FC2ブログ

タイトル画像

関東クル201204秩父(2)

2012.04.17(22:59) 1454

 龍勢会館でしばし休憩。かなり走った気になっていたけれど、まだ午前9時である。1.2車線の峠道は、先導者がいたとは言え、体力を消耗するのだろう。でもそれは心地よい消耗である。

 K37を西進して、土坂峠へと向かう。ただ直接向かうのでは面白くなく、合角ダム経由というおまけ付き。一端R299へ出てすぐに右折。これがまた白い破線が続く快走路であった。たまたまR299の信号に引っかかっり、意図せず単独走行となったので、完全なるフリー走行であった。トンネルを抜けダムサイトに一気に下り、突き当たりを右折。そのまま行くと土坂峠へのK71にぶつかる。


 その直前にある吉田元気村で小休止。体育館やコテージがあるキャンプ場である。もちろん、これらの施設利用は有料だが、クラブハウスの一部はたぶん無料で利用できる。ロータリーには無料足湯もあったけど、温水プール並みの水温で、これでは意味がほとんどなかった。ここも例に漏れず、一面に花が咲いていてとても綺麗だ。雰囲気的にはメインの長瀞よりも私は気に入った場所であった。ソメイヨシノの淡いピンクより花桃のショッキングピンクの方が風景に映えるように思う。

 土坂峠は走りやすい2車線道路。私がよくブログを参考にしているAlpina乗りの方が好んで走る峠である。確かにその人の気持ちが分かる、そんな道であった。R462に突き当たって左折。道の駅万葉の里で、最後の一人のメンバーと合流した。

 合流後、R299経由で昼食会場である秩父ミューズパークへと走る。今度は志賀坂峠を群馬から埼玉へ抜ける。3桁ではあるけど関東の国道である。ちんたら走行を強いられるかな?と思いきや、奇跡的にオールクリア状態。さすがに対向車は来るからキープレフトは絶対ではある。先頭を行くファルコンさんの147GTAのお尻を見ながらの志賀坂越えは非常に楽しかった。お尻と背中でリヤタイヤのグリップを感じながら、アクセルを調整する感覚を存分に味わうことができた。絶対的スピードはたかが知れているけど、リズミカルに運転できて満足だった。

 R299を下り、先ほどの合角ダムとの交差点も通過。ぐるっと一周して戻ってきたことになる。そのままR299を進み、秩父市へ入ったところで右折した。通常ミューズパークへは東側(秩父市街地側)からのアプローチになるが、今回は裏からのアクセスとなった。なかなか気持ちの良い道であり、新発見だ。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<関東クル201204秩父(3) | ホームへ | 関東クル201204秩父(1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1454-6431f649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/04/23(月) 17:36:51 |