09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

九州南部GT(6)

2011年 11月18日 21:47 (金)

 朝5:30に目覚めた。一風呂浴びようと温泉へ。この時間なのに結構お客がいた。みんな朝早い。7時の朝食開始時刻にはロビーにかなりの人だかりが。最初、みんな何をしているんだろうと思ったら、全員が朝食待ちだった。開始と同時に行列が。こんなことなら、少しずらせばよかった。

 ほどほどに腹に詰め込み、出発。青空が見えている。出発早々オープンができるとは儲けもの。でも、その後は雨が降ったりやんだりで、オープン⇔クローズと忙しかった。目的地は東霧島、極楽温泉である。が、反対方向にある佐多岬も攻略しようという、欲張ったルートである。

 K238で快適なシーサイドドライブのあとは、K247池田湖へ登る。関東にはほとんど聞こえてこない(イッシーくらいかな)湖だけど、かなり大きい。池田湖の北端からK17へ。本日のメインイベントがいきなり来た。残念なことに霧のため眺望は全く利かなかった。その代わり走りでは存分に楽しませてもらった。K17の南側は広い2車線。直線と高速コーナーの組み合わせが実に楽しいドライビングを演出してくれる。朝のせいか、他の車に出会うこともほとんどなく、堪能させてもらった。

 頴娃からは有料区間になる。しかし、道路自体は圧倒的に無料区間がいい。有料の割には路面が悪く、道幅も狭い。中~低速コーナーが連続して、SLKでは少々きつい。でも例えばロータスなどのコーナーリングマシーンなら、こちらの方が楽しめるかも。鹿児島市内をパスできるのは有難いけど、全線通して約1000円の通行料はちょっと高い。指宿スカイライン、私は爽快感で無料区間に軍配を上げたい。

 そのまま九州自動車道~東九州道を走る。国分ICで高速を降りて、R220で南下を始める。しかし、海沿いの国道は流れが悪い法則(どんな法則だ!?)の通り、超スローペースの車に捕まった。耐え切れず、K478R504へ。K478も開聞岳が望めるほど眺めがいいはずなのだけど、視程が悪くてダメ。

 R504は地図上で見るとなかなか面白そうだが、実際には普通の生活道路っぽくて、わざわざ走る価値まではない。鹿屋市街地手前でK553に入るまでは、ダラダラと走った。K553はこれでもかという程のストレートが続く。この辺一帯が畑であり、碁盤の目のように道路が走っている。これだけのストレートは北海道ぐらいしか思い浮かばないけど、北海道なら畑以外は何も無いだろう。ここはストレートなんだけど、沿道には建物が建っていたり、木が茂っていたりするので、開放感はあまりない。

 鹿屋市街を超えて、K68で南下する。これがとてもいい道。交通量が少なく、マイペースで走れる。また、センターラインが黄色くないのも大きなポイント。このまま南下してもいいかと思ったけど、肝属広域農道へ右折。曲がった甲斐があった。直線、高速コーナー、タイトコーナーと何でもあれの素晴らしい道だ。しかも交通量は極少。こんな道が10km以上続いていいのだろうか。思い切り楽しませてもらった。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2011年11月18日 22:24

一般道を存分に楽しまれていますね。
南九州の一般道は交通量も本当に少なくて僕も好きです。
それにしても朝食の待ち行列とは!
寝坊助の僕には出来そうもありません。(笑)

シバタクさん

2011年11月19日 16:53

マイナーな?一般道は、本当にいいですね。
関東だと、ここまで交通量は少なくないので、ホント楽しめました。

朝食待ち行列は最初だけで、少し朝寝坊すれば余裕です(笑。