09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

会津磐梯ツーリング(3)

2012年 09月19日 20:19 (水)

 そして本丸とも言うべき磐梯吾妻スカイラインへ。ここはゴールドラインの倍以上、1570円というかなり高額な料金を徴収する。結論から言うと、この道は前の2つとは明らかに格が違い、納得のできるものだった。ベタではあるが、やはり浄土平付近の荒涼とした風景は一見の価値がある。おあつらえ向きなことに、浄土平の駐車場も無料開放されていて、迷わず立ち寄ることにした。

 SLKを降り立つと、風が強く吹いていたけれど、寒くもなくむしろちょうど良いくらいであった。トレッキングに来た人も大勢いたけど、ちょっと観光に来たという人たちも駐車場から少し登った展望所?へ向かっていた。私もそれに倣って登ってみた。特に展望台が設けられているわけではないけど、浄土平を一望できた。日頃の運動不足が祟って少々息が切れたけど、その甲斐があったというものだ。ここの圧巻は紅葉時期で、その時期は大混雑しそうだ。

 レストハウスで食事でもしながら休憩するかと思ったけど、行列ができているではないか。当然のことながらパスして、自販機で飲み物だけにした。そこからは一気に(といっても交通量は多いのでゆっくり)高湯温泉へと下った。スカイラインという名称に偽りはなく、浮揚感あるいは空中散歩という感覚さえ味わえる道であった。無料開放されている今シーズン中はチャンスなので、興味のある方は是非。

 高湯温泉からは広域農道などを使ってR13に出て、これを米沢方面へ向かった。水窪ダム方面へ向かうK376に左折。少し先で高速道路の工事をやっていて、その関係車両がいたけど、そこを過ぎると快走区間。ダム湖周辺路らしく、複雑な湖岸線に沿った道は交通量も極小で実に楽しい。そのままの勢いでK2(西吾妻スカイバレー)へ。ここも交通量が少なめで、白布峠までの登りを存分に楽しむことができた。本来ならもう少し景色が楽しめたのだろうけど、この区間は走ることに一所懸命だった。

 峠からは桧原湖へ下り、湖岸をK2でのんびりと南下した。昼ご飯を食べ損ねているので、無性に腹が減った。夕食はホテルでフレンチを頂くことになっているので、満腹にならない程度に食べたい。コンビニあたりが適当かなと思っていたけど、こういう時に限って見つからない。国道に当たったところにあるレストランに入ったものの、重たいものしかなく困ってしまった。仕方ないのでパンとコーヒーで済ませたけど、よりによって何でこの店に入ってしまったんだろうと後悔しきり。ふと見渡すと、目の前にセブンイレブンがあるではないか。景観条例があるのか、看板の色使いが茶色一色になっていたので気がつかなかったのだ。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント