FC2ブログ

タイトル画像

CX-5 インテリア(2)

2012.11.06(22:16) 1589

 オプションでオートワイパーを選択しているため、そのセンサーと配線がフロントウインドウにべっとりついている点は少々興ざめ。試乗の時に気がつかなかった。SLKはフロントウインドウの上下幅が狭いためかミラーの付け根と一体化して、いかにも配線然としたところがなかったので、あまり気にしてもいなかった。そういえば、シトロエンC3もCX-5と同じような処理で、せっかくのゼニスフロントウインドウが台無しになっていたのを今になって思い出した。


 指摘が多い、ドア把手部分の布張り。確かに汚れ易そうだけど、それほど気にならない。どうしても我慢できなければ補修の手段はいくらでもありそうだ。むしろ、その部分の底やカップホルダーの底などにソフト素材が貼ってある気遣いに感心した。収納が少ない点が不満であるとの意見が多いようであるが、グローブボックスの容量が大きいこともあって、私は全く不自由を感じていない。人それぞれ事情があるだろうけど、そんなに小物を車内に置くのだろうか?車内に物をほとんど置かない私には理解し難い。ただ、妻はどちらかというと車内に小物を散らかす置くタイプで、私が密かに「ゴミ車」と揶揄しているのは内緒である。

 メーターは白色の文字でシンプルで見易く悪くない。3眼構成で右側はいわゆるマルチファンクションディスプレイになっていて、文字もドット表示の美しいものである。しかし、中央のスピードメーター下部にあるオドメーターは手抜きのセグメント表示であり、前車のステップワゴンと同様である。徐々にドット表示の日本車が増えてきたけど、まだまだ日本車ではセグメント表示が主流のようだ。個人的に残念。

 試乗の時はもうちょっとコストを掛けてもいいから、内装を頑張れと思ったけど、実際に所有してみると、まあいいかと思うようになった。アフターパーツで何とかなりそうなことがわかったことが大きいからで、決して思ったより質感が高かったというわけではない。内装に関しては、徐々に小さなカスタマイズするかもしれない。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<高遠で秋蕎麦(1) | ホームへ | CX-5 インテリア(1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1589-15331818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)