タイトル画像

CX-5試乗(3)

2012.04.03(20:40) 1447

 乗ってみて素晴らしかったCX-5。じゃあ、即購入か!となると、もう一歩足らないところがある。それは。確かに、車は走りが一番というのは信条ではあるけど、今ひとつ所有欲がかき立てられないのだ。

 たぶん、内装のデキが今ひとつなのがその原因の一つ。メーターは見やすく、なかなか良いのだけど、オドメーターの類が、昔ながらのデジタル文字なのが気に入らない。右側の燃費などの情報が見られる表示は、ちゃんとしているのに何とも残念だ。タコメーター内にある、ATのポジションインジケーターも同様。何が悲しくて、あんな不細工な文字にするんだろう。


 パーキングブレーキは今ではなかなか珍しいレバー式で、足踏みではない。そこはとてもいいのだけど、シフトゲージとレバーが安っぽいことこの上ない。折角のパーキングブレーキもこれじゃ、台無しだ。一方、ダッシュボードはちゃんとソフトパッドになっていて、きちんと作っている。

 気合いを入れて作っている部分と、何で手を抜くの?という部分が変な風に混在していて、折角コストを掛けた部分が生かし切れていない。確かにこれ以上価格を上げると競争力がなくなるかもしれないけど、もう少し何とかならなかったのかと残念に思う。

 上級グレードに装備されるレザーシートも赤いステッチがおしゃれである。しかし、これも何となく安っぽく見える。使っている革が薄いのかなぁ。もっとも、下級グレードならファブリックのシートだし、そちらを選択した方がかなりリーズナブルだ。私には割高で、不要どころかない方がよい装備がてんこ盛りの上級グレードの選択はあり得ない。

 そして、もう一つはやはりそのボディサイズ。自分用なら何とか許容範囲だけど、日常の買い物を含む妻の使用となると、やはり躊躇せざるを得ない。1.8m超の全幅なんて使いにくくてしょうがない。いい加減、米国市場第一はやめてもらいたいけど、メーカーも商売だからなぁ。国産車が日本のことを考えてくれないと、誰が日本のことを考えてくれるんだ。誰も居ないか・・・。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<保険更新 | ホームへ | CX-5試乗(2)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1447-434ed438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)