07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

30年振りの同窓会(校舎探索編)

2012年 04月24日 22:44 (火)

 正門前に有志16人が集合。人物については本編で書くつもりなので、ここでは省略。校舎の第一印象・・・全く変わってないじゃん。

 全く変わってないように見えたというのは、逆に言うと30年もの間、同じ状況を保ってきたとも言え、小さなメンテナンスは欠かせなかったと思う。確かに、トイレや教室等のドアなどは改修されていたし、プールが移設されていた。エアコンも配備されているようだ。

 それにしても、その他の部分は基本的には手が入れられていない。当時から汚かった更衣室はそのままだし、教室だって同じだ。自分が学んだ教室(不思議と場所を覚えていた)の机に座ってみると、当時のクラスメートが一部であるけどはっきりと蘇った。懐かしい。

 柔道場も外観はちょっぴり変わっていたようだけど、中を見ると当時のまんま。外壁をちょこっと塗り直しただけでお茶を濁したみたいだな。女子はこの中で創作ダンスをやったと盛り上がっていた。隣には体育館があるのだけど、これは私達が入学したときに建設中だったものだ。この事実は、本来なら体育館で行う入学式ができずに、別の場所でやったため、皆よく覚えている。だから、この建物が築30年なのは間違いない。が、他の校舎と全く違和感なしに佇んでいる。どちらがどれだけ古いかなど、今の生徒は知る由もないだろう。

 昇降口は最も利用しただけに、その上の屋外に取り付けられた時計とともにイヤでも目に入る。が、これも変わっていない(時計って、屋外にあるのにそんなに耐久性があるのか?交換したけどまたぼろくなったかも)。下手すると下駄箱のスチール製のロッカーもそのまんまじゃ?少子化を反映してか、昇降口いっぱいにあった下駄箱がその1/4程度無くなっていたのが、少々寂しい。

 そして恐ろしいのは部室棟(写真)。当時から相当のボロだったので、建て替えたかと思いきや、どう見てもそのまんまだ。一体中はどんなになってるんだろうと気になったが、さすがに部室までのぞくわけにはいかないので、想像を逞しくするしかない。

 中庭の池も健在で、相も変わらずこ汚い水が蓄えられていた。でも、中にはオタマジャクシがたくさん泳いでいたから、汚いと言っても水質は知れている。イベントの際には当人の意志の有無に関わらず、その池の世話になった人が大勢いた。また、県立高校としては珍しく食堂があり(定時制があるためと思われる)、自動販売機こそ新しくなっていたが、これも当時のままであった。入り口の扉に機関車トーマスの絵が描いてあるのが、一番目立った違いっていったい何なんだろ(笑。当時の定番は、ここで瓶入りのチェリオを飲むことだったので、あったら買おうと思っていたけど、さすがになかった。あとで調べてみると、現在では件の商品は残念ながら東海地方限定らしい。

 思い出の多い音楽室やら各教科の準備室(なぜか、先生方は職員室ではなくこれらの準備室にいることが多かった)を見て回ると、予定の1時間はあっという間に過ぎてしまった。薄汚い校舎で生徒もかわいそうだな、なんて思ったけど、相変わらず掃除もなされていないし、「汚い」のは伝統と校風だなと皆納得していた←そんなんでいいんかい。

 校舎の前で記念撮影をして0次会は終了。1次会は14時半からだ。準備がある幹事さんはタクシーで会場へ向かった。私を含む残りは、徒歩で向かうことに。最寄り駅までの、この高校の生徒なら当時必ずと言っていいほど通った通学路をトレースしようというのは自然な流れかも。私は通学路編で書いたように、最寄り駅を利用しなかったので、このルートにはあまり馴染みがない。それでも悪友達と遊ぶときは、繁華街のある駅方面へ幾度となく行ったので、迷うことはない。生家を出てからずっと歩き通しなので、足が棒になりつつある。が、1次会は当然とも言える立食式。さて、同窓生との再会は・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント