FC2ブログ

タイトル画像

コーヒーミル新調

2012.04.29(09:17) 1461

 不注意から愛用していたデロンギ電動コーヒーミルを壊してしまった。既にモデルチェンジされていて、部品保有期間も終了していたため、修理困難と判断して、買い換えることにした。同じデロンギの後継機種も考えたけど、それほど大量に豆を挽くわけでもなし、しかも毎日やるわけではないから、「節電」もあるし、手動のものにすることにした。

 いろいろ調べた結果、回転軸が接地面に水平となっている方が挽きやすそうに思え、カリタのダイアミルにした。鋳鉄製で重いけれど、その分安定性が良さそう。インテリアにもなる。


 さっそく豆を入れてハンドルを回す。あまり手応えはなくて、軽く回る。ミル自体が重いのと、回転軸が接地面と水平なので固定するのに軽く手を添える程度で良い。これは挽きやすい。が、入れた豆がいっこうに減らない。手応えが無いこともあって、空回りしてるんじゃ?と疑うほどである。電動の時はみるみるうちに豆が吸い込まれていって、ものの20秒もかからなかったから、その感覚が残っている。

 考えてみれば当然のことで、いくらデロンギが低速回転を謳っていても、700rpm程度であり、手動のそれとは比較にならない程「高速回転」しているわけだ。手動じゃ頑張ってもその数分の一だから、時間は単純に考えても数倍かかる。実際にはそんなに頑張らないから(笑、10倍以上の時間がかかる。だから空回りじゃなくて、単にゆっくり挽いているだけのことだ。

 少量なら手動が良いけど、大量や忙しいときには電動と言う人が多いのは至極当然のことだった。私の使い方なら手動が良いようで、豆を挽いている時間が何ともいえずいい。これで、水出しと合わせて、我が家ではエネルギー0でコーヒーを淹れることができるようになった。え、焙煎?ん~そこは焙煎済みの豆なので(汗。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<2012年4月まとめ | ホームへ | 30年振りの同窓会(本編)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1461-31bfaeae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)