09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

車検に負けた!? 候補編(1)

2012年 09月06日 20:55 (木)

 SUVは今や不人気車とさえいえるジャンルに属する。大きくて重くて燃費が悪いという評価が一般的であり、一部の熱心なファン以外からは見放されている状態である。だから、多くのメーカーからラインナップはされているものの、(私が調べた範囲では)事実上、一部を除いて放置状態である。私の好みは、バリバリのクロカンタイプ(ゲレンデやディフェンダーなど)であるけど、本格オフロードなど走れないし、さすがにそのタイプでは日常の使用に支障が出そうなので、そこは封印する。

 しかしながら折角なので、デザインに惚れたとか、走りが良いとか、先進技術を投入しているとか、何か訴えかけてくるポイントのある車にしたい。ボディサイズも大きすぎないことが好ましい。そもそもがステップワゴンが無駄に大きいというのが買い換えの動機であり、大きすぎる車への買い換えは本末転倒である。ただしこれはとても難しく、特に車幅に関しては絶望的であった。もちろん、価格も重要なファクターであることは言うまでもない。

 ただでさえ放置状態で選択肢が狭い中で、車幅の制約をかけてしまうと、事実上SUV購入計画は頓挫してしまう。そこで、車幅についてはデータを妻には示さず、運転席に座った感覚で判断させるという騙し討ちに近い作戦をとることにした。つまり、候補車選びの段階ではとりあえず車幅に関してのみ、制限を撤廃することにした。

 筆頭はSUVとしては異例のかっこよさとうっとりするような内装を持つレンジローバーイヴォーク。そしてマツダが最新の技術をてんこ盛りして、満を持して市場に投入したCX-5。この2台が現在の東西の横綱である(もちろん私見)。ただ、いずれも車幅はかなりあり、イヴォークに至っては1900 mmもある。価格もイヴォークは割安感があるとは言え、やや予算オーバー気味。

 クリーンディーゼルという新技術に目をやると、CX-5の他にはエクストレイル、パジェロが搭載している。エクストレイルはMTなら候補になるが、ATはCVTのフィーリングが私の感性とは全く合わず、却下。パジェロはショートボディもあって、走りもなかなかだしオフロード性能は高い。しかし、いかんせん基本設計が古すぎて、インパネ周辺など昭和を強く感じさせる。古くてもゲレンデみたいになれば、「あり」だと思うけど、中途半端に古いとでも言えばいいのだろうか。せめてアウトランダー並みにしてくれれば土俵に上ったのに、今更感が先に立って脱落。もちろん、メルセデスMクラスBMWX5は予算的にもボディサイズ的にもNGだ。

 ガソリン車ではCR-Vが新しいが、技術的に訴えるものがなく、CX-5が出た今となっては買う意味が全く感じられなかった。メーターの一部は子供のライフと共通か?と疑うほどで、思い切り萎えてしまった。ランクルは古くとも抜群の信頼感はあるけど、いかんせんあらゆる意味で大きすぎる。レクサスRXもハイブリッドには興味があったけれど、やはり大きすぎるし、高価すぎるので脱落。

 ボディサイズだけで見れば、ラッシュ/ヴィーゴが小さくていい。日常の買い物には十分であるが、長距離ドライブを想定(おそらく、妻と旅行する場合はSLKの出番はなくなるだろう)すると、ちょっとかなり荷が重い。残りの車種は特に目を引く特徴が無く、アウディやBMWが買える金額を出すなら、絶対にイヴォークがいい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2012年09月07日 09:21

少し絞られてきましたね。それにしてもレンジローバーイヴォークのスマート
なこと、あの車高で室内がしっかり確保されているとは驚きです。
CX-5もいいですが、、、、、ラフマニノフも役目が終わった(娘の部活の
車出し、、、笑)デリカの後釜に、候補にいれておこうかなぁ、、、、まだ
ちょっと先ですが!

ラフマニノフさん

2012年09月07日 21:45

イヴォークは最近のSUVでスタイルが良いと思う唯一といってもいい車です。
コスパは非常に良いと思いますが、絶対的に考えるとSLKの代わりならともかく、ステップワゴンの代替だと今の我が家にとってはちょいと贅沢でした。