タイトル画像

クリーンディーゼル補助金

2012.12.25(22:36) 1608

 忘れた頃にやってくるとの世間の噂?通り、交付決定のお知らせが来た。差出人(組織)は「次世代自動車振興センター」という、天下りのための組織としか思えない所からである。交付額は17万円で、購入時に値引きがあったから上限の18万円から1万円の減額となっている。これは、事前にディーラーから提示されていた額通りであった。


 クリーンディーゼル補助金の詳細については、先ほどの組織のHPに詳細が出ている。補助額の算出は与えられた計算式に当てはめればできるので、面倒だがわかりやすい(オプションの取り扱いなどは複雑になりそうだが)。ただ、計算式中に出てくるその数字の根拠がよくわからない。

 補助金額の最高限度額は40万円である。しかしながら、実際には車種およびグレード別に上限額が決定されていて、最高額の40万円を交付されるのは一部のグレードを除いたメルセデスEクラスアルピナD5のみである。不思議なことにEクラスより車両本体価格が若干安いMクラスの補助額はたったの7万円である。その差はいったいどこから来るのだろうか。

 その他も一覧表を見ると、待遇の差が一目瞭然であり興味深い。CX-5は車両価格の割には補助金額が大きく、かなり厚遇されている。逆に冷遇されているのはBMWの各車。車両価格はCX-5の倍なのに補助金は半分だ。三菱パジェロもどちらかと言えば冷遇組。何らかの理由はあるのだろうが、真の理由は表には出てこないだろうと勘ぐっている。

 肝心の交付金はスタッドレスタイヤセットになる予定であったけど、急遽悪化した妻の歯の治療費に化けてしまいそうだ(泣。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<沼津で干物を(1) | ホームへ | エアコンフィルター交換後ヒーター復調>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1608-08630193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)