FC2ブログ

タイトル画像

朝日スーパーライン(2)

2012.10.25(21:34) 1583

 楽しんで走って峠(正確には少し手前)へ到着。林道(当時)開通のがあり、眺めもいい。ライダーが一人ゆっくりと缶コーヒーを飲みながら休んでいた。峠を越えると山形県。断続的にダート区間は続く。CX-5ではダート(ガレ場は無理)は苦にならないどころか喜びすら感じる。ボディの大きさをあまり感じることもなく、快適なドライビングが続く。そんなドライブだったので、長いはずの山道もあっという間に下りきり、集落が出てきた。そうなるとさすがにもうダート区間はなくなり、見慣れた舗装面となる。


 鶴岡といえば、ランチタイムはやはり緑のイスキアだろう。前回、やや厳しい評価をしたけど、標準以上であることは間違いないし。実を言うと朝日スーパーラインと緑のイスキアと組み合わせたドライビングプランをずっと温めていた。CX-5が来たことで、ようやく実現したわけだが、その前に肝心のお店の評価が自分の中で下がってしまったのは残念だった。カーナビに案内させようとしたら、こともあろうかこの店がないではないか。場所はわかるからナビなしでも行けるけど、エアナビにはあったのに情けない。i-Phoneで住所を調べて住所検索で目的地を設定した。

 土曜日だけあり、お客はたくさんいたけど、何とか並ばずに席に案内された。お、今日は店主が自らピザを焼いている。ならばと、定番のナポレターナに加えて、茄子をトッピングしたものと計2枚注文した。正直なところ、二人ともそれほど空腹ではなかったので、ちょっと重いかなと危惧していた。しかし、あっさりと平らげることができ、まだ余裕があった。嬉しいことに、前回より明らかにおいしかった。恐らく店主が焼いたからだと思う。前回のブログの感想は一部撤回した方が良さそうである。

 ランチ後は観光モードに(笑。その前に鶴岡市内で給油をした。関越道での爆走を含めて12.6km/Lだったから、悪くはない。そこからは例によってR345で新潟県境を目指す。登り坂で喘いでいる非力な車を楽々パスして快調に走る。関川からK52に移り、いつもはトラバースしてR7をできるだけ避けて朝日まほろばIC近くまで行くところだが、今回はそのままK52を海岸沿いのR7まで下った。笹川流れと村上市内を少々観光するためである。K52の険道部分も特にボディの大きさは意識させられなかった。対向車でも来れば違った感想になったかもしれない。

 道の駅笹川流れに到着するも、ここはめぼしい物はなく早々に退散。R345を南下して村上市街地へ。鮭が名物であるので、その手の店に妻を案内した。前回来たときは何かのイベントと重なっていたせいか人が多かったので、今回も警戒して前回同様、少々離れた場所に駐車した。しかしながら、今日は観光客は然程おらず、直接店の駐車場に楽に入れる状態であった。鮭製品を少々買って、あとは一路自宅へ。

 およそ700kmに及ぶ1 day driveだった。さすがにこの距離(時間)になるとシートの優劣がはっきりして、CX-5はやや疲れ気味になる。妻はやっぱりティグアンの方がよかったなどと今更なことを言っていた。確かにあのシートなら疲れは半減されただろうということは容易に想像できる。狭い山道とダートという未体験の道を走ってきたところ、どちらの道もCX-5は難なくこなすことができることがわかった。ツアラーとしては極めて万能で優秀だが、1000km/日級のロングツーリングになると、シートに難ありというところか。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<笠間の秋 | ホームへ | 朝日スーパーライン(1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1583-862acb20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)