FC2ブログ

タイトル画像

CX-5仕様(1)

2012.09.12(22:54) 1551

 契約までの顛末は長々と書いてきたとおり。この車に乗るならディーゼル以外は考えられない。もちろん4WD。これには2グレードあって、素のXDと豪華仕様のXD-Lパッケージ(Lパケ)。Lパケはおおざっぱに言うと、XDにメーカーオプションをてんこ盛りにして、セット割引した内容である。したがって、全てのオプションが欲しいなら、Lパケがお得であるが、不要なものがあれば、素のXDに必要な物だけ選択した方が安上がりになる。ちなみに車体色は妻が選び、ジールレッドマイカである。


 Lパケの内容を精査すると、私にとっては不要なものがかなりLパケにはついている。中には積極的にいらない(只でもいらない)ものがある。標準の17インチに代わる19インチホイールである。このホイールの大径化は100%見た目であるが、そもそもSUVに大径ホイールは似合わないと思っている私にとって、コスト的にも不利な19インチは無用の長物以外の何者でもない。それどころか、ダートも走ろうと目論んでいるので、扁平率が下がることはデメリットの方が大きいだろう。なので、19インチホイールは頼まれてもいらない装備なのだ。ただし、その後Lパッケージの17インチ使用が追加された。

 この時点で、Lパケの選択肢は消えた。では、素のXDに何を追加するかだ。ディスチャージヘッドランプはステップワゴンやSLKでも重宝しているので、欲しいところだ。しかし、これは単独では選択できず、ディスチャージパッケージといって、オートライト等の余計な装備との抱き合わせ販売となる。

 SLKにはオートライトがついていて、私は常時オート位置で使っているから、それなりに役立つことが経験上わかっている。オートワイパーもSLKのものはそこそこ使い勝手が良いが、車種によってはお馬鹿さんもいるらしい(笑。いずれにしろ、なくてもいいけど、あればそこそこ利用する装備であるから、このパッケージは選択した。ディスチャージヘッドランプを車外品で調達するという選択肢もあるにはある。しかし、一部輸入車のようにアホみたいに高額なオプションではないため、素直にメーカーオプションを発注した方が良いと判断した。

 もう一つ、セーフティクルーズパッケージは迷った末にパス。ドアミラーの死角に車が来た場合、LEDが点灯して知らせるというシステム。これは、アウディRS5に試乗したときにさんざ試してみたけれど、それほど役立つとは思えなかった。オートクルーズはSLKについている。確かに使用することもあるが、なくても問題ない場合がほとんど。

 また、国産のオートクルーズは設定できる速度範囲が狭そう(以下略)。ブレーキアシストシステムについては、スバルのアイサイトの簡易版?のような感じであり、アイサイト程の機能は当然無く、それ程の必要性が感じられなかった。両者が組み合わさった、例えばレーダークルーズのような機能があれば選択したかも知れない。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<CX-5仕様(2) | ホームへ | CX-5に決定 契約編>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1551-7ea4f9e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)