FC2ブログ

タイトル画像

車検に負けた!? 候補編(2)

2012.09.07(21:02) 1546

 そういうわけで、ディーラー回りといっても、妻にイヴォークを見せる(魅せる?)のが主目的となる(CX-5は以前に訪問済み)。担当者とはもう何度も話しているので、向こうからしてみれば、とうとう契約に来たと思っただろう。「形だけ」と言いつつ、注文書にサインを迫ってきた。納期は1年と言っていたのが若干短くなり、7月注文で来年の4月くらいらしい。価格と車幅に難があるけれど、デザインと内装の質感がそれを凌駕した。運転席に座った妻も、とりあえず異議は申し立てなかった。


 とりあえず考えると、営業担当の攻撃を躱してディーラーを後にした。実車から離れて冷静になって考えをまとめる。買い換えモードになると、急にステップワゴンの車検を通すのが馬鹿らしく思えてきた。イヴォークにするとステップワゴンの車検が9月(今月だ)だから、来年4月納車だとして、車検後わずか半年で乗り換えることになる。ん~いかにもタイミングが悪い。「それなりの整備」で安く車検を済ませることは可能であろう。それまで待てるかどうか。しかし、心情的には車検のタイミングは乗り換えるタイミングでもあることは確か。車検制度は、ユーザーの安全というのは建前で、車を定期的に買い換えさせる制度だろう。

 加えて、本国にディーゼル仕様があるのに、これが入ってこないのが気に入らない。ディーゼル乗用車の人気は徐々に盛り上がる傾向にあるから、1年後にディーゼル導入なんてことになったら目も当てられない。いくら人気のイヴォークとはいえ、輸入車の値落ちは半端じゃないだろうから、おいそれとは買い換えもできないし、この時点でディーゼルを並行輸入する勇気はない。心の片隅にSUVならディーゼルで乗りたいという欲求があることを、この時はっきり自覚した。

 それと、忘れてはいけないのが、これは妻が乗る車であるという点だ(ついつい、自分が使うことだけを考えてしまう)。つまり、世の中の車に興味がない人の代表格である妻は、基本的には乗りっぱなしだし、駐車する際にも平然とハンドルを切ったままにする。もっとも本人に言わせれば、真っ直ぐにしたつもりだけど、結果が伴っていないということらしい。いずれにしろ、私のSLKとは別の意味でシビアコンディションに曝されるのは明白であり、イヴォークがそれに耐えられるかという不安がある。

 そうなると俄然、CX-5が浮上してくる。この車も納期が長く、車検に間に合わない可能性が高い。しかし、国産であるから増産体制が取られていれば納期は短くなるし、間に合わない場合には代車サービスが期待できるかも知れない。ダメ元でマツダディーラーと話をして、どんな形にしろ車検を取らずに済むなら、CX-5を本命にするという結論が出た。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<対抗馬登場 商談編(1) | ホームへ | 車検に負けた!? 候補編(1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1546-9dfb2695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)