FC2ブログ

タイトル画像

代車ベリーサ

2012.09.25(22:46) 1564

 ステップワゴンが我が家を去ってCX-5が来るまでの繋ぎとして約2週間、ベリーサがリリーフでやってきた。平成21年式で走行距離は63000kmと結構走り込んでいる個体である。間もなく役目を終えて、オーナーの元へと帰るし、このクラスの車はあまり乗る機会もないので、乗ってみた感想をちょっと。


 スタイルはこのクラスの2BOXでは最も好み。すっきりまとまっていて、イヤミがない。悪く言えば没個性かも知れないが、このクラスでは私は一番好きかも。内装については、マツダがデミオの高級版として作っただけあり、色使いも含めて見た目が良い。もちろんコンパクトクラスであるから、高級感溢れるというわけではないし、ソフトパッドも使われていない。プラスチッキーであることは否めないまでも、ピアノブラック風のパネルなどそこそこ凝っている。

 メーターのデザインも悪くはない。セグメント表示のオドメーターが個人的には気に入らないけど、国産車はまだその表示が多いからしょうがないかなぁ。シフトレバー周りも本革ではないが、きちんと作り込まれていて、CX-5より高級感がある。セレクターの動きも玩具っぽいこともない。

 エンジンはごく普通の1.5Lと思われ、今風の燃費に特化したものではないと思う。鋭い加速など期待できないのは当然であるけど、そうかと言って危険を感じるほど遅いわけではない。上まで回すと、「騒音」が車内に入ってくる。しかし、どうにも耐えられないというレベルではない。総じてこのクラス並みという評価である。ここまでなら、かなり良い車で及第点の上を行く。

 しかし、残念ながら問題はここから。ステアリングフィールが最悪で、何をもってもそれを補えるものではなかった。過走行とは言え、ディーラー関係者の車なのできちんと整備は行っているはずだ。これがこの車固有のものか、ベリーサ全てに共通しているのか不明であるが、感想はあくまでこの車のものである点に留意してほしい。

 とにかくまっすぐ走らない。やたらとフラフラして、常時細かい調整をする必要があり、運転していて疲れる。そのくせ、ステアリングインフォメーションは全く感じられない。中立付近の感触が遊びが多いのか、非常に悪いのだ。ステップワゴンはおろか、しばらくSLKの代車で来ていたボロボロのモビリオスパイクよりダメである。これは私だけでなく、妻も同じことを言っていた。

 ワインディングなど試していないし、その気も起こらないけど、少なくとも交差点を曲がるという行為に対しては、さすがに破綻を来すようなことはない。しかし、足回りがやわいのか、路面の凹凸をボディ全体で受け止めている感じがして、気持ちの悪いロールが起こる。運転手はともかく、助手席では車酔いも誘発しそうだ(生き証人:妻)。

 6万キロ超という走行距離のせいなのか、足回りのリフレッシュをすればちゃんと走るのか、その他のできが悪くないだけに、ダメ車の烙印を押すには惜しい。でも試乗車でこの状態なら、絶対に買わないな。

 代車とは言え、個人所有の車について悪い点を論うのは躊躇された。しかし先日、当の所有者であるSさんに妻が「ふらついて乗りにくい。」と、はっきり言ったらしい(汗。そうしたところ、Sさんも同じことを感じていたらしく、逆に話が盛り上がってしまったそうだ。なので、書いても問題ないかと判断してアップした次第である。

 このガワにSky Active技術を投入して仕上げれば相当良い車ができるのではと思う。問題はマツダにベリーサをチェンジするだけの余力があるかどうか。昔、似たようなコンセプトでペルソナという車をマツダは作っている。一代で消えてしまった記憶があり、その二の舞にはなってほしくないな。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<CX-5 ナビ選び | ホームへ | 異常事態!?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1564-ec391899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)