タイトル画像

エアフィルター交換

2012.01.25(21:13) 1410

 当然だが、折角エアクリケースを外したので、ボルト交換だけで終わらせるのはもったいない。エアフィルターも交換するのが自然な流れだ。プラグ交換時に点検してみると、エアフィルターはかなり汚れていた。本当はこんなになるまで放置してはダメで、多分2万キロ弱で洗浄する必要があると思う。これは4万キロ強の走行後の状態だ。この状態なら、エアマスの不調を引き起こしたとしても不思議ではない。


 湿式だから、オイルに汚れが張り付いているというイメージだ。これを洗浄しろと言われてもなかなか難しそう。水洗いが基本だろう。まめな人はこちらの方が経済的だろうけど、私には無理っぽいので、やめておいた方が良いというのが教訓だ。乾式も安価で入手できることがわかったし、湿式を使うことはもうないと思う。

 

 送られてきたフィルターはこのようにちゃんと2枚で1セットになっている。

 オレンジ色の部分はゴム状になっていて、クリーナーケースにちゃんと密着するようになっている。ケースよりフィルターが小さすぎてはもちろん役立たずなので、若干押し込むようにしてセットする。

 当然だが、ケースにはぴったりはまり、ネジでフタを留める。フタについては、ネジで圧着するという感覚で、合わせの精度はそれほど良くないように思えた。前回は特に意識しなかったけど、コメントを寄せて下さった方がいたので、気にしてみた。あとは問題のケース全体を本体へ嵌め込む作業だ。一発というわけにはいかなかったけど、何とかケースを留めている金具を掛けることができた。

 これにて無事、交換作業終了。メーカー推奨の8万キロじゃちょっと汚れすぎだったかも知れないので、4万キロ程度で一度点検してみよう。

交換時走行距離:124100km

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<ミカン狩り?(1) | ホームへ | ボルト交換>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1410-55eb25d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)