07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

久々のVicini

2012年 06月05日 20:33 (火)

 メディチさんからお誘いがあり、amorekunさんと3人で湯沢にあるイタリアンレストランのViciniへ行ってきた。レストランと言っても、キャンプ場の入り口にある自然色満点の食堂であり、気取った雰囲気は一切無い。石窯焼きのパンが有名で、おみやげにも最適である。

 当初の予定では、南会津にある隠れ家的フレンチレストランであるやまのべへ行くはずだった。しかし、予約を取るタイミングが遅くなってしまい、時既に遅し。満席で断られてしまった。その点、Viciniであれば予約は不要だし、フラリと立ち寄れるのがいい。

 越後湯沢駅でamorekunさんをピックアップすることになった。高速を使えば1時間程度である。それではあまり面白くないので、前回も走ったK36を全線走破してR17へ。そのまま三国峠を越えて一般道で越後湯沢入りすることにした。相変わらず楽しいK36で先行車を適当にパスしながら、旧新治村まで走った。ここでR17に合流する。R17もこの辺まで来るとそれほど交通量は多くなかった。

 三国峠への上りでも何台かをパスでき、マイペースで走れた。ここはスキー場へのアクセスでよく走るので、積雪状態での走行が多かった。雪のない時期だと、思いの外快適に走れて、あっという間に苗場スキー場が見えてきた。本日(5月27日)まで営業になっていたけど、一見したところ、どこにも雪は見えなかった。しばらく走って、みつまたスキー場もやはり営業中で、駐車場には最後の滑りを楽しむのだろう、かなりの数の車が止まっていた。ウエアを着てボードを持った女性が歩いていたから、どこかに雪があることは間違いなさそうだった。

 予定通りamorekunさんを駅でピックアップし、NASPAのホテルにてメディチさんと合流した。ブログで見て知ってはいたけど、メディチさんの金色のブレラ、実物をようやく見ることができた。この色の選択、そしてMTというのがいかにも彼らしい。Viciniへ向かう気持ちの良い道を軽く走ること15分。見慣れたお店が見えてきた。

 奥にキャンプ場があるのは知っていたけど、他にも何か施設があるのだろうか?観光バスが2~3台止まっていた。その割には人でごった返すようなことはなかったので、助かった。バスの乗客はどこにいたのだろう・・・。

 パンとハムの盛り合わせ、サラダ、行者ニンニクのペペロンチーノをオーダーして、シェアして食べた。ペペロンチーノの名前なのにトマトソースが絡まっていた。イタリアンに詳しい訳じゃないので良く分からないが、私の感覚では反則だ。川の音を聞きながら、緑の中で(若干強かったが)風を感じながらする食事は数倍おいしく感じる。虫が少々いるのはご愛敬だ。

 久々に食べるアッソ(パン)はとても美味しく、おみやげに持ち帰ることにした。オーダーを受けてから焼き上げるところもいい。待つこと約5分、あつあつのアッソを手にしてViciniを引き上げることにした。

スポンサーサイト

トラックバック

-

2012年06月08日 15:15

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント