICまでは快適に走れた。ここまで約二時間。高速だと松本までがそのくらいだから、順調に走れれば、高速を使うより早そうだ。ここからは延々、高速道路の旅。11月にもなると日の出は遅く、明るくなる頃には愛知県を抜けていた。前回より一つ先の大津SAで朝食休憩をしたのだが、ここは狭くて休憩には不向きだ。でも、京都と大阪にはまともなSAがないので、ここを逃すと西宮まで行くハメになる。

 紅葉シーズンの休日のためか、宝塚トンネルは渋滞していた。そのまま行った方が早いのか、ナビは特に指示しなかった。でも、渋滞回避がちゃんと働いていたのかは謎。7kmの渋滞だったけど、止まってしまうようなことはなく通過。だから、ナビは無反応だったのか。山陽道との分岐では迷わず中国道へ。

 燃料警告灯が黄色く光ったので、勝央SAで給油。なかなかの高燃費を叩き出している。最近は、東名などのドル箱路線以外は、必ずしも全てのSAにガソリンスタンドはないから、ギリギリまで粘ると、ガス欠の憂き目に遭う可能性がある。運転手にも燃料を入れようと、いくつかのSAを覗いてみたけど、ん~ダメだ。結局、壇ノ浦PAまで引っ張ってしまった。ここのレストランは嘘のように混んでいた(内容は普通だけどね)。このPAは庭もベンチもあったから、例によって何か買って外で食べても良かった。

 九州に入ると、目的地は残り150km程度。ひとっ走りの距離である。南関ICで高速を降りて、ナビの指示に従う。道に迷うことなく本日の宿、平山温泉善屋に到着。宿の人によると、この温泉地は少々わかりにくいらしい。でも県道沿いだし、ナビが無くてもすぐわかると思うけどなぁ。

 平山温泉はかなり古くからある温泉と聞いていたので、どちらかというとひなびた温泉地を想像していた。しかし、温泉街は(たぶん)存在せず、田畑が広がる中にいきなり温泉が湧いているという印象を持った。九州は湯布院もそうだが、泉源があちこちにあり、そこに宿が点在して温泉地を形成している場所が多いような気がする。

 この宿は宿泊施設付き日帰り温泉で、極めて今風、想像とはだいぶ違った。とはいっても部屋は和室+ツインベッドという豪華版。食事も通常の温泉旅館並みにちゃんとしている。風呂はもちろん掛け流しであり、不満はない。ただ、日帰り客と宿泊客の差別化がなく、宿泊客とすれば面白くない点が残念であった。混雑はしていないので、問題はないけどね。

本日の走行:1207km 燃費:12.2km/L

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2011年11月13日 21:18

>迷わず中国道へ
ですよね~山陽道よりも中国道の方が楽しいもんね。
居眠り防止にもなるし。
燃料は余計に必要だけど。(笑)

シバタクさん

2011年11月13日 21:28

中国道派と山陽道派に分かれるみたいですね。
走りは断然中国道ですけど、SAの充実度が違いすぎなのが玉に瑕。
帰りは山陽道にしてみました。

お~、始まりましたね♪

2011年11月13日 21:36

九州GT、始まりましたね!
北海道に引き続き、二度目の九州GT、行動力に脱帽です。
連載、楽しみにしています♪

hide@E93さん

2011年11月13日 22:27

今回は約4500kmの行程でした。距離も長けりゃ、レポートも長い(笑。
暇つぶしにどうぞ。