09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

梅雨の晴れ間に(2)

2012年 07月03日 20:17 (火)

 ツーリングが主目的なのにゆっくりしてしまい、8時頃お店を出た。信濃追分の駅前を通過し、K137をそのまま西進する。生活道路の一部になっていると思えるけど、車が少なくて快適である。高速をくぐった先でK137とは別れて、千曲ビューラインに入った。これを全線走り、別所温泉からさらに山の中へ分け入る算段である。

 前回、千曲ビューラインを走ったときは平日だったのか、あまり快適とは言えなかった。今回はその時よりもはるかに快適であった。愛称がついていたので、てっきり観光道路的な使い方をされていると思っていたけど、むしろ生活道路的色合いが濃かったのか。別所温泉からさらにK177で山奥へ。前回は少し行った野倉公民館近くのカフェが目的地だったけど、今回はK12まで行く。公民館から先は1.2車線程度の道が続く。舗装も荒れていて、日影は苔むしているし、舗装のひび割れ部からは雑草がかなり育ってきている。

 K12との交差点で小休止。人っ子一人いないと思いきや、若いカップルが乗ったビーゴ(ラッシュ?)が通過していった。鹿教湯方面に南下していったけど、多分そこまで「険道」だろう。助手席の彼女のちょっと心配そうな顔が気になった。私はここから青木村に入って北上する。こちらは程なくするとセンターラインが現れ、快適な道になった。さっきのカップルは二桁県道で安心していたら、上田市側の険道の洗礼にあったというところかと、勝手に想像した。まさか、二人そろって険道マニアってことはないだろう。

 K12はR143との重用区間を経て、再び北上する。R143も交通量が少なく、このまま走り続けてもいいかな?と思わせる状況であった。修那羅峠で筑北村へ。峠となっているけど、あまりワインディング攻めるという感覚ではなく、何気なく走れてしまった。もちろん、交通量は極小で快適ドライブである。

 長野自動車道をくぐると麻績村。JR篠ノ井線の聖高原駅近くを通過すると道は高度を上げ始めた。長野市旧大岡村でK395が分岐していき、私はしつこくK12を北上(実際にはK395との重用区間)。再びK395が分岐するが、ここはどう考えてもK395が道なりであった。K12は左折して細い急坂をぐねぐね曲がりながら下っていく。途中でも北アルプスは見え隠れしていたのだが、この斜面でその全容を見ることができた。

 もう、7月の声が聞こえてきそうな時期にもかかわらず、山肌には白いものがまだ残っていた。手前の田園風景とマッチしていて、素晴らしい景色だ。しばらくぼーっと山を眺めていた。決して広い道幅ではない、いや、はっきり言うと狭いので、SLKを止めておくのは感心できない。その間、1台も通過した車がいなかったということで、ご勘弁(汗。

 犀川へ向かってどんどん下り、旧信州新町(長野市)中心部付近でR19に出た。そこからさらに北上するK36に入り、小川村に入ってK31に突き当たった。予定では左折して鬼無里方面に走らせ、どこかで蕎麦でも食べようと目論んでいたのだが、勘違いして右折してしまった。オリンピック道路として再整備されたK31の旧道をK36と思いこんでいたためで、気がついたらR19に交わるところだった。

 例えばK86で戸隠方面へ行くというリカバー策もあるにはあったが、何となく気持ちが萎えてしまい、帰路につくことにした。なので、そのままR19バイパスに入り、長野市の南部をバイパスした。そのまま適当に東進して、K34に入って菅平を目指した。このK34、上田市との市境付近、つまり峠の数キロは勾配が半端ではない。しかもコーナーの半径が小さいため、イン側に寄りすぎると下回りを打ち付ける可能性すらありそうだった。ただ、交通量はほとんど無く、リヤタイヤをゴリゴリすり減らしながらのヒルクライムが楽しめた。

 久々に菅平に上ってみると、文字通り平らで気分の良いところだ。畑には冷涼な気候を生かしてなのだろう、レタスが所狭しと栽培されていた。レタスは取り立てて好物ではないけれど、みずみずしいレタスを見ていると、齧り付きたくなるような衝動に駆られた(笑。

 しばらく畑で農作業する人たちを眺め、SLKに乗り込む。サニアパークの脇を抜けて、K182で下ることにした。スポーツのメッカだけあり、各種のアスリート達が練習に励んでいた。K182は車線はない(消えてる?)けど、道幅は十分な楽しい道である。メインはR406だろうけど、山奥ではないため、先行車も対向車もそこそこいた。軽く流すように走ってR144に合流した。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

トラックバック

-

2012年07月05日 00:46

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント