FC2ブログ

タイトル画像

九州南部GT(17)

2011.12.04(09:22) 1385

 お昼には若干早かったので、半島の突端にある関埼灯台まで行くことにした。このK635がとんでもない道だった。ガードレールも何もなく、すぐ下が海。しかも離合不能ときている。実際、対向車がやってきてバックしたり、してもらったりだった。

 こんな区間はごくわずかなのだけど、波をもろにかぶる状況で、写真でも路面が濡れているのがわかると思う。インパクトは抜群の道だった。北半分はまあ、普通の道といっても良い状況だったので、灯台へ行くなら、北から回ったほうが無難だ。でも、南側の険道もお好きなら一度は体験してみたら?


 灯台の手前には関崎海星館がある。大分市の施設で、天気も悪い平日だったせいか、閑散としていた。料金を徴収していたようだが、今年の4月から入館だけなら無料になったようだ。どうせ採算が取れないなら、無料にして少しでも多くの利用をということなのか。確かに、入館料を払うとなると入るのと躊躇してしまう。レストランも開店休業で、ただ立っているだけのウエイトレスが虚しく見えた。ただ、星を見るのには有名な施設らしく、天体観測の基地としての役割があるのかも知れない。こうした施設を採算性だけで判断するのは浅はかと言うものだ。

 海星館の先、階段をかなり下ったところに灯台がある。灯台の全容を眺めるだけなら、海星館からで十分だと思う。私は折角なので、目の前まで行ってみた。運動不足の体には堪える。実はその前に、手前にあった展望台(展望台なのに、何故か道から下る)も往復したので、結構消耗していた。まあ、目の前まで行くのは自己満足の範疇と言っておこう。

 途中にはふじばかまが植えられて(自生?)いて、そこにあさぎまだらという渡り鳥ならぬ渡り蝶が立ち寄るとのこと。季節的にはもう南へ去ってしまったはずなのだが、出遅れたのか、1匹だけ羽を休めていた。藤色の紋様が美しい蝶だ。ちょっと得した気分。

 肝心の関アジだが、漁協直営店が定休日。成り行きだったので、下調べしておらず、適当な店も見当たらない。R197を3kmほど行ったところに道の駅があるので、そこへ寄ることにした。ここの道の駅はごく小規模で、レストランと呼べるものはない。その代わり、売店の隅にカウンターがあり、食事は何とかできる。何人かのお客さんがいて、皆さん関アジ(サバ)丼を食べていた。どうしようか少々考え、関サバ・アジの木の葉寿司を購入。ついでに関アジコロッケも。寿司はそれなりに美味しかったけど、コロッケは油が今ひとつだったのと揚げたてじゃなかったので、ちょっとがっかり。

 R197で大分市街へと向かう。GTの途中から、例のオイルが減ってるサインが出るようになった。インジケーターによると、オイル交換まであと7000kmほど。走行距離が12万を超えればやむを得ないけど、オイルの減りが明らかに早まっている。交換には少々早いので、1Lほど補充することにした。ナビで検索すると、うまい具合にスーパーオートバックスがあった。同じオイルと補充でき、少々早いけれどホテルへ向かう。明日の仕事に備えて、今夜はゆっくり休むとしよう。

本日の走行:185km、燃費:9.9km/L

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<九州南部GT(18) | ホームへ | 九州南部GT(16)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1385-7215acd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)