FC2ブログ

タイトル画像

会津磐梯ツーリング(1)

2012.09.17(17:52) 1556

 ある会合のため福島大学へ行くことになった。会合は9月9日、日曜日の午後である。日帰りでも楽勝であるけど、磐梯付近のバカ高い有料道路が期間限定で無料開放されているので、土曜日にここを走り、どこかに宿泊しようと画策した。風評被害などで観光客が落ち込んでいると聞いている福島県に少しでも貢献できればとの思いもある。

 なので、宿泊地は福島県内に限定して探した。どこかの温泉地でくつろぐかと、土湯あるいは高湯温泉を第一候補とした。しかし、土曜日の宿泊と一人旅という旅館にはあまりありがたくない条件であったため、受け入れてくれる旅館が少ない。直接問い合わせてみると何とかなるケースもあったけど、どう考えても(私にとって)理不尽と思える割増料金が設定されていて、一気に萎えてしまった。


 あえて、お客の立場で我が儘を言わせてもらえば、客が落ち込んでいるなら、今まで通りの営業形態ではダメなのでは?お客が落ち込んでいないなら、別にかまわないけどね。地元でも客足が遠のいている温泉地があるけど、こういう所は何一つ工夫していない旅館が多い。工夫している所はそれなりに繁盛している。

 と、勝手なことを言ったけど、第一候補をあきらめ、裏磐梯周辺で探してみると、何件かヒットした。温泉地の雰囲気は味わえないけど、リーズナブルな商品を提供している裏磐梯ロイヤルホテルに宿泊することにした。昔ながらのリゾートホテルだけど、ゆっくりするにはまあそれなりだろう。

 走るルートははっきりとは決めておらず、前述した無料開放されている3路線、それに気になっていた大内宿を加えた。明るくなると同時に出発し、北関東道~東北道へ。天気は快晴に恵まれ、オープンでの走行が実に気持ちよい。上河内SAで朝ご飯休憩。売店にはあまりめぼしいものが売っておらず、レストランの開店を待って朝食にありついた。昔ながらのSAのレストランだったけど、内容はまあまあかな。でもちょっと高い。

 那須ICで高速を降りて、適当に細かい道を通り、K305で那須高原に駆け上がり、そのままK290で甲子方面へ向かった。R289に突き当たって、これを左折。東北一の甲子トンネルで一気に会津へ。高規格道路のこの部分は交通量も少なく、大変快適に走ることができる。道の駅しもごうの看板が見えたので、トイレ休憩を兼ねて立ち寄った。レストランのロケーションが良く、入ってみたかったけど、朝食を食べたばかりなので自重した。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<会津磐梯ツーリング(2) | ホームへ | ステップワゴン引退の日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1556-344e23cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)