FC2ブログ

タイトル画像

続・CX-5ナビ選び

2012.09.28(22:55) 1566

 3機種まで絞ったところからの昨日の続き。

 その中で、パイオニアはSLKでエアナビを使ってきた経験上、「道なり」の認識にやや難がある(以前に書いた)。市街地でしかもサイバーナビなら問題ないと思いつつも、妻が使うにはやや不安が残る。そして、このシリーズはやはり通信機能を付けてこそ、その真価を発揮すると思う。エアナビに加えてもう一台通信機能を付与する気にもなれないので、今回は選外にした。

 残ったのはイクリプスとストラーダ。イクリプスについては最新機種であるAVN-Z02iが良さそうだ。ストラーダでは安いS-300Dでも問題なさそうだが、息子のライフに付いているので、何となく同じ機種では面白くない。最新のH-510Dなら、以前のH-500Dに比べてi-phoneとの連携が強まったので、それが良さそうだ。


 最終判断を下すために、カーショップで実機をいじってみた。画面の精緻さではやはり定評のあるパナソニックが一歩リード。道路の色遣いではイクリプスの方が好み。そして決定的な違いは画面スクロールのスムースさであった。地図のスクロールに関して、スマートフォンのようなドラッグやフリック操作が可能であるのは両機に共通。しかし、引っかかりがあって思うように動かせないパナソニックに対し、イクリプスは自由自在と言える程、思う通りにスクロールできた。これほど地図スクロールが快適な機種にはお目にかかったことがない。

 面白そうな道を探すためにしょっちゅう地図をスクロールさせる私にとって、これは決定的な差になる。DS連携などという余計な物としか言い様のない機能が付いている点は気に入らないけど、ブランド力に劣るイクリプスは実売価格がストラーダより安いからまあ良しとしよう。HDDのパナソニックに対し、イクリプスはメモリーである。しかし、前述したようにこれは全く問題にならない。イクリプスに決定である。

 とにかく、地図スクロールの圧倒的なスムースさ、これがイクリプスを選んだ最大の理由である。また、あまり奇をてらった案内もしないらしいから、妻に使わせても文句は出ないだろうと思う。i-phoneとの連携についても、ナビコンにフル対応しているイクリプスは有利。ストラーダもここいこというアプリを出してはいるが、出しただけでバージョンアップが全くない(つい最近したみたい)。定期的にバージョンアップしているナビコンの方が有利だ。もちろん、肝心の地図更新もこまめに行われ、3年間は無償だ。

 機種が決定して、あとはどこで購入して取り付けをどうするか。一番安いのはネットショップで購入し、DIYで取り付ける方法。これだとビーコンやらi-phone接続コードを入れても、11万程度で取り付けられそう。安いだけでなく自分で取り付けるのも面白そうだなと一瞬思った。しかし、悪戦苦闘するのは目に見えていて、「車が来たのに乗れないじゃない。」とクレームが出そうなので断念

 取り付けをディーラーに任せると、13.5万円程度である。ナビ男くんの出張取り付けを依頼するとおよそ14万。これはいわゆる量販店で取り付けるより安いと思われる。また、自宅で取り付けてくれるし、逐一こちらの希望を伝えることもできるので、仕上がりに不満はなさそうだ。というわけで、今回はナビ男くんに依頼することにした。

 さて、明日はいよいよ納車だ。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<CX-5納車 | ホームへ | CX-5 ナビ選び>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1566-cfc7858c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)