タイトル画像

スタッドレスタイヤ装着

2012.11.26(22:50) 1596

 ほぼネタにすることもないライフの話。子供がスタッドレスタイヤを購入したいと、相談してきた。冷静に考えると、群馬でも平野部ではほとんどスタッドレスタイヤの世話になることはないので、不要という結論も出せる。とは言え、彼の勤務先は若干標高の高い場所にあるし、雪が降ったから休みますとは言えないだろうから、準備しておくべきであろう。当時の自分に置き換えれば、そのくらいのことは自分で調べて準備したので、勝手にやれと突き放してもいい。


 ただ私はその当時から車好きだったから、苦もなくそんなことをやったけど、車は単なる通勤の手段としか考えていない彼とはかなり状況が違うかと思い直し、相談に乗ることにした。自分でも少しホイールのデザインなどを調べたようだった。しかし、特に気に入ったデザインがなかったらしく、価格で勝負路線に変更した。ただし、テッチンホイール+キャップというのは絶対に避けたいとリクエストされた。

 それなら遠くの店まであれこれ探し回る必要もないし、家の近所に最近できたタイヤ市場で十分だろう。店に入るとさすがにこの時期だけあって、一番目立つところにお買い得のスタッドレスタイヤセットが鎮座していた。さすがにライフのサイズはごく一般的なものなので、選択肢は多数あった。ホイールのデザインも意外に気に入った物があったようで、即決。タイヤはこのクラスのサイズだと実売価格に差がほとんど出なかったため、間違いのないブリザックREVO 2にすることにした。

 しかし、ライフといえども純正と同サイズだと意外に高く、予算の5万をオーバーしそうだ。もともと特別仕様で、見た目のために14インチというオーバースペックのタイヤを履いているから、13インチにダウンさせても全く支障はないだろう。13インチにするととたんに安くなり、上記の組み合わせでオール込みで39800円で、楽々予算内だ。子供もインチダウンの意味もよくわかっていないのだろう、特に異議は唱えなかった。

 13インチを履いたライフを見ても違和感はなく、ホイールは最近流行のブラックポリッシュ系なので、純正時よりむしろこちらの方がいいのでは?と思える。一足先にライフの冬支度をしたけど、今度はCX-5だなぁ。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<記憶にない? | ホームへ | 平塚往復>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1596-f0b039d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)