09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

ポルシェ試乗会(1)

2012年 05月12日 22:22 (土)

 更新をサボっていたので、GW前半の話を今頃・・・。

 何回かおじゃましてるポルシェのディーラーから、GW前にDMが届いた。新型911の発表会じゃ行っても買えないしなぁと思いながら開封してみると、ポルシェがほぼフルラインナップで試乗できるという案内だった。それも本庄サーキットを借り切ってという大盤振る舞いだ。これは行くしかないと担当の営業に電話して、意志を伝えておいた。

 4月30日、薄曇りの好天に恵まれ(ピーカンじゃ暑すぎる)、お昼に本庄サーキットへ。入り口から左の方を見ると、大量のポルシェが。こんなに来ているのかと驚いたのだが、ほとんどがスタッフの車だったらしい。このイベント少々変わっていて、主催はもちろんポルシェセンター高崎・前橋であるが、ポルシェクラブ軽井沢という、いってみればそこの顧客の有志クラブが全面協力していた。販売店と顧客の関係が非常にうまくいっている例らしい。

 集合は12時で昼食を用意しますとあった。これが予想に反してスタッフの手作りホットドックとサラダで、非常においしかった。(あとで確認したら、系列会社の飲食店のスタッフだった。納得。)下手なカフェのものより良かったなぁ。こんなことなら、コーヒーを持参すれば良かった(飲み物がなぜか日本茶だった)。この手作り感満点の試乗会はポルシェ(ディーラー)らしいのか、らしくないのか、オーナーでない私には見当も付かない。

 試乗会であって走行会ではないので、もちろんフリー走行ではなく先導車の後を走り、追い越しは不可である。最初のレクチャーでは軽く流してツーリング程度だったのに、蓋を開けてみれば、追い越しが不可なだけで限りなくフリー走行に近かった。Pカーがディーラー側ではなく、クラブ員が勤めてくれたのが大きかったのかも。

 私に割り当てられたのは、試乗した順番にボクスター、カイエンS、新型カレラS、ケイマンの4台だった。それぞれ各2周が与えられた。まずはボクスター。私が購入する(できる)とすれば、ボクスターだから自然と気合いが入る。走り出すと、第一感は乗りやすい。本庄サーキットという低速コーナーから構成されているコースにはパワーやサイズがぴったりのようだった。もちろん、慣れていないこともあり、タイムがどうのこうのという次元ではないけれど、自分なり(←ここ重要)に、性能をそこそこ使えた気になれた。ボクスターSではなく、素のボクスターでもこの戦闘力とは恐れ入った。

 タイヤだって今となっては超扁平とは言えず、むしろ今時のスポーツカーにしてはサイドウオールの高さがある乗用車っぽいものだ。それがスライドすることなく綺麗にコーナーを曲がるなんて、マジックを見せられたようだ。ブレーキも強力でガンガン止まる。どうせならロックするところまで踏んでみたかったけど、その時は必死でそれどころではなかった。私の少ない経験ではこれほどまでに「人車一体」になれると感じたのはアウディTTRS以外にない。ただ、ボクスターとTTRSではそのフィーリングは全く違い、前者が熱情、後者は冷徹という表現か。ん~どっちもいいな。

スポンサーサイト

トラックバック

-

2012年05月18日 14:28

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント