FC2ブログ

タイトル画像

やはりクリーンディーゼル 決定編

2012.09.10(21:05) 1549

 さて、ほぼ商談は終わったので、作戦会議。イヴォークも視野に入れていたくせに、それが脱落するや否や、にわかに経済的な面が全面に出てきた。ティグアンは円高にもかかわらず発売当初から30万以上も値上げされていて、乗り出しで簡単に400万をオーバーしてしまう。その現実に気がついたのか、妻が躊躇し始めた。ただ、B店の大幅値引きでその大台を大きく下回ったため、再び迷いが生じたのは確か。

 価格的に中古車(ただし、7速DSG搭載車)も視野に入れていたけど、B店の条件であれば中古車にするアドバンテージが小さいため、中古車の選択肢は消えた。トルコンATの年式であれば、かなり安いものもあるけど、7速DSG搭載車だとまだまだ高いのが現実である。


 どちらも一長一短がある。経済性から考えれば圧倒的にCX-5だ。ティグアンより購入時に100万近く(補助金も入れれば110万以上)安い上に、燃料費は半額。整備費などを含めたトータルのランニングコストは同じくらいかな。いずれにしろ初期投資が大きく安いのだから、ティグアンは全く太刀打ちできない。また、ATはトルコンとはいえ、技術面の革新性も間違いなくCX-5に軍配が上がる。イヴォークのところでも触れたが、ティグアンも欧州向けにはできの良い(と思われる)ディーゼル車があるはず。これが導入されていないのが気に入らない。また、DSGこそ最新の7速であるが、エンジンは2Lターボのままで、VW的には一時代前である。

 一方、古いといっても、その乗り味に関してはティグアンに軍配を上げたい。ほぼ同じボディサイズながら見切りがいいため、一回り小さく感じてキビキビと走れる。加速の気持ち良さは評判の良いCX-5も及ばない。CX-5もSUVとしては高いレベルの走りをするが、やや鈍重な感じがする。良く言えば重厚なのだが、私はティグアンの方が好み。

 メインユーザーは妻であるから、どちらの乗り味も一定水準以上だし、彼女が意志をはっきり示せばそれに異論を挟む気はない。妻は自分が使うくせに、いくら勧めても試乗時にハンドルを握るのを頑として受け付けなかった。せめて自宅の車庫入れくらいしておいた方がいいと思うけどね。まあ、後で泣きを見るのは私じゃないから、それ以上は勧めずに放置(笑。

 ティグアンの各操作系はしっくりと体に馴染み、特にシートが秀逸で、妻も座った瞬間に気に入ったようであった。内装の質感に関しても、コストダウンの影響が露骨に見えてしまう部分が残るCX-5より上をいく。加えて、今でこそCX-5は町で見かけないが、今後大増殖をすると考えられる。一方ティグアンであれば、まずそのようなことは考えられないから、所有する喜びはティグアンに軍配が上がる。もっとも、この点に関しては今回は選外となってしまったイヴォークが無敵の強さを発揮している。

 今日(7/8)中には結論を出したい。イヴォークを外したのは、ステップワゴンの車検という理由があった。しかし、これを突き詰めて考えると「経済性」つまり金の問題である。どうしても欲しいなら、車検が無駄になろうが何だろうが突っ走るのが本筋。つまり、イヴォークを諦めた時点で、今回の車選びは経済性というものがかなりのウエイトを占めていることに気がついた。そして、心の奥底にある結局はディーゼルに乗ってみたいんだよなぁという願望。妻は結論を出し切れずに最終判断を放棄した。ならば結論は出たも同然、CX-5で決まりである。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<CX-5に決定 契約編 | ホームへ | 対抗馬登場 商談編(2)>>
コメント
読んでたらCX-5に試乗したくなってきました。
もちろんクリーンディーゼルエンジン搭載車にです。
【2012/09/10 23:36】 | シバタク #PaK5/ZHM | [edit]
試乗はぜひに。お勧めします。
ただし、過度な期待は禁物ですぞ(笑。
【2012/09/15 16:01】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1549-9020fb3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)