09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

りんでんばーむ

2012年 06月18日 22:44 (月)

 高崎線に乗っていると、倉賀野駅と新町駅の間に何やら雰囲気の良さそうなお店が見えるのが気になっていた。雰囲気からすると、多分レストランだろう。でも、電車に乗って見る風景を道路側からアプローチするのは結構大変であり、そのままになっていた。今回、横浜の生家から自宅へ戻る途中に思いついて、探してみることにした。

(前回からと同一の流れ、先週末の話ですな)

 特に急ぐ旅でもなかったので、のんびりと一般道を走った。熊谷の市街地付近でR17に入り、いつもは右に分岐して上武国道となる交差点を直進して、深谷バイパスを本庄方面へ。これは自宅との位置関係からして、滅多に走ることがないルートである。R17は一車線で本庄市街地は少々流れが悪かったけど、それほど渋滞することもなく神流川を渡った。

 冒頭には新町駅と倉賀野駅の間と書いたけど、それは確認したから書けたわけで、この時点ではそんな朧気な記憶(正確には神流川と烏川の間)があるだけだった。とりあえず新町駅付近から線路の近くをチェックしながらR17を高崎方面へSLKを走らせた。最初に見当を付けたところは、ものの見事に空振りで、単に細い路地を走らされて再びR17に戻ってしまった。

 気を取り直して2回目。踏切を渡る直前で電車の中から見たのと似た風景が目に入った。近づいてみると、果たして電車から見る風景と同じで、懸案だったお店が判明した。店名はタイトルの通りである。電車乗車時にもう少し良く観察していれば、そこが八高線の北藤岡駅前ということに気づいたかも知れないが、お店と駅が反対側にあるので、両者が結びつかなかった。

 と、山勘で走った割には比較的すんなりと到着。予想通り欧風料理のレストランであった。日曜日であったけどランチも営業中で、店の外に出ているボード(これ、私にとって重要)におすすめメニューが提示されていた。値段も手頃である。もっとも、群馬では価格の高いお店はよっぽどの付加価値がないと淘汰されてしまう(要は田舎なのだ)。店の名前はどこかで聞いたことがあるなと思っていたら、軽井沢にあるお店と同じ経営で、予想に反してここが本店らしい(食べログ情報)。軽井沢のお店には一度行ったことがあり、軽井沢店よりメニューが豊富で価格が安いように思えたのは、やはり土地柄かと思われる。

 いろいろ美味しそうなものがあったけど、スズキのきのこソースに惹かれて、そのランチをオーダーした。スープorサラダ、メイン、ライスorパン、ドリンクのセットで1050円とかなりリーズナブル。少し前まではパンが食べたいなと思っていたのだが、急に気が変わってライスにした。サラダはスパニッシュオムレツが添えられていて、なかなか美味しかった。

メインはスズキの焦げが香ばしく、ソースも凝った味付けではないけれど、無難にまとめられていた。テラス席もあり、今の季節にはいいだろうけど、自然の中ではなく高崎線を見ながらというのがちょっと冴えないかも。わざわざ足を運ぶまでは至らない(同クラスのお店が近所にもある)けど、藤岡方面へ行ったときには立ち寄りたいというのが結論。むしろ、長らく気になっていたのが解消されたのが嬉しい(笑。

 何だかグルメネタ三連発になってしまったけど、振り返ればそんな週末だったということか。

スポンサーサイト

トラックバック

-

2012年06月25日 02:33

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント